サン調剤薬局

滋賀県守山市にある『サン調剤薬局』のブログ

投稿時間 : 19時29分08秒

カテゴリー : 指定なし(ブログ)

ジャンル : 日記

滋賀県守山市サン調剤薬局西川でございます。
8月は業務に余裕もあるので、研修会を定期的にしていますが、
今月初めに行った分を報告させてもらいます。
日本人は正常眼圧緑内障が多いですから、
アイファガンの神経保護作用が本当にあるならいいですね。
今後の研究の進捗を待ちましょう。

研修日時    平成28年8月2日火曜日13:15~13:45
研修タイトル  緑内障とアイファガン
研修要旨
1、緑内障診療ガイドラインで、緑内障は視神経と視野に特徴的変化を有し、通常、眼圧を十分に下降させること
  により視神経障害を改善もしくは抑制しうる眼の機能的構造的異常を特徴とする疾患と定義されている。
2、多治見スタディでは、40歳以上の方の5%が緑内障で、その半分以上が正常眼圧緑内障だったと報告されて
  いる。
3、眼圧降下薬の作用点は、房水産生抑制と繊維柱帯流出増加とぶどう膜強膜流出増加の3点がある。各々に
  作用するのは以下の分類薬である。
   房水産生抑制 β遮断薬、炭酸脱水素酵素阻害薬、α1β遮断薬、α2刺激薬、ジピベフリン
   繊維柱帯流出増加 ピロカルピン、ジピベフリン、Rhoキナーゼ阻害薬
   ぶどう膜強膜流出増加 プロスタグランジン関連薬、α1遮断薬、α1β遮断薬、プリモニジン
4、主な眼圧降下薬の分類と代表的な点眼薬は以下の通りである。
  α2選択性刺激薬 アイファガン
  非選択性β遮断薬 チモプトール、ミケランLA
  Rhoキナーゼ阻害薬 グラナテック
  プロスタグランジン関連薬 キサラタン、タプロス、ルミガン
  炭酸脱水素酵素阻害薬 エイゾプト、トルソプト、ダイアモックス(内服)
  配合点眼薬 プロスタグランジン関連薬+β遮断薬 ザラカム、デュオトラバ、タプコム
           炭酸脱水素酵素阻害薬+β遮断薬 コソプト、アゾルガ
5、非選択性β遮断薬の禁忌薬として、心不全、気管支喘息等が記載されている。
6、プロスタグランジン関連薬の主な副作用として、虹彩色素沈着、睫毛・眼瞼部多毛がある。
7、目薬の安全な使用方法は以下の通りである。
  点眼後は目を閉じ、1分間目頭を軽くおさえる。
  容器の先端が眼や睫毛に触れないよう注意する。
  同じ眼に2種類点眼する時は5分以上間隔をあける。
8、緑内障患者に禁忌の薬として抗コリン薬と内服ステロイドがある。
9、アイファガンは眼圧下降のみならず、視神経保護作用も期待されている。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

局内研修会報告 緑内障とアイファガン

病院名:

サン調剤薬局

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

サン調剤薬局

カレンダー

2019年7月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

プロフィール

サン調剤薬局
〒524-0021
滋賀県守山市吉身2-6-23
TEL:077-514-0337
FAX:077-514-0347


最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

携帯版

リンク