投稿時間 : 20時06分14秒

カテゴリー : 記者のこぼれ話

ジャンル : 指定なし

 食料品だけでなく、医薬品や医療機器も「コスパ」が重視される時代
のようです。まずは来年4月、コスパに合わせて13製品の価格が試行的に
下がる(一部は上がる?)予定で、中央社会保険医療協議会の専門部会が
そのやり方を話し合っています。
 大事なのはコスパの良しあしを判断する基準です。もともとアンケート
調査をやって決めるはずでしたが、質問の内容をめぐって話し合いが難航。
とうとう時間切れで、海外の事例などを参考にして決めることになりました。
 予定していた調査は、ランダムに選ばれた人に調査員が2、3質問すると
いうものです。架空の治療法を取り上げ、公的医療保険でこれくらいの治療
費をカバーしてもいいと思いますか、このくらいの金額ならどうですかと、
何パターンか聞きます。
 それに「待った」が掛かった理由の一つは、登場する治療法が非現実的
だったことです。病気で今にも死にそうな人が完全に健康な状態になると
いう夢のような代物で、ただし1年経つとぱたっと亡くなるとのこと。ぴんと
こないと問題視されました。
 そして、公的医療保険でカバーする場合、という前提にも見直しを求める
声が相次ぎました。回答者がみんな保険制度に詳しいとは限りませんし、その
治療を何人くらいが受けるのかは秘密で、制度に詳しくても答えに迷ってしま
いそうです。
 13製品の価格決めには間に合いませんでしたが、それ以外の医薬品や医療
機器のコスパを判断する基準をつくる予定で、調査はいずれ実施されます。
もっと現実的な設定に切り替えるとか、保険料の伸び率の是非を聞く形式に
して逆算するとか、質問の方法はいろいろありそうです。調査員が万一来た
ときのために制度を勉強しておこうと思います。(SAT)



最新医療介護情報『医療介護CBニュース


─【関連ホームページ】────────────
◇専門記者による『医療介護CBニュース
◇医療・介護経営者向け『CBnewsマネジメント
◇病院・薬局ブログのポータルサイト『メディカルブログ

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。
内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

記者のこぼれ話

病院名:

CBnews記者のこぼれ話

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

投稿時間 : 20時01分01秒

カテゴリー : 記者のこぼれ話

ジャンル : 指定なし

 昨日、息子が戦隊モノを覚えてきた話を書きましたが、親の目線で
見た戦隊モノの楽しみ方を本日はお伝えしたいと思います。
 大人が映画やドラマを見る目線で見ると、戦隊モノはつまらないです。
伏線らしい伏線がストーリーにはなく、毎週のストーリーはある程度の
パターンにはめられており、敵との戦いで勝つ要因も、隠されたパワー
を発揮するなど、いわゆる「ご都合主義」な展開が多いのです。ただ、
親が見たいものと子どもが見たいものは違います。小さな子は複雑な
ストーリーを理解できませんし、ある種のお約束は、吉本新喜劇に通じる
ものがあります。ご都合主義的な戦闘シーンも、とにかくカッコイイ主人公
たちを見せることに特化するという意味では非常に理にかなっています。
その目線で見ると、なかなか楽しめる番組なのです。
 ヒーローショーというものがあり、それも見に行きましたが、バカに
できないもので、時代劇の殺陣と同種の迫力があります。子どもと一緒に
親も戦隊モノにはまるという現象、息子が生まれる前までは理解できな
かったですが、今や自分も…そんな今日この頃です。(F)



最新医療介護情報『医療介護CBニュース


─【関連ホームページ】────────────
◇専門記者による『医療介護CBニュース
◇医療・介護経営者向け『CBnewsマネジメント
◇病院・薬局ブログのポータルサイト『メディカルブログ

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。
内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

記者のこぼれ話

病院名:

CBnews記者のこぼれ話

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

投稿時間 : 19時32分18秒

カテゴリー : 記者のこぼれ話

ジャンル : 指定なし

 私には3歳の息子がおり、保育園に通っています。小さな子どもと
いえども、保育園の影響というのは、非常に大きなものだと実感する
ことが多くあります。その一つが、「○○レンジャー」と呼ばれる、
いわゆる戦隊モノを覚えてきたことです。
 赤ちゃんから幼児向けに、NHK「Eテレ」の番組があり、家庭ではそれ
しか子どもに見せてきませんでした。しかし、ある日、ドラッグストア
で戦隊モノがプリントされたばんそうこうを見つけ、「○○レンジャー」
と正確に言い当てた時から、息子のテレビ視聴に戦隊モノが加えられま
した。親の身として戦隊モノを子どもが見るようになって困ることは、
おもちゃ等の出費がかさむことです。
 変身グッズは、その本体がおもちゃとして販売されているとともに、
別売りで付属品が豊富なラインナップで提供されています。また、ばん
そうこうをはじめ、さまざまなライセンス商品が展開されており、もち
ろん子どもはそれを欲しがります。男の子を持つ親としては「あるある」
なのかもしれません。
 その戦隊モノの番組ですが、最初は子どもの付き合いで見ていたのです
が、見続けていると、親にもなかなか楽しめるものなのです。その点に
ついては明日、ご紹介いたします。(F)



最新医療介護情報『医療介護CBニュース


─【関連ホームページ】────────────
◇専門記者による『医療介護CBニュース
◇医療・介護経営者向け『CBnewsマネジメント
◇病院・薬局ブログのポータルサイト『メディカルブログ

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。
内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

記者のこぼれ話

病院名:

CBnews記者のこぼれ話

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

投稿時間 : 20時02分08秒

カテゴリー : 記者のこぼれ話

ジャンル : 指定なし

 最近ゴルフ教室に通い始めた。初回のレッスンを受けた時には、
筋骨隆々の男性がコーチだった。周りの生徒さんが爽快な音で玉を
飛ばしている中、私は体を軸にして、クラブを左右に均等に振る
だけの訓練を言い渡された。ゴルフの醍醐味を味わうところまで
たどり着けるのだろうかと、ぼーっとクラブを振っていた。
 そこへ突然コーチが現れ、ふっと玉を前に置いた。「先ほどまでの
ように、左右にクラブを振ってください」と言う。言われた通りに
クラブを振ったが全く飛ばなかった。「左右にクラブを振ってくだ
さいと言いましたが、玉を飛ばしてくださいとは言っていません。
誰もが玉を前に置かれると、飛ばしたいと意識しますが、きちんと
クラブが振れれば自然と飛ぶようになります。先ほどまでの訓練を
続けてください」と言い、去って行った。
 その後何回かチャンスはあったが、雑念を払えず、初回はクラブを
振るだけの訓練で終わった。社会人になり、基礎・基本を繰り返し
やることも少なくなったが、地味な作業ほど大切なんだなと、少し
遅れてやってきた筋肉痛のたびに思う。(AK)



最新医療介護情報『医療介護CBニュース


─【関連ホームページ】────────────
◇専門記者による『医療介護CBニュース
◇医療・介護経営者向け『CBnewsマネジメント
◇病院・薬局ブログのポータルサイト『メディカルブログ

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。
内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

記者のこぼれ話

病院名:

CBnews記者のこぼれ話

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

投稿時間 : 18時47分29秒

カテゴリー : 記者のこぼれ話

ジャンル : 指定なし

 この年になると、ご飯を食べたらすぐ太ったような気がします。
そんなとき私は、ひとっ走りして汗をかくようにしています。そう
すると、何だかすっきりしますし、体型を維持できているような
気がして、何となく安心するのです。しかし、ひとっ走りして体を
動かすと、お腹がすきます。そのため、ついついいつもよりも多め
にご飯を食べてしまいがちで、太ったような気がします。そこで
ひとっ走りすると、お腹がすくのでご飯を食べたら太ったような気
がします。そのためひとっ走りしてくると、お腹がすくのでいつも
より多めにご飯を食べ、太ったような気がするのでひとっ走りしに
行きます。ひとっ走りすると…。(ichigo)



最新医療介護情報『医療介護CBニュース


─【関連ホームページ】────────────
◇専門記者による『医療介護CBニュース
◇医療・介護経営者向け『CBnewsマネジメント
◇病院・薬局ブログのポータルサイト『メディカルブログ

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。
内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

記者のこぼれ話

病院名:

CBnews記者のこぼれ話

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

投稿時間 : 20時26分14秒

カテゴリー : 記者のこぼれ話

ジャンル : 指定なし

 今年から認可外保育施設に通い始めた2歳の息子は、隔週くらいのペース
で体調を崩しています。お友達から感染症をもらってくるのです。
 潜伏期間を経るからか、休日になると熱が出ます。育児の諸先輩から
“忠告”を受け、覚悟はしていたつもりですが、こんなにすごいのかと、
妻と頭を悩ませています。
 弊社のニュースでも報じた通り、夏の感染症でおなじみの手足口病が
猛威を振るっています。最新の統計では、都道府県の8割で警報基準値を
上回る患者報告があったとか。息子もばっちり(?)感染しました。
 機嫌が悪くなり、発熱したので最初はかぜだと思ったのですが、かかり
つけ医を受診すると「手足口病かもね」とのこと。それから数時間経って、
私にも分かるくらいに発疹が出てきました。
 熱は1日でひきましたが、発疹が長引きました。どうしよう…と思って
保育施設の規定を見ると、医師の「登園許可」があれば発疹があっても
預けられるようです。許可を受けて翌日、保育施設へと送り出しました。
 すると、施設から電話がかかってきました。「クラスで流行り始めて
いる。医師の許可はあるけれど、協力して休んでもらえないか」。結局、
妻が仕事を早退して迎えにいきました。
 手足口病は、症状がおさまってからも長期間、ウイルスが排泄される
ことがあるようで、保育施設での対策が難しい感染症としても知られて
います。
 そんなことを小耳にはさんではいたのですが、実際に息子がかかると、
発疹は目に見えてかわいそうで、お友達にうつすのは避けたいところです。
その一方で、私と妻には仕事があります。それに恥ずかしながら、保育料
は預けなくてもかかるよな、なんてことが気になったりもします。
 軽症で済むことの多い疾患ではありますが、画期的な予防法が開発される
ことを切に願います。(SAT)



最新医療介護情報『医療介護CBニュース


─【関連ホームページ】────────────
◇専門記者による『医療介護CBニュース
◇医療・介護経営者向け『CBnewsマネジメント
◇病院・薬局ブログのポータルサイト『メディカルブログ

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。
内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

記者のこぼれ話

病院名:

CBnews記者のこぼれ話

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

投稿時間 : 19時44分57秒

カテゴリー : 記者のこぼれ話

ジャンル : 指定なし

 「副鼻腔炎」に罹ってしまいました。4月の初めごろから、左の目と
眉の間が重く感じられ、市販の鎮痛剤で抑えていましたが、デスクの
仕事に支障を来すようになったため、ゴールデンウイーク前に弊社の
近くの大病院を受診しました。
 とりあえず受診した内科の若い女性医師の見立ては「副鼻腔炎」で、
CT検査を勧められました。しかし、脳の病気でなければ仕事柄、偏頭痛
か眼精疲労だろうと高をくくっていたので、ロキソニンを処方してもらい、
様子を見ました。
 その効果はてきめんで、薬が切れても違和感がなくなるくらいになり
ましたが、(精神衛生のために)また処方してもらおうと連休明けに
軽い気持ちで受診したところ、「1カ月も経つのに、おかしいですね」
と言われ、CT検査を強く勧められました。私は、この際黒白をつける
つもりで受けることにしました。
 内科医は、「お友達」の耳鼻咽喉科の男性医師と私の画像を見たそう
です。黒と白のコントラストが鮮明で、「派手な副鼻腔炎」とのことで
した。
 あの時、CT検査を強く勧められなければ、私は様子見を決め込んでいた
でしょう。「命拾いした」と安堵すると同時に、自らの不明を恥じました。
どうしても内科医にお礼を言いたくて、「先生の最初のお見立て通りで
した」と、深々と頭を下げたのでした。(S)



最新医療介護情報『医療介護CBニュース


─【関連ホームページ】────────────
◇専門記者による『医療介護CBニュース
◇医療・介護経営者向け『CBnewsマネジメント
◇病院・薬局ブログのポータルサイト『メディカルブログ

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。
内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

記者のこぼれ話

病院名:

CBnews記者のこぼれ話

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

全国16拠点で転職をサポート CBネット
CBセミナー

カレンダー

2017年8月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

プロフィール

CBnews記者のこぼれ話
最新の医療・介護情報をお届けいたします。

株式会社 CBnews
平成27年11月1日設立
本社:東京都港区虎ノ門2-5-5 櫻ビル5階
フリーダイヤル:0120-988-161

医療求人30,000件 完全無料!転職サイト CBネットはこちら

最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

2007-12-20 04:31:03
お産現場ルポ「命をつなぐ」 高まる助産師の役割 (指定なし(ブログ))
By 2006年6月の医学ニュース一覧
2007-12-20 04:31:03
医療制度改革法案が衆院厚労委で可決 与党が強行採決 (指定なし(ブログ))
By 医療制度改革
2007-12-20 04:31:03
がん対策、小児医療集約など推進 厚労省、07年度予算概算要求 (指定なし(ブログ))
By 2007年度予算概算が82兆7300億円?
2007-12-20 04:31:03
消費税導入は「医療改革見極めて」 自民の安倍新総裁が方針 (指定なし(ブログ))
By 安倍官房長官夫人は冬ソナを見て韓国語習った韓流ファン
2007-12-20 04:31:03
医療向上へ「従事者確保」を 富山県 (指定なし(ブログ))
By 看護師・保健師・助産師の求人・転職情報ならカンゴジョブ

携帯版

リンク