サン調剤薬局

滋賀県守山市にある『サン調剤薬局』のブログ

投稿時間 : 12時46分21秒

カテゴリー : 指定なし(ブログ)

ジャンル : 日記

滋賀県守山市サン調剤薬局西川でございます。
今年の秋は雨がよく降りますね。
近隣で実習中の薬学生の方に集まってもらい、集合研修を数回行うのですが、
毎回、雨で来てもらうのが気の毒で仕方ありません。

研修日時   平成29年9月26日火曜日
研修タイトル 新薬勉強会パルモディア
研修要旨
1、中性脂肪は体を動かすエネルギー源となり、トリグリセライド(TG)と呼ばれる。食事から摂取されるものと
 肝臓で合成されるものから成る。中性脂肪が増えると、悪玉コレステロールが増加し、善玉コレステロールが
 低下する。
2、中性脂肪が増える原因として、食事の欧米化、脂質摂取の増加、運動不足などが挙げられる。食べ物では、
 炭水化物、脂身、砂糖を多く含んだお菓子、アルコールが原因となる。中性脂肪を効率よく燃焼させるには、
 有酸素運動が効率的である。
3、脂質異常症の治療の現状課題は以下の通りである。
 ・TG 150mg/dL未満の達成率は50%
 ・肝機能・腎機能への影響が懸念される
 ・スタチンと併用しにくい
 ・スタチンにより、虚血性心疾患イベントは30%減らせると言われるが、70%のリスクは残存する。
4、虚血性心疾患イベントのリスクは、TG・LDL-C・HbA1cの高値である。
5、パルモディア錠(ぺマフィブラート)は新規のフィブラート系薬で以下のような特徴がある。
 ・フィブラート系薬剤はTGを減少させ、HDL-Cを増加させる。
 ・遺伝子の中で脂質代謝に関わる標的遺伝子の転写を選択的に調節する。
  その他の遺伝子への影響を少なくできたため、安全性が高くなっていて副作用が少ない。
 ・腎機能への影響が少ない。他のフィブラート系薬剤は尿中排泄であるが、パルモディア錠は糞中排泄である。
 ・スタチンとパルモディアを併用した結果、プラセボとパルモディアの併用と副作用の発現率に差はみられ
  なかった。
 ・肝機能が改善されたというデータもある。
 ・高TG血症患者や、動脈硬化リスクの高い患者(メタボリックシンドロームや糖尿病患者)への使用が望まれ
  ている。
 ・1回0,1mg 1日2回 朝・夕 (食事の影響は受けない) 最大用量は1回0,2gを1日2回。
 ・併用禁忌:シクロスポリン、リファンピシン

前回研修会報告 重症熱性血小板減少症候群(SFTS) http://blog.cabrain.net/CN112049/article/id/103434.html
局内研修会履歴 http://www.myph.jp/sun_pharm/pc/free2.html
薬局HP http://www.myph.jp/sun_pharm/pc/index.html
薬局スマホサイト http://sun-ph.jp/sumaho/

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

局内研修会報告 パルモディア

病院名:

サン調剤薬局

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

サン調剤薬局

カレンダー

2017年11月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

プロフィール

サン調剤薬局
〒524-0021
滋賀県守山市吉身2-6-23
TEL:077-514-0337
FAX:077-514-0347


最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

携帯版

リンク