社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘

愛知県名古屋市守山区にある『社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘』のブログ

01
2017-04

春・夏・気・分

投稿時間 : 14時00分00秒

カテゴリー : 40 Papa's Fashion Column

ジャンル : 日記

    リクナビ2018 
           × 
      愛知玉葉会

  現在、堂々展開中です!


       
  当会では、<リクナビ2018>と連動し、

  きたる4月4日(火)14時~16時、

  名古屋駅すぐの安保ホールにて、
 
  来春新卒者向け就職説明会の開催を決定!
 
  当日はスペシャルセミナーも同時開催!

  詳細は<リクナビ2018>をご確認ください。


  満を持して開催される当会の就職説明会に

  ご期待を!!



みなさん、こんにちは!

当ブログ管理者のヨンマルパパです。

本日、新年度である平成29年度がスタート!!

そして、もしかしたら、今年度が平成最後の会計年度になるかもしれないですね。

それはともかく、今朝は結構肌寒くて天気も今一つ。

空もすりガラス色で、何だか気分が晴れません。

こんなときこそ、春らしいいでたちで外へ出かけたい!

新年度第一回目の本日は、休日ということもあり、これからの季節にマッチした

ファッションネタをお届けいたします!!




そんなわけで、昨日自宅にデリバリーされてきたアイテムをご紹介。

ヨンマルパパといえばコレというわけで、毎度おなじみ、

名古屋が生んだ「日本アメカジ界の超カリスマ」岡本博氏プロデュースする

<トイズ・マッコイ>をご紹介しましょう。



つい先日、春夏カタログが完成し、まあ、相変わらず遊び心に満ち溢れたニューアイテムが

目白押し。正直言って、欲しいモノだらけ。

表紙になっているスティーヴ・マックイーンのオフショットが毎回イイね


今期の目玉は何と言っても、トイズマッコイ初の「ディズニーキャラ」とのコラボでしょう。

これまでトイズは、「フィリックス・ザ・キャット」や「トムとジェリー」など、アメリカン・カートゥーン

でおなじみの人気キャラを各種ミリタリーアイテムに組み合わせて商品展開してきましたが、

いよいよ、あの超人気者「ミッキーマウス」が加わったのです!

これには古いリアル・マッコイファンは懐かしい感情を呼び起こすハズ。

かつて倒産前の旧マッコイがごく一時的に展開していたディズニーキャラをフィーチャーした

「ワンダーワークス」というレーヴェルを彷彿とさせるからです(以前、私のお気に入りの

スウェットシャツを取り上げた際に併せて紹介していますので、気になる方はバックナンバー

をご参照ください)。

これはおそらく、現在トイズで企画を担当され、旧マッコイで「ワンダーワークス」を立ち上げた

Tさん念願の企画かなあ・・・と推察(Tさんとは、20年近く前、このファッションブログでも度々

紹介している大垣のスピリッツさんで開催されたマッコイズの展示会でお目にかかり、

缶コーヒーを飲みながら、アメリカン・カートゥーンの話で意気投合。その際、マッコイで一緒に

働かないかと誘われたことがあります。まあ、社交辞令でしょうけど、ちょっと自慢話)

今期ラインナップされたフラッグシップ的アイテムは、バックペイントにミッキーマウスを配した

<A-2 フライトジャケット>!右肩には星条旗のレザークラフトパッチが配され、

お金があったら絶対に欲しい!!

とはいえ、先立つものが無ければ、買えないものは買えません(+o+)

ここからは現実を直視して、身の丈に合った買い物を検討します。

Tシャツは、今季もやめておこう。たくさんあるし。

となると、やっぱり、ベースボールキャップかな。

トイズマッコイは、岡本さんのトレードマークが昔からベースボールキャップだったこともあり、

毎期カッコいいミリタリー&ワーク系キャップを出していて、実は昨年、3つも買ってしまいました。

そして、今季も新色のバーガンディがリリースされ、一目ぼれ。これは買い。

さらに、昨年買いそびれたフェリックスのヒッコリーストライプのキャップも併せて購入することに。


これまで本ファッションブログではキャップ類は一切紹介していなかったので、

ここでまとめて、ドーン!とUPしましょうか。



これ全部が、トイズマッコイのベースボールキャップです。

ほかに、かなり以前に購入したオレンジ色のUSAFキャップがあるのですが、

撮影するのをすっかり忘れました(この時点で、芋焼酎によりかなり酩酊してます)。


私も岡本さんほどではないですけど、ベースボールキャップが昔から大好きだったんです。

理由はカンタン。私は中学まで坊主頭、髪を伸ばし始めた高校時代からの強いクセ毛が悩みで、

髪型が様にならないのがファッション的にネックでした。

今は心の師・マックイーンに習って?短髪にしていますが、それでも少し髪が伸びた状態で雨が

降ったりすると途端に髪が膨らんで(特に鉢周り)撥ねてしまう。その上に大変な汗かきだから、

夏場はもう収拾がつかない。そんな困ったときにキャップを被ると、アメカジ的コーディネートなら、

まあ、無難にまとまるんですな。

もっとも最近は若いころと比べて毛が細くなってきていて、生え際もそれ相応に・・・それをカヴァー

するためという情けない理由もありますが(といっても・・・斎藤さんじゃないぞ!)。


今回購入したニューアイテムは、後列左から二つ目のバーガンディ(えんじ色)と前列左の

ヒッコリーストライプ。

トイズのキャップは、昔から、実にアレンジが巧い。

糸の使い方、ミリタリー系のレタード、ステンシル。どれもが味があって素敵。






サイズ調整用のレザーストラップは、トイズのキャップの特徴的ディテール。




ヒッコリータイプの右サイドのフィリックスのワッペンが古拙でカワイイ。

こういう遊び心がイイですね。

トイズマッコイのイイところは、岡本さんが全面的に関わっていた旧マッコイ初期のニュアンスと

共通するこうした部分ですね。

その後、高級化が進んでどこか変質してしまった後期マッコイや現行マッコイには無い味が

トイズマッコイにはあります。うーん、しみじみ。





あと、これはイマドキの小顔な平成男子諸君には分からない悩みだろうと思いますが(*^_^*)、

昭和生まれの私は頭も顔もデカい。鉢周りが60cm以上ありますからね。

20年以上前に売っていたアメリカ・二グロリーグのキャップが大きめで良かった(米国製

で今も現役で被ってます)のですが、最近の国内アパレルが出すキャップはどれもサイズが

合わない(つまり、頭が入らない!)。

デザインが良くても頭に合わないものが結構あって悔しい思いを何度もしているのですが、

トイズはファンの年齢層が高いこともあり、私のような大頭でもちゃんと被れるところが

実に有り難い。

そうした辺りも、私が<トイズマッコイ>のキャップをこよなく愛好する理由といえるでしょう。



そんなわけで、春先は晴れた日はかなり日差しが強く、紫外線も一年を通じて最も多い時期に

なります。そんな時期の外出時は、ツバ付きのベースボールキャップが不可欠なアイテム。

春夏のカジュアルコーデに取り入れていきたいですね。

ミリタリーライクな着こなしにはもちろん、ヒッコリー系ならば、先日購入したスプリングコート&

コンバースのチャックテイラーなんてコーデにも合いますしね。


いずれも今季、かなり重宝しそうですヽ(^o^)丿





















トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

春・夏・気・分

病院名:

社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

19
2017-03

春・物・購・入

投稿時間 : 14時00分00秒

カテゴリー : 40 Papa's Fashion Column

ジャンル : 日記

         リクナビ2018 

           × 
      愛知玉葉会

  2017.3.1 Take off !!


       
  当会では、<リクナビ2018>と連動し、

  きたる4月上旬、名古屋駅にて、

  就職説明会の開催を決定!

  詳細は決定次第、<リクナビ2018>および

  本ブログにて発表します。

  満を持して開催される当会の就職説明会に

  ご期待ください!!




こんにちは!

いやあ、何となく鼻と眼がムズムズしています。

いよいよ花粉症の本格シーズン到来って感じですね。

まあ、最近は、お隣の某大国から、季節風に乗って有害物質がやってくる

みたいなので、何が本当の原因かはよくわかりませんが・・・・


さて、3月以来、このメディカルブログ以外に、<リクナビ2018>でも

ブログを更新しているのですが、ちょっと愚痴ってイイですか??

あそこのブログは、ちょっと機能的にいただけない。

まず、写真が1枚しかUPできない。

そして、字数が制限されている。

編集機能も大したことなくて、「簡易ブログ」を表明している本CBネットのメディカルブログ

の方がよほど充実した内容になっています。

しかも、昨日自宅で記事をUPしたところ、編集作業中(字数制限に引っかかって、内容を

短く修正していた最中)に文字化け的なエラーが続発して、修正に大変手間取りました。

コチラではそういうことはめったにありません。

それにあちらは、アウェイ感というか、ちょっとよそ行きな雰囲気があって、緊張してしまう。

やはりここ<CBネット・メディカルブログ>が私のホームグランドだなと心から実感します。


というわけで、昨日、<リクナビ2018>で当初書きながら、無情な字数制限で

泣く泣く「短縮版」となった記事を、コチラでは全長版でお届け!

え、なに、私も短い方が読み易いって??・・・



そんな方は、<リクナビ2018>版ブログの方をどうぞ・・・(ー_ー)!!





それにしても、すっかり春らしくなってきましたね。

とはいっても、汗ばむような日があると思えば、気温は高くても冷たい北風が吹きすさぶ

日もあって、何を着て出かけたらいいか迷ってしまうのが、この時期の気候。

いくら寒いといっても、真冬用のへヴィアウターを持ち出しては、季節感は台無し。

多少やせ我慢をしても(^_^.)、ここは春らしい着こなしをしたいものなのですが、

そうなると、一日の中の気温変化にも対応できるよう、様々な種類のアイテムを
 
組み合せたレイヤードなコーディネートがこの時期は不可欠となります。
 
そんなときの着回しに結構役に立つのが、軽めのスプリングコート・・・なんですが、

以前書いたことがあったかと思いますが、毎年のように今年こそ買おう今年こそ買おう

思いながら、なかなか踏み切れずにいました。
 
理由は、自分の好みに合う、これという一枚になかなか出会えなかったから。

いや、金に糸目をつけなければ、イイものは買えるんですよ。
 
たとえば、かの<マッキントッシュ>あたりのスプリングコートは発色がとてもキレイで、
 
いかにも春らしい。

でも、独身貴族ならまだしも、春物のコートにそこまでの予算は回せないですからね。

しかし、先週末、ついに


「今春こそは買おう。今日は仕事帰りにラシックへ行く!」


と心に決めて、

 
1.値段は2万円台前半まで。
 
2.素材感が軽く、サラリと羽織れるセミロング丈。
 
3.色目は明るめ。
 
4.ONにもOFFにも対応できるもの


という選択条件をあらかじめ設定の上、終業後に一路中区栄のラシックへGO!

一路・・・とはいえ、栄まで出てくると、誘惑が多くてつい寄り道(^^)。

まずはサンシャイン栄の隣にある美味しいとんやきのお店に立ち寄り、

生ビール2本にとんやきを6本。これで景気付けしてから、ラシックへ向かいます。

これまでこの<ファッションブログ>をお読みの方は、このパターンだと

毎回私の財布のヒモが大幅に緩むことをご存知かと思いますが(^_^.)

今回はあらかじめ上記の選択条件を自らに課しているので、

いつもの衝動買いのような散財はいたしません!!(たぶん・・・)



さて、ここ「ラシック」には私の好きなセレクトショップがたくさん入っていて、

季節の変わり目などに定期的に巡回しているのはいつもココで書いている通り。

今秋冬の就職フェアで大活躍したヴェストを誂えたセミオーダーのテイラーや

服のお直しで度々利用しているリペアショップもココに入っているから、

今やラシックは私にとって無くてはならないファッショスポットといえます。

ちなみに、ラシックが入っている同じビルの企業フロアには、日ごろ大変お世話になっている
 
リクナビを担当する<リクルートキャリア>のオフィスがあり、

過去には前任担当者のK女史と3回も遭遇した経験が。

現担当のA女史とは幸いにも今のところ遭遇してませんが、そのうち服を物色しているところ

を見つかっちゃいそうですね"(-""-)"


 
話がそれてしまいましたが、

ある程度の目標が決まっている今回のショッピングは、見るものを絞って手早く進行。

いつも立ち寄るショップを順に見て回ります。

そして、色目、素材、値段のバランスを見ながら、最終的にコレ!と決めたのは、

ラシック6Fの「EXPLORER WORKS」にあった「トラファルガー・シールド」というブランドの

バルカラーコートで日本製。

「トラファルガー」のブランド名は、ネルソン提督率いる英国艦隊がナポレオンの仏艦隊撃破

した「トラファルガー海戦」とその戦勝記念でロンドン市内に作られた「トラファルガー広場」

に因むものでしょう。



色はタンで、コットン100%の生地はシャリ感があって、着心地が軽く、

いかにも英国風なチェック柄のライナーも半身になっているので、これからの季節には

まさにドンズバ。形もディテールもクセが無く実にオーソドックス。

四半世紀前のイギリス旅行の際、免税店で本場バーバリーの同じような色目のコート

を買い、今でもたまにスーツなどと合わせて着ることがあるのですが、

丈が長く、生地や作りが本格的すぎて、イマドキなカジュアルなコーデには不向きでした。

かといって、いくら春らしくとはいっても、さすがにパステルカラー(薄めのブルーというのも

一応は当初の選択肢には入れていたけど)では、オジサンにはやはり似合わないし、

当然ながら、自身のワードローブとの相性もある。

それらを総合的に考えれば、コレはベストな選択でした。

コレなら、ジャケットスタイルにも、色目の濃いリジッド・ジーンズにも合いますね。

ギンガムチェックのシャツにジーンズを組み合わせ、足元には永遠の定番<コンバース>

オールスターという春らしいシンプルなコーデにも、このコートなら相性抜群でしょう。
 
しかも、秋物のバーゲン品でしたから、とってもリーズナブル(←ここ重要)。



「EXPLORER WORKS」さんは、ここ1年くらいよく覗くようになったショップなんですが、

本店「EXPLORER」が天白にあって、古き良き時代のセレクトショップというべきか、

流行の最先端を追っかけるのではなくて、インポート、国産品問わず、きわめて

オーセンティックで高品質なコダワリのアイテムを並べており、

私のような万年アメカジオヤジにはとってもウレシイ品揃えとなっています。

アメリカっぽいものだけではなく、上品で実用性の高い英国調のアイテムも扱っていて、

昨秋にはここでスコットランド製のリーズナブルなチェック柄のマフラーを購入し、

とても気に入り、今冬はまさに「へヴィローテーション」。

他のセレクトショップにも似たようなコートはたくさんあったのですが、ナイロン素材だったり、

生地の質感が好みに合わなかったり、ハタマタ値段が設定金額を超えていたりで、どれも

イマイチ。そんな中で、ココんちが扱っていたコートはとても私好みでありました。
 
服との出会いは、人間同士のソレと同じで、まさに一期一会。

あらかじめ設定した条件が合い、サイズがぴったりなら、後は迷うことなくレジへ直行です。

今回はとってもイイ買い物ができて、個人的には大々満足なんですが、何といっても

「勝利のカギ」(©ガオガイガー)は、あらかじめしっかりとしたイメージが自分の中に

出来上がっていたからにほかならないと思います。
 
まあ、何気なく立ち寄ったショップで一目ぼれして衝動的に買うのも楽しみではある

んですが、限られた予算の中で選ぶことを考えると、

日頃からの情報収集と欲しいアイテム像の明確なイメージ作りこそが、

失敗しない買い物には不可欠だと思うわけです。
 
 




トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

春・物・購・入

病院名:

社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

22
2017-02

中・近・両・用

投稿時間 : 14時00分00秒

カテゴリー : 40 Papa's Fashion Column

ジャンル : 日記




      リクナビ2018 
          × 
         愛知玉葉会

      COMING SOON!!







ここ半月ばかりかまけていた国家試験が月曜日にようやく終わった。

結果は、来週早々には分かるのだが、ちょっと自信がない(^_^.)

今回はまあ、事前の作戦のミスだったかなというのが現時点での反省。

スケジュール管理と、科目選択の誤りが最大の失策であった。

それでも、最後の追い込みはそれなりにやったつもりだが、

集中力と絶対的な時間数が足りなかった、と思う。

特に最終週は、例の北〇〇にまつわる大事件が気になって気になって仕方が無く、

ついテレビを横目に見ながらの勉強だったから、これでは能率が上がろうはずもない。

それとこれも言い訳だが、ここ数年急速に進んでいる老眼も、集中力を阻害した

要因の一つ。

以前書いたかもしれないが、これまで日常使いしていたメガネは、度を少し弱めに

矯正した近眼鏡なのだが、老眼が進んだこんにち、満員電車の中での読書には不向きだし、

デスクワークの場面でいえば、書類を見たり書いたりする際には思わず眼鏡を外すくらいに

大変見づらく、かといって裸眼ではノートパソコンの画面がほとんど見えない。

つまり、資料を見ながらPC入力を行うという作業ができないことも不満だったし、

それでいて、事務所内の壁に掲示された出勤札やスケジュールボードが見えないという

中途半端さにココ数年悩んできたのである。

そこで、20年来行きつけの眼鏡屋さん、名古屋では超有名なアイウェアショップである

オプティカルテーラー・クレイドルさんで以前から勧められていた「中近両用レンズ」を

これまでコンタクト装用時に使っていた度無しメガネに換装してやることにした。

従来よく使われた「遠近両用」と比べ、遠方を見るには不向きで、使用領域が限定される

ものの、オフィス内程度の規模の職場で使うにはこちらの方が目にかかる負担が小さい

というのがコレを勧められた理由である。


月曜日の試験終了後に受領し、以来、慣れるためにずっとかけているが、自宅でも職場でも

大変快適。もっと早くコイツにしておけばよかった!!

むろん、PC作業に合わせた、ブルーライトカット仕様。

中近両用メガネは階段を踏み外すことがあるから外出時には使用しないようにとの話も

ネット情報にあったが、実際通勤時に使っても全く問題なく、少し顎を引き気味に、

上目使いでレンズ上部を使って見ると、これまで以上に、遠方まではっきり見える。

手元の本などを読むときは、逆にレンズの下の方を使うようにして(下目使い?)、

見てやると、これまでよりもはっきりと文字が見えてくる。

ただし、中央部は度数が弱目なので、外での作業やアウトドア活動には不向きで、

特に車の運転は厳禁!!

これらの場合は、従来のメガネか、ドライブ用に度を強めたもう一つのメガネを使用する。




いずれも、クレイドルオリジナルのEFFECTOR(エフェクター)というフレームシリーズ。

これまで普段使いしてきたネイヴィブルーと今回「中近両用」にしたオリーヴグリーンは、

形がまったく同じCrunchというタイプだが、形にクセが無くかけやすい。

度が運転用にしてある黒フレームは、allenというタイプ。こいつが中でもいちばん

古く、すでに9年くらい使っている。

ちなみに、ネイヴィとオリーヴのフレームを使ったモデルは、自分が好きなミリタリー系

ファッションとの親和性が高く、とてもお気に入りなのだが、他のフレームタイプも含め、

今はもう生産していない特注素材(本ブログにたびたび登場した今は無き『Free&Easy』

誌とのコラボ企画で生まれたもの)で作られているらしく、

現在手に入るのは店頭在庫のみだそう・・・

今後、これら3本を使用状況によって適宜使い分けるということになるのだが、

かけているのとは別にメガネを2本を持ち歩くのは荷物がかさばって大変だなあ・・・

そういえば、私が敬愛する故司馬遼太郎さんは、若いころから近眼だったせいもあり、

目の負担を考えて、目的に応じて複数のメガネを使い分けていたというが、

これはメガネを日々愛用するメガネ男子(むろん女子も)にとって、一生離れられない

永遠のテーマなのかも知れない・・・


最近老眼が進んだものの、遠近両用は何となく年寄り臭くて抵抗があるという方は、

コチラの中近両用の方を試してみられてはいかがでしょう??









トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

中・近・両・用

病院名:

社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘

カレンダー

2017年9月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘
〒463-0006
愛知県名古屋市守山区川東山3321
TEL:052-794-1611
FAX:052-791-6712


最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

2014-11-25 16:17:08
特・撮・詳・説 (指定なし(ブログ))
By ガメラ:名古屋市科学館の「特撮博物館」情報(1/2) 2014/11/25
2014-11-06 17:58:28
特・撮・殿・堂 (指定なし(ブログ))
By ガメラ:名古屋市科学館の「特撮博物館」情報(レポ記事編) 2014/10/06

携帯版

リンク