有限会社 すずらん薬局

神奈川県横浜市泉区にある『有限会社 すずらん薬局』のブログ

投稿時間 : 07時44分17秒

カテゴリー : 指定なし(ブログ)

ジャンル : 医療コラム


代表の近藤です。

『在宅医療に役立つLIVEセミナー』続きです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


フレイルは自立と要介護状態の中間に位置する状態として定義されますが、

適切な介入・支援がなされれば、要介護に至ることを予防でき、

生活機能の維持向上、健常な状態をも可能とされます。


加齢に伴う身体機能の衰えは誰でもに訪れること、

フレイルの状態を早期発見し、早期に対応し

健康寿命を延ばすことが大切ですね。

                       





トラックバック(0)

トラックバックURL:

投稿時間 : 00時24分22秒

カテゴリー : 指定なし(ブログ)

ジャンル : 医療コラム



代表の近藤です。


『在宅医療に役立つLIVEセミナー』続きです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

『サルコぺニア』とは・・・

  加齢に伴う筋力の低下、または老化に伴う筋肉量の低下

   一般に、ヒトの筋肉量は40歳代より低下が始まり、

      40歳代から年に0.5%ずつ減少し、

   65歳以降には減少がされ、最終的に30~40%低下がみられる。


 サルコペニアの診断基準は・・・

    1、筋肉量の低下

    2、筋力低下

    3、身体能力の低下


多くの高齢者は筋力の衰える『サルコペニア』という状態を経て、

更に生活機能が全般に衰える『フレイル』となります。

『フレイル』はロコモをはじめとする身体的側面のみならず

社会的、精神的要因(意欲・認知機能低下等)からなる

包括的な概念です。

また、認知症転倒骨折を引き起こし、要介護状態を招く要因となりえる、

とのことでした。

  
                                 

    また次回・・・・

トラックバック(0)

トラックバックURL:

投稿時間 : 00時19分19秒

カテゴリー : 指定なし(ブログ)

ジャンル : 医療コラム


代表の近藤です。

在宅医療に役立つLIVEセミナーに出席させていただきました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

フレイルからみた認知症と転倒骨折』
 
 近年、高齢者の全身管理の上で、フレイルという概念が提唱されています。

   フレイルとは・・・・・

      老化に伴う様々な機能の低下のこと

           男性、女性はどのように老いていくか?

               男性⇒亡くなる直前まで元気

               女性⇒ジワジワと自立度が低下する


   フレイルの診断基準とは・・・

     1、体重減少    2、疲労感 3、活動力の低下     4、歩行速度の衰え     5、筋力低下

      これら5つの項目のうち、3つ当てはまればフレイルとみなされます。

         筋力低下の目安として、ペットボトルのキャップが開けにくい等

               男性なら26㎏ 女性なら18㎏が目安

                                 ペットボトルのキャップは15㎏で開くそうです

               

       また次回続きを・・・・・・・

トラックバック(0)

トラックバックURL:

求人情報はこちら

カレンダー

2017年3月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

プロフィール

有限会社 すずらん薬局
〒245-0012
神奈川県横浜市泉区中田北1-7-13
TEL:045-805-0452
FAX:045-805-0452
求人情報はこちら


最近の記事5件

最近のコメント

現在、コメントはありません。

カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

携帯版

リンク