サン調剤薬局

滋賀県守山市にある『サン調剤薬局』のブログ

投稿時間 : 19時31分16秒

カテゴリー : 指定なし(ブログ)

ジャンル : 日記

滋賀県守山市サン調剤薬局西川でございます。
薬局が暇で、局内研修会を頻繁にしている関係で、
研修会のまとめがどんどんと溜まってきています。
先月行った局内研修会の報告です。
この日は、局内薬剤師からの発表で、たまに患者さんから相談を受ける”便の色”についてでした。

研修日時    平成29年7月22日土曜日15:00~15:30
研修タイトル  赤ちゃんの便の色 
研修要旨
1、緑色の場合 通常はビリルビンにより黄色っぽい便が、授乳時に多量の空気を飲み込む等により、ビリルビン
  が緑色を呈するビリベルジンに酸化されたことによるもので心配は要らない。抗菌薬投与時、排便回数が
  少ない時にも緑色を呈すことがある。薬剤では、インドメタシン服用中に緑色っぽい便の、プロバンテリン・
  ケイ酸マグネシウムでの濃緑便の報告がある。
2、赤色の場合 トマトやスイカのような赤色の食べ物を食べ、未消化状態で便に出たもので心配は要らない。
  血が混じっている場合は下部消化管からの出血の可能性があり、粘血便の場合は腸重積が懸念される。
  薬剤では、大黄で赤色の、リファンピシンで橙赤色の便の報告がある。
3、白色の場合 白いぶつぶつや粘液が混じることがあるが、母乳中の脂肪分のためで心配は要らない。便全体が
  白い場合には胆道閉鎖不全症やロタウイルス感染の可能性がある。薬剤では、アルミニウム塩やケイ酸Mg・
  バルプロ酸で白色の便の報告がある。
4、黒色の場合 鉄分を多く含む食べ物を食べた場合であれば心配は要らない。赤黒い場合は、上部消化管からの
  出血の可能性がある。薬剤では、鉄剤やビスマス製剤、レボドパ製剤で黒色の便の報告がある。

前回研修会報告 前立腺肥大症とユリーフ http://blog.cabrain.net/CN112049/article/id/102835.html
局内研修会履歴 http://www.myph.jp/sun_pharm/pc/free2.html

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

局内研修会報告 赤ちゃんの便の色

病院名:

サン調剤薬局

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

サン調剤薬局

カレンダー

2019年7月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

プロフィール

サン調剤薬局
〒524-0021
滋賀県守山市吉身2-6-23
TEL:077-514-0337
FAX:077-514-0347


最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

携帯版

リンク