サン調剤薬局

滋賀県守山市にある『サン調剤薬局』のブログ

投稿時間 : 18時56分55秒

カテゴリー : 指定なし(ブログ)

ジャンル : 日記

研修日時    平成30年7月21日15:30~16:00
研修タイトル  認知症疾患診療ガイドライン2017について
研修要旨
1、アルツハイマー型認知症ではコリンエステラーセ阻害薬(ChEI)やNMDA受容体拮抗薬の使用が推奨され、
  レビー小体型認知症についてはコリンエステラーゼ阻害薬の使用が推奨される。今回のガイドラインでは、
  アルツハイマー型認知症の治療において、4剤(ドネペジル、メマンチン、ガランタミン、リバスチグミン)を
  どう使い分けるか、治療選択のアルゴリズムが示された。
  ・軽度:コリンエステラーゼ阻害薬ChEI 1剤選択
       効果なし・不十分/副作用→他のChEIに変更
  ・中程度:ChEI 1剤かメマンチンを選択
        効果なし・不十分/副作用→他のChEIかメマンチンに変更あるいはChEIとメマンチンの併用
  ・重度:ドネペジルかメマンチンを選択
       ドネペジル5㎎の場合は10㎎に増量あるいはドネペジルとメマンチンの併用
2、4種類いずれも有効性を示す科学的根拠があり、使用するよう勧められている。
3、メマンチンは中程度から重度のアルツハイマー型認知症に適応が認められ、ChEIとの併用も可能。
4、レビー小体型認知症に保険適応があるのは、ドネペジルのみ。
5、行動・心理症状(BPSD)の薬物療法の使用例は以下の通りである。
  ・焦燥性興奮:リスペリドン、アリピプラゾールなどの非定型抗精神病薬、抑肝散、チアプリド、カルバマゼピン、
           セルトラリン、シタロプラム、トラゾドン
  ・幻覚・妄想:リスペリドン、オランザピン、クエチアピン、アリピプラゾール、抑肝散
  ・うつ症状:SSRI、SNRI
  ・徘徊:リスペリドン、チアプリド
  ・不安:リスペリドン、オランザピン、クエチアピン


トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(1)

DouglasSwema at 2018-11-02 21:11:10 from 31.184.238.136

ホームページ:http://cialismsnntx.com

cialis opinie forum
<a href=http://cialismsnntx.com/>cialis without a doctor prescription</a>
side effect of cialis 20mg
<a href="http://cialismsnntx.com/">cialis without a doctor prescription</a>

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

局内研修会報告 認知症疾患診療ガイドライン2017について

病院名:

サン調剤薬局

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

サン調剤薬局

カレンダー

2018年11月

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

プロフィール

サン調剤薬局
〒524-0021
滋賀県守山市吉身2-6-23
TEL:077-514-0337
FAX:077-514-0347


最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

携帯版

リンク