社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘

愛知県名古屋市守山区にある『社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘』のブログ


『軍師官兵衛』も、先週日曜日の放送をもって無事終了。

当初はいろいろと批判もされましたが、徐々に評価を上げて、

ここ最近の大河ドラマとしては、視聴率的にも作品的にも、

成功作として終わることができたといえるのではないでしょうか。

『平清盛』や『八重の桜』などと比べると、私の周囲でも結構見ていたようですし。



終盤は少々駆け足な感じもあったのですが、天下分け目の戦いといわれ、

実質的に日本全土で争われた「関ヶ原の戦い」に絡んで行われた如水らによる

九州制圧作戦は、これまであまり描かれてこなかっただけに、新鮮でした。

合戦の経過を少々おさらいをしておくと・・・


上杉征伐の軍勢を発した家康でしたが、関東へ入ったところで、石田三成が

西に火の手を挙げます。家康に従って会津の上杉を攻めるために付き従った

武将たちは家族を大坂に残しており、相当な動揺が広がったはずです。

家康は、有名な野州小山(おやま。現在の栃木県小山市)での軍議(小山評定)にて、

福島正則ら秀吉子飼いの武将らを味方に取り込み、三成を討つべく西に軍勢を

向けることに成功します。

彼らが関ヶ原合戦における東軍になっていくわけです。

福島正則は、このとき、イの一番に家康に味方すると宣言しますが、その裏には、

黒田長政による正則への調略があったとされています。

福島正則は亡き太閤の親戚にあたり、その膝下で育てられた子飼い武将の

筆頭ともいうべき存在でしたから、彼が三成を討つという宣言をしたことで、

他の武将も雪崩を打って、家康の味方に付いたわけです。

このときの軍議でもう一つ有名なエピソードは、山内一豊が自分の居城である

掛川城を家康に進呈すると宣言したことでしょう。

この一豊の発議をきっかけに、東海道沿いの各城は家康の管理下に置かれ、

これによって東軍の尾張美濃への進軍がスムーズにいったとされています。

山内家はこの合戦後の論功行賞で土佐一国の主になり、幕末維新へと至る訳

ですが、当然、この時の一豊の発議の功が認められたからにほかなりません。


三成と対決すべく西進した東軍は、一旦、福島正則の居城だった清洲城(現在の愛知県

清須市)に入り、その後、織田信長の嫡孫である織田秀信(「清洲会議」の際の三法師)

の居城・岐阜城を攻略、三成らが籠る大垣城に迫ります。

そして、ようやく重い腰を上げた家康が江戸を発ち、大垣城の北西である中山道沿の

美濃赤坂に到着。これによって東軍が三成の居城・佐和山(もしくは、秀頼の居る大坂)

を衝く気配を見せたため、三成ら西軍はそれを阻止せんと、関ヶ原西方に布陣、西進し

てきた東軍と関ヶ原を挟んでにらみ合うことになるのです。

時に慶長5年(西暦1600年)9月15日。


現代のわれわれは、合戦の結果を知っているために、ここで生起した「関ヶ原の戦い」で、

家康が勝って、易々と天下を取ったと単純に考えがちですが、ことはそうは簡単ではあり

ませんでした。

何しろ、この期に及んでも、家康方の主力部隊ともいうべき、三男秀忠が率いる大軍が

真田昌幸・信繁(幸村)父子が籠る上田城攻略に手間取ったことにより、主戦場に遅参

している状況であり、実際の戦闘においては、正則らの軍勢を当てにしなけれなならないという

家康にとって大変不利な状況がありました。

しかも、西軍の布陣状況および戦力は、純軍事的に見れば、東軍よりも有利(これは明治後、

日本陸軍が参謀将校育成のためにプロシャ陸軍から招聘したクレメンス・メッケル少佐が布陣

を見て即座に「西軍の勝利」と断言したという逸話で有名)であり、実際、家康はこのとき相当

な重圧の中にあったといっても過言ではありません。しかし、野戦巧者として知られ、唯一秀吉を

野戦(長久手の合戦)で破ったことがある家康は、彼らしい戦場のカンと迅速果敢な行動によって、

自ら勝利を手繰り寄せたのだといえるでしょう。まさに、「タヌキの皮を被ったオオカミ」ですね。


戦闘はまず、先鋒であった福島正則隊と宇喜多秀家隊との間で、その戦端が開かれました。

その後、戦況はしばらく西軍有利で進みます。

しかし、実際には、島津、毛利など、ただ布陣する山の上から戦況を傍観しているだけの勢力

も多く、実際東軍と懸命に闘ったのは、ごく一部だったようです。

そして、誰もがよく知る小早川秀秋の裏切り。ここにも黒田長政による調略があり、

また、西軍有利の戦況を見て裏切りをためらっていた秀秋を恫喝すべく、家康が小早川軍が

布陣した松尾山(ここには、松尾山城という山城があった)へ砲を撃ちかけたのは有名ですね。

家康の怒りを知り、ついに裏切りを決意した秀秋の軍勢は、一気に山を駆け下りて、三成の

盟友である大谷吉継の軍に襲い掛かり、西軍壊乱のきっかけをつくりました。

こうして、早朝に始まった戦闘は、午後の小早川軍の裏切りにより勝敗は決し、

奮戦虚しく三成の軍勢は全滅。

このとき、島津義弘率いる薩摩隊は家康軍による包囲を突破しようとし、猛然と突撃、多くの

戦死者を出しますが、義弘は何とか退却に成功、薩摩隼人の勇猛ぶりを示す逸話として

今も語り継がれています。

余談ですが、ここ最近の大河ドラマでは、2000年に製作された大河ドラマ『葵 徳川三代』

で撮影された「関ヶ原の合戦シーン」をライブラリー映像として使用しています。

その映像に、スタジオで撮影された各作品ごとの新撮シーンを繋いでいるわけですが、

違和感がないといったら嘘になりますかね(まるで、かつての東宝の戦争映画みたい)。

これほどの規模の撮影を毎回やるのは大変ですし、致し方ないのですが、せめて、

スケール感が釣り合うように、新撮シーンもロケーションでやって欲しかったなあ・・・というのが

個人的な意見です。




東西両軍の全面的な対決は、結局わずか一日で終わりました。

それまでの国内情勢を総合的に勘案していた黒田如水は、乱がもっと長く続くと踏んだと

されています。この判断は、当時の状況から、決してありえないことではなかったでしょう。

そもそも、彼がこの時点で何を考えていたのか。ドラマで描かれたように、本当に天下取りを

目指したのか。

息子の長政とは全く別の意図を持って行動したのか、それとも二人の行動が密接した関係に

あったのか。様々な疑問が今も晴れずにいますが、隠居の身である彼が独自に兵を集め、

九州北部を席巻したのだけは紛れもない事実です。

しかし、彼のこの時の軍事的行動は大勢に大きな影響を与えることなく、むしろ、息子の長政は

その調略と戦場での働きを大いに認められ、福岡52万石という大封を得ることになります。

近年、如水の事績の多くは、実は長政によって後年創作されたものでないかという説があり、

本当にドラマで描かれるような名戦略家だったのかという点についても疑問視されています。

そうした意味でいえば、関ヶ原の際の行動も、ドラマのような英雄的なものではなく、単に息子の

長政の計略を後方から支援する程度のもので、大望があったわけではなかったかもしれません。

今回このように主人公として脚光を浴びた如水=官兵衛の実像に、学問の正しい光が当てら

れる日も、そう遠くないうちにやってくるかもしれませんね。


それはともかくとして、関ヶ原の勝利ののち、家康は名実ともに天下人となり、やがて、

征夷大将軍に任じられ、徳川幕府の時代へと移っていきます。

しかし、彼は完全無欠の天下人となった訳ではありませんでした。

難攻不落とされた大坂城には秀頼が健在であり、毛利や島津といった西日本の大勢力についても、

勢力を削ぐことはできても、取り潰すことまではできませんでした。

これは、関ヶ原合戦の勝利が、家康の自前の兵力だけでなされたものではなかったからです。

そうした意味では、家康時代の徳川権力は未だ脆弱でした。

二度にわたる「大坂の陣」で豊臣が滅んだことにより、徳川の権威が強固になっていくとはいえ、

このときの勢力構図は、江戸期を通じて大きく変わることなく、やがて幕末騒乱へとつながって

いったといえます。

特に、当主の輝元が西軍の総大将に祭り上げられながら、関ヶ原の戦場では戦闘に参加

しなかった毛利家は、しかし、その罪を問われ、大幅に減封されてしまうのです。

これには裏の事情があります。もともとこのころの毛利は、ドラマでも描かれたように、

家中が一枚岩ではなかったのです。

かつて年若き甥の輝元を補佐し続けた名将の吉川元春と小早川隆景(「毛利の両川」といわれた)

亡きあと、家中では安国寺恵瓊と元春の子である吉川広家が対立。恵瓊は、三成と気脈を通じて

おり、広家は家康に内通。毛利は実際のところ、二つに分裂していたのです。

関ヶ原の戦場において采配を振るう立場だったのが広家ですが、彼は西軍側につくポーズを

示しながら、戦闘には参加しないという密約を家康側と交わしており、実際に毛利軍は

動きませんでした。しかし、戦後、毛利家は改易の危機にさらされます。

輝元が名目上どころか、実際的に西軍の総大将としてふるまったことが書状などの証拠で

明らかになったからです。

その毛利改易という意図しない事態を食い止めようとしたのが吉川広家でした。

毛利本家存続のために家康に内応したにもかかわらず、本家の毛利が改易されては、

父の元春や叔父の隆景も含めた、これまでの自分たちの労苦が、すべて無になってしまうのです。

その一方で、広家に対しては、二か国を与えるとの沙汰がありました。広家はこの褒賞の

二か国を毛利本家へ安堵してほしいと必死に嘆願。毛利はその家名をなんとか残すことに

なったのです。

しかし、毛利の領地は、安芸を中心とした山陰一円の120万石から周防・長門二か国の

36万石へと、1/4近くにまで激減、それまでの家臣団を扶持しつづけることができなくなります。

多くの家臣は、毛利家を去りがたく、仕方なく防長領内で帰農の道を選びました。

人々は、このときの恨みを決して忘れることなく、藩士として家中に留まることができた者

から、減封によって帰農を余儀なくされた者に至るまで、徳川への骨髄までの恨みを

200年以上忘れずに持ち続けたのです。

そんな長州の人々の中から、やがて幕末動乱の発火点となっていく人物たちが多数現れる

というのも歴史の皮肉といっていいでしょう。

そして、彼らこそが、本作に続いて来年から放送が始まる大河ドラマ『花燃ゆ』に登場する、

吉田松陰と彼に薫陶を受けた松下村塾の若者たちなのです。

幕末・明治期を舞台にしていること、主人公が世間的には無名の女性(今回は

吉田松陰の妹)であることなど、昨年の『八重の桜』の合わせ鏡のような、『花燃ゆ』。

日本陸軍の父・大村益次郎を主人公にした昭和52年の『花神』以来の幕末長州ものですが、

今回はどのような内容の作品になるのか。

幕府贔屓の私としては少し複雑な気分でこの作品を観ていくことになるでしょう(^^)



最後になりましたが、「官兵衛ブログ」、一年間ありがとうございましたヽ(^o^)丿



    採・用・情・報

 

○現在、私どもでは、2015年4月採用にむけての学生の皆さんの

施設見学会を実施中。福祉系学部出身者に限らない幅広い採用を考えて

おります。


中途採用については、本CBネットにて募集しています。

待遇面や働き方については、これまでの勤務履歴や保持資格などによって

個人差があり、インターネット上の情報だけでは説明しづらい面があります。

施設見学や御説明など、随時、柔軟に対応してまいりますので、

お気軽にお電話等にてお問い合わせください。お待ちしております!! 


○リクナビ進学に当施設の若手介護職員が登場!!

  詳細は下をクリック!!(動画あります)

 

 リクナビ進学・日本福祉大学中央福祉専門学校

 

○リクナビ2015はコチラ!


○第二尾張荘では、現在、パート介護職員の

 募集を開始しました。

  14:00~18:00

 で入っていただける方、大歓迎です。

 また、看護・介護学生さんも歓迎します。
 (勤務時間の短縮は、相談に応じます)

   

○第二尾張荘デイサービスセンターでは、

 パート介護職員さんの募集を行っています! 

 働き方は、短時間パートからフルタイムまで。

 一日4時間から勤務可能。

 勤務曜日は応相談。運転免許必須。

 

○第二尾張荘では、正規看護職員さんを

 募集しています。

 月5~6回程度のオンコールができる

 正看護師さん、准看護師さんが、

 対象となります。

 

 また、パート看護師さんも募集開始。

 ①朝7:00から半日ほど入っていただける方

 または、

 ②午後、18:00まで入っていただける方

 2パターンです。

 なお、①の終了時間、②の開始時間は

 ご相談に応じます。


 以上、詳細は、

 第二尾張荘採用担当者まで

 お気軽にお電話下さい!!

 (TEL 052-794-1611)












トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

如・水・傾・聴~そして、幕末長州人たちの物語へ・・・

病院名:

社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

今年の1月にスタートした『軍師官兵衛も』、早いもので、

ラストスパートへと駆け足で進み始めました。

本日放送予定の第48話「天下動乱」を含めて、あと3話。

最終回である第50話は、当初は12月14日の放送予定だったそうですが、

衆議院選挙が入った関係で、急遽翌週の12月21日へ延期となったようです。

まさか、こんな時期に選挙が入ることになろうとは。

現代政治のあわただしさと先の見えにくさは、相当なものです。


先の見えにくさといえば、太閤秀吉の薨去とそれによって引き起こされる

豊臣家内部権力闘争は、当事者たちにとって、相当先の見えにくいものだったと

思われます。

これが、のちの天下分け目の戦い「関ヶ原の戦い」、そしてその結果を受けての

徳川幕藩体制へとつながっていくわけですが、この時期の多くの大名たちは、

つぎに誰が天下を取るのか、必死に考えをめぐらし、行動していたことでしょう。

さしずめ、議会解散後、あわただしく選挙区へ戻っていった元職の人々と同様、

自分たちの生き残りのために、まさになりふり構っていられないという心境だったに

違いありません。

今回は、関ヶ原合戦の前哨戦ともいうべき当時の国内情勢を整理しておこうと

思います。


秀吉政権末期、「五大老・五奉行」と呼ばれる意思決定システムが作られました。

諸侯の中でも、もっとも有力な5人の大名衆とそれを補佐する有能な官僚集団の

組み合わせで、何事もその合議によって進めていくというシステムです。

五大老は、筆頭ともいうべき徳川家康、秀吉とは旧知の仲であった加賀の前田利家、

会津に本拠を構える上杉景勝、中国地方の太守・毛利輝元、そして、秀吉が養子とした

こともある宇喜多秀家(彼の妻の豪姫は、前田利家の娘です)。

前田利家さんは、今回ずっと出てこなかったのですが、ここへきて、『水戸黄門』の格さん

役や『暴れ坊将軍』の大岡越前役が印象深い横内正が扮して、唐突に登場。

以前の大河(調べたら、『利家とまつ』でした)で上杉景勝役を里見浩太朗が演じたことが

あったので、助さん格さんコンビで見てみたかった気がします。

毛利家を支える重要人物として描かれ、鶴見慎吾が好演した小早川隆景も一時、

大老の職にありましたが、惜しまれつつ病没。最終的には上記5名が五大老とされています。

さらに五奉行とは、石田三成、浅野長政、増田長盛、前田玄以、長束正家。

浅野長政は尾張出身(かつての居館跡が、一宮市浅井町に現存する)で北政所の妹の夫

ですから、何となく彼だけちょっと毛色が違いますが、五奉行は能吏の集まり、実務担当者

といったイメージが強いですね。

この合議制による意思決定システムの本質は、秀吉亡き後の最大の実力者である

徳川家康を封じ込める狙いがあったといわれていますが、しかし、家康は秀吉の死によって

もはや遠慮する必要がなくなったとばかりに、独自の政治行動をとり始めます。

唯一、家康に掣肘(せいちゅう)を加えうると期待されたのが、前田利家でしたが、

ほどなく病に倒れてしまい、また、彼を継いだ嫡男の利長も、家康暗殺の疑いを掛けられて

失脚、生母の芳春院(まつ)を江戸へ人質に出すという窮地に追い込まれます。


このころ、加藤清正や福島正則といった武断派ともいうべき人々と、三成ら官僚派との

対立が激化、やがて、清正たちは三成を追い落とすべく、兵を挙げるまでになります。

もともと、彼らは長浜城において、秀吉夫婦の膝下で、いわば「同じ釜の飯を食った」仲

だったはずですが、いつからか、その関係は悪化の一途をたどりました。

ドラマの中で、如水が「朝鮮出兵がすべてを狂わせた」というニュアンスのセリフを

話していますが、確かにその一面はあったでしょう。

未知の土地の過酷な戦場で命がけの戦いを強いられて荒んだ外征軍将兵と、主に

後方で兵站を担当していた官僚との間に起こった対立。その戦功を褒賞されるどころか、

三成たちがそれを捻じ曲げて伝えた(と、当人たちは信じた)ため、かえって秀吉の勘気を

こうむったのは、如水ばかりではなく、加藤清正、秀吉の身内の小早川秀秋もそうでした。

こうした豊臣家中の対立、綻びに目を付けたのは徳川家康。

大名同士の勝手な婚姻を禁じた法度を自らやぶり、親族や家臣の娘を自分の養女

として他家へ嫁し、姻戚関係を結ぼうと精力的に動きます。あからさまな政略結婚

による多数派工作です。


例を挙げれば、加藤清正、福島正則の養子の正之、蜂須賀至鎮(蜂須賀小六の孫)。

また、伊達政宗の娘の五郎八(いろは)姫を、六男の忠輝の室として迎えます。

そして、もうひとり、そうした政略結婚の道具にされようとしている一人の姫が、

今日桜で有名な信州高遠城の主である保科正直の息女・栄(えい)。

生母が阿久比(あぐい。現・愛知県知多郡阿久比町)城主だった久松俊勝と彼の元へ

再嫁した家康の生母である於大(おだい)との間に生まれており、つまり、家康の異父妹

にあたるわけで、家康と栄姫とは伯父と姪の関係にあたるわけです。

ちなみに、於大の生母は、知多郡を治める有力武将だった水野忠政の妻であった、

お富(華陽院)という人ですが、何かと謎のある女性で、於大を生んだのち、

なんと家康の祖父の松平清康が見初めて、水野から引き離し、自分の後妻とした

という伝承があります。つまり、彼女はそうした意味でも、家康の祖母になる(ただし、

家康の父である松平広忠の生母は別人)のですが、最近の研究では、これは誤伝では

ないかとの説が有力です。血脈的には、家康の祖母にあたるのは間違いないのですが、

それが後世誤解されて清康に嫁いだという話にすり替わったのかもしれません。

なお、この華陽院は、大変な美女であったらしく、その血を引く姫ですから、栄も見目麗しい

女性だったのではないでしょうか

ついでにいえば、後年、彼女の生家である保科家に二代将軍秀忠の子が養子として

迎えられます。正室の江(ごう)に遠慮して養子に出された妾腹の子ですが、

成人した彼こそ、異母兄の三代将軍家光を補佐した名君・保科正之であり、彼の裔孫は、

幕末期、徳川家と命運を共にすることになる会津松平家です(詳細は、『八重の桜』ブログを

参照ください)。


栄姫は家康の養女となり、なんと、黒田長政と婚姻させられるのですが、かれには、

もともと蜂須賀小六息女の糸姫がいますから、このあたりの経緯は複雑です。

もともと二人の間に何らかの溝があったのか。そもそも、二人の結婚自体、

当人たちの感情には何ら関係なく、羽柴家中における重臣の蜂須賀と黒田の縁を深める

ためのものですから、ドラマにあるように、もともと仲睦まじかったものの、糸が官兵衛の

次男熊之介渡韓を止められなかったことと、男子を産めなかったことを気に病んだことが

離縁の遠因というのは、ドラマだけの創作でしょう。

長政は、家康の意向によって糸と離縁させられた上で栄姫を迎えたといわれていますが、

長政の側から願い出た可能性もあります。

世はいまだ戦国。武威を背景にした外交が巾をきかせる時代でもあります。

自分たちの安全保障のために、力のある家から嫁を迎えるというのは、生き残るうえで

は仕方がないことです。

そして、徳川と黒田の間で話が進み、それによって糸が離縁されたとしても、実家の蜂須賀は、

徳川に対し表立って異を唱えることはできなかったでしょう。

しかし、この一件が原因で、黒田家と蜂須賀家は江戸期、長く断絶状態になったといいます

から、糸の離縁は蜂須賀家にとって、きわめて屈辱的なできごとであったことは間違い

ありません。

離縁された糸は蜂須賀家に戻り、その後天寿を全うしています。また、彼女が黒田家に

残した息女は、のちに黒田家重臣の井上家に嫁ぐことになるのですが、母娘の心中は、

果たしていかなるものだったでしょうか。

この時代、男たちの都合で、女性たちが道具として扱われた時代でもありましたから、

家の都合で夫婦にさせられる、または引き離されるというのはよくある話(さきにふれた於大も、

生家の水野家が織田方についたため、織田と対立する今川を後ろ盾としていた家康の父・

松平広忠から離縁されて、久松俊勝に再嫁しています)で、これも乱世の習い、是非もないこと

といえるかもしれません。


さらに余談ですが、糸姫の父親である蜂須賀小六という人は私が住む町にゆかりがあり、

だから、糸姫のことはなんとなく気になる存在なのです。

今回大河ドラマで初めて描かれる女性ですが、朝ドラ『ごちそうさん』で主人公の義妹役を

好演して注目を浴びた高畑光希嬢がチャーミングに演じています。

父の小六は、もともと、海東郡蜂須賀(現・あま市)出身ですが、織田信長の父・信秀の

代にその地を追われ、生母の実家があった丹羽郡宮後(みやうしろ 現・愛知県江南市宮後)

移り住んだとされています。この邸宅跡は、宮後城とも呼ばれ、私が運転免許を取る際に

通った自動車学校のすぐ近くにありますが、今は説明版が立つのみのただの農地で、往時を

しのぶ面影はありません。小六の嫡子で、糸の兄にあたる阿波徳島藩祖の蜂須賀家政

この地の出生とされ、市内にある曼荼羅寺(藤まつりで知られる)の正堂は彼によって再興

されていますから、それはほぼ間違いないでしょう。であれば、糸も兄同様、同じ宮後城

生まれた可能性もあるのですが、腹違いという話もあって、真相はわかりませんね。


話がそれてしまいましたが、家康はそのようにして、着々と自分の地盤固めを

行っていきます。

また、さきほど述べたように、三成と清正、正則たちの対立が激化。

三成討つべしと息巻く一団には加藤清正、福島正則、黒田長政をはじめ、浅野幸長、

池田輝政、加藤嘉明、細川忠興ら7将と呼ばれるそうそうたる武将たちがいました。

伏見城下は、まさに一触即発の状態となります。

この騒動を収めたのは家康本人であり、これによって家康や三成を居城である近江の

佐和山(現・滋賀県彦根市)へ蟄居させ、大坂城から遠ざけることに成功します。

つまり、三成と茶々・秀頼母子を切り離すことができたわけで、家康はがぜん、

仕事がしやすくなり、伏見城で政務を取る予定が、大坂城内に居座るまでに

なっていきます。だんだんタヌキになってきた家康ですが、今回何か物足りない

と思ったら、彼の傍らにはその策謀の源泉ともいうべき、謀臣・本多正信の姿がありません。

そのかわり、井伊直政、榊原康政、本多忠勝の3人が侍って密議をこらしています。

そういえば、三成の脇に島左近が居ないもの気がかり。関ヶ原合戦にも出てこないのだろうか。



ついでに書いておくと、従来、豊臣家家中が尾張出身の北政所(寧、おね)派と近江出身の

淀殿派にわかれ、それぞれに近しい家臣たちが両陣営に分かれて覇を競い、それが関ヶ原の

戦いにおける東西両軍を分けたというとらえ方がされてきました。

北政所は、従来、「豊臣家は亡き太閤殿下と私で築いたもので、その天下は一代限りで良い」

「秀頼はあまりに幼く、豊臣家は一大名として長らえればよい」「つぎの天下は徳川内府殿が

担えばよい」と考えていたされてきました。

また、清正や正則たちは、おねを母親同然にして成長してきたため、彼女の意向で家康側に

ついたという見方がなされてきたことが多かったのですが、最新の研究によれば、どうも違って

いたらしい。

淀殿との関係も、女としての本音の部分はともかくとして、協調関係にあり、無用な争いが

起こらぬよう、連携して行動していたと考えられ、京にいた北政所は朝廷とのパイプ役でも

あったようです。

北政所は京で秀吉の菩提を弔う役割と朝廷との調整役を担い、淀殿は秀頼の生母として

後見を行う。これが、二人に与えられた役割だったということです。

北政所も淀も、この時点では、自分たちの意地の張り合いでお家をつぶすようバカなまねは

しなかったということでしょう。



そのような情勢の中、火の手は東北で上がりました。

会津の上杉が新しく城を築くなどの行動によって謀反の疑いをかけられ、家康はその

討伐に乗り出します。

上洛を命ずる家康からの使者に対して、上杉の家老・直江兼続は、家康に対する

弾劾状ともいうべき、有名な「直江状」をしたためて、家康を挑発したとされています。

このとき、三成と、彼と親交が深かった兼続との間に密約(つまり、東と西で家康討伐の

火の手をあげるという)があったのではないかという見方がありますが、それを直接的に

裏付ける史料はないようです。また、現存する「直江状」自体も、後世の偽書ではないか

との説があります。しかし、その後の状況の推移からして、両者の密約はありうることであり、

兼続がしたためた書状が家康を激怒させたことは確かなようです。



家康は諸侯に号令を発し、秀頼から軍資金と軍用米を下賜され、会津へ向けて

出征します。

世はふたたび、戦乱の時代へ。

そして、激動の歴史の渦は、多くの男たち、多くの女たちを巻き込み、その運命を

大きく変えていくことになるのです。

本日の「天下動乱」、お楽しみに(^o^)







          告  知

きたる12月6日(土)、名古屋市中区二の丸(名古屋城内)

愛知県体育館で開催されます「福祉の就職合同説明会」

に私たちも参加いたします。

多数のみなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 
 日時 12月6日(土)13:00~16:15
             (求職者受付は、15:45まで)

 会場 名古屋市中区二の丸1-1 

     愛知県体育館


     採・用・情・報

 

○現在、私どもでは、2015年4月採用にむけての学生の皆さんの

施設見学会を実施中。福祉系学部出身者に限らない幅広い採用を考えて

おります。


中途採用については、本CBネットにて募集しています。

待遇面や働き方については、これまでの勤務履歴や保持資格などによって

個人差があり、インターネット上の情報だけでは説明しづらい面があります。

施設見学や御説明など、随時、柔軟に対応してまいりますので、

お気軽にお電話等にてお問い合わせください。お待ちしております!! 


○リクナビ進学に当施設の若手介護職員が登場!!

  詳細は下をクリック!!(動画あります)

 

 リクナビ進学・日本福祉大学中央福祉専門学校

 

○リクナビ2015はコチラ!





○第二尾張荘デイサービスセンターでは、

 パート介護職員さんの募集を行っています! 

 働き方は、短時間パートからフルタイムまで。

 一日4時間から勤務可能。

 勤務曜日は応相談。運転免許必須。

 

○第二尾張荘では、正規看護職員さんを

 募集しています。

 月5~6回程度のオンコールができる

 正看護師さん、准看護師さんが、

 対象となります。

 

 また、パート看護師さんも募集開始。

 ①朝7:00から半日ほど入っていただける方

 または、

 ②午後、18:00まで入っていただける方

 2パターンです。

 なお、①の終了時間、②の開始時間は

 ご相談に応じます。


 以上、詳細は、

 第二尾張荘採用担当者まで

 お気軽にお電話下さい!!

 (TEL 052-794-1611)

















トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

決・戦・前・夜~『軍師官兵衛』を語ろう

病院名:

社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。


先日の放送分で、ついに太閤秀吉がその波乱の生涯を閉じました。


それは一つの時代の終わりを告げるものであり、また、新たな動乱の

時代の到来を告げるものでもありました。


晩年の秀吉については、一般的にはあまり評判がよくありませんね。

司馬遼太郎さんは大阪の出身らしく、三英傑の中では秀吉贔屓だったようですが

(逆に家康は嫌い)、秀吉を主人公にした『新史太閤記』では、晩年の秀吉をあえて

描いていません。これは秀吉の人間的魅力を描くという小説の主題がブレてしまうから

とも言われていますが、今回のドラマでは、晩年の秀吉の負の部分を描きつつ、しかし、

演じた竹中直人という役者が持つ天性の愛嬌からか、嫌悪感を持つような印象には、

結果としてはなりませんでしたね。

私個人としては、もっと残忍で醜悪な秀吉でもよかったかなあと思うのですが。


この間、無謀かつ無益だった二度にわたる朝鮮出兵、石田三成ら若手官僚派の

台頭による豊臣政権の変質、三成ら官僚派と加藤清正・福島正則ら武断派との

対立の芽生え、茶々が跡取りの秀頼を産むことによって引き起こされた秀次事件など

が描かれますが、そんな中で官兵衛は、対立する三成の姦計によって秀吉の勘気を

こうむり、有岡城幽閉以来の最大のピンチを迎えます。


しかし彼は、剃髪した姿で秀吉の前に姿を現わして、「如水円清」と名を変えたと

告げ、命乞いして秀吉の怒りをかわし、嫡子長政に家督を譲った隠居の身ながら、

別に禄を与えらえ、ふたたび秀吉の軍師として臣従する道を選ぶのです。


さて、今回の黒田ならぬ岡田官兵衛改め如水は、ジャニーズ的には絶対頭を剃らないだろう

と予想していました。

過去の大河でいうと、最近では、『風林火山』の山本勘介役の内野聖陽と武田信玄役の

市川亀次郎(現・市川猿之助)が剃髪、また、『平清盛』では清盛役の松山ケンイチが頭を

丸めています。その昔、仲代達矢が『新平家物語』で清盛に扮した際も、剃髪していたと

記憶します。

でも、一応、アイドルですからね。それに、スタッフロールの中に、有名な特殊メイク

アーティストである江川悦子さんの名があったので、きっと特殊メイクで表現すると思って

おりました。


最初に如水として登場した際、そのあまりの見事さに「なんと完成度の高いスキンヘッド

のメイクだろう」と感心したのですが、その後、ネットで調べたら、岡田君、ちゃんと剃って

いたんですね。そりゃ、リアルなはずだ(^◇^)

そういえば、『永遠の0』でも坊主頭でしたし、役者としては抵抗ないんでしょうね。

キムタクなら、さあどうでしょうか。きっと剃らないでしょう・・・。

蓄えた髭も併せて、とても雰囲気がイイ。まさに名軍師という風情になってきました。

ドラマも最後の山場に差し掛かり、これからラストへの展開がとても楽しみですね。



さて、ここからは、秀吉の晩年に関する異説をご紹介しましょう。


唐突ですが、みなさん。

それまで子宝に恵まれなかった秀吉が50を過ぎて、本当に実子が生まれたとお思い

でしょうか。信長の姪との間だけに都合よく二人も(しかも男児)が生まれるなんて

いうことがはたしてあるでしょうか。

つまり、茶々(淀殿)が生んだ捨(鶴松)、拾(秀頼)は、本当に秀吉の子だと思いますか?

ということです。


こうした疑問は、実は同時代からあり、茶々の乳兄弟だったとされる大野治長が本当の父親

だったのではないかという説は今日でも比較的よく知られています。

私も小学生時分(子どもの作り方を知らない頃)から、歴史の本で読んだ「秀頼≠秀吉実子

説」を知っていましたし、ずっとありうることだろうなあと思っていました。

しかしこの問題は、これまで学問の世界ではまともに受け止めらずに黙殺されてきたきらいが

ありましたが、その状況に風穴を開けたのは、九州大学大学院教授の服部英雄氏です。

名古屋市出身で、わたしは『史跡をゆく』などで、たびたび『昭和30年代 濃尾平野とその周辺

の中世城館』などの著作を引用、参照してきました。

服部氏は平成24年に上梓され、第55回毎日出版文化賞を受賞した『河原ノ者・非人・秀吉』

(山川出版社)所収の第九章・十章において、秀吉の出自について大胆な仮説を唱えておられ

ますが、それにつづく第十一章では、「秀頼の父」と題して「秀頼秀吉非実子説」を展開されて

います(秀吉の出自については、『史跡をゆく』で紹介しています)。


詳細については、ぜひ同書をご覧いただきたいのですが、服部説を要約すると、以下のように

なります。



そもそも、秀吉は医学的には秀頼の父親であった確率は限りなくゼロに近い。

彼には沢山の妻妾がいたが、茶々との間にしか子が生まれていない。

それまで、彼には実子がいた形跡がない。

長浜時代に夭逝した実子がいたという伝承があるが、誤伝であろう。

側室の多くは、秀吉の側に侍る前に出産を経験している。

あるいは、秀吉のもとを離れ、別の男性との間に子をなしている。

それからすると、彼には子種がなかったと考えざるを得ない。

これは当時から皆が思っていたことで、宣教師ルイス・フロイスも、その著書

『日本史』の中で「彼には子種がなく、多くの者はその息子は彼の子どもではないと密か

に信じていた」「多くの者は信長の妹の娘との間に男児が生まれたことを笑うべきこととし、

関白やその兄弟、ふたりの甥にいずれも男児がいないことから、その子どもが関白の子

であると信じる者はなかった」と書いている。

また、毛利家の同時代文書には、さきほども書いた大野治長と淀の密通が書かれており、

江戸時代には、尾張藩の学者によって「秀頼の父親は、淀が寵愛した法師である」という説

も唱えられている。

一方で秀吉は多くの養子養女を抱え、正室の北政所(寧)ともども、

とても可愛がって育てたという。実子でなければ可愛くないということはない。

ここで服部氏が唱えたのが、「非配偶者間受精」という考え方である。

氏は、民間事例の中にそのヒントを求めた。

子の居ない夫婦が寺社に通夜参篭して神仏の加護によって子を授かるという

ことが広くあった。その実態は、宗教的空間における宗教的陶酔の中で行われる

自由な男女の交情の場だったという。つまり、闇の中、性交渉の相手を変えることで、

子を成したのである。その子は夫婦の子として育てられた。

秀吉は、茶々をして、こうした方法を利用し、別の男性と交渉させて、最初の子である

捨(鶴松)を産ませたのではないか。

そして、自分との間の子として大々的に天下に喧伝した。

多量に金銀もばらまき、奉祝ムードを盛り上げた。

しかし、鶴松は夭逝。

茶々は3年後に次の男児である拾(のちの秀頼)を産むのである。


服部氏は秀頼の懐妊時、秀吉は朝鮮出兵で多忙であり、肥前名護屋にいることが

多く、茶々はずっと大坂におり、秀吉と接触する機会はなかったとする(秀頼実子説

を唱える研究者は、秀吉は肥前名護屋へ茶々を伴っていたとする)。

このころ、男たちの多くが渡韓あるいは名護屋在住で、大坂城内は風紀が

弛緩していた可能性がある。そんな状況下で、茶々は秀吉の許しを得ず、勝手に

子を成したのではないか。これは秀吉に対する裏切り、不義密通である。

秀吉は、北政所に対して「生まれる子は茶々一人の子でよい」」

と書状に書いている。また、秀吉は茶々・拾母子と一刻も早く対面したいという

感じではなかった。

なによりも、母子との対面後、茶々の周囲では陰惨な出来事が続くのである。

秀吉留守中に起きた不祥事によって、唱門師(声聞師・陰陽師)が追放される。

ついで、茶々周囲の側近女性たちや仏僧たちが大量に粛清された。

茶々には直接の咎めはなかったが、秀吉の怒りにふれ、心底恐ろしかった

であろう。

服部氏は、この際に、拾の生物学的な父親が殺されたとみる。

ルイス・フロイスは「関白の宮殿の女たちの間で多くの混乱、不行跡があり、

多数の男女と仏僧が死刑に処せられた。生きたまま火あぶりにされたり、斬られたのは

30名を超えた」とし、「これらの僧侶たちがきわめて贅沢な生活をしている。それに

対して兵士たちは朝鮮にわたり、命を失っている。僧侶たちは人目のつかぬところで、

女たちと数知れぬ紊乱、破廉恥な行為に耽っている」という秀吉の怒りを書き残している。

しかし、結局、秀吉は、茶々が自分のあずかり知らぬところで産んだ子を、自分の世継ぎ

としたが、秀次事件もこうした視点でみると見方が変わってくる。

秀次は鶴松夭逝後、秀吉の正式な後継者となり、関白を譲られた。

しかし、ここに拾が生まれた。しかも、これが不義密通の末に生まれ、

その子が秀吉の世継ぎとされたことが、秀次には我慢ならなかったのではないか。

これが秀次一族の皆殺しという惨たらしい事件に発展したのではないか。

そして、のちの関ヶ原合戦において家康に付き従った秀吉子飼いの武将たちや、

北政所の甥で秀吉の養子として可愛がられながら、秀頼誕生によって小早川家に養子

に出された秀秋(関ヶ原合戦の戦場で裏切りを演じた)にも、受け入れがたい感情が

残ったのではないか。それが彼らの行動を決定づけたのではないか。




以上が服部氏の仮説です。

歴史学者らしからぬ大胆な発想の飛躍もありますが、服部氏は誰もが知る史料を

常識に立ち返って読み直し、また、フィールドワークによって得られた民間伝承

などの知見を駆使して、この推論を組み立てています。

決して奇をてらったものではないとわたしは思っています。


今回のドラマでは、若手注目女優の二階堂ふみが小悪魔的な茶々を存在感たっぷり

に演じていますが、彼女のフィルモグラフィから来る先入観から余計に茶々を

蠱惑的に見せています。

服部氏が書いているように、茶々は決して貞淑な女性ではなく、若いですし、

同時代から囁かれたように、性的に奔放であったとして不思議ではありません。

西洋の十字軍にしろ、夫が戦争で留守中に妻が浮気をするということはよく

あることで、浮気は何も男だけがするのではないということがいえます。

いわば、戦国版『昼顔』ですな(^◇^)


服部仮説の当否については、ぜひ同書をお読みいただき、個々人でご判断いただく

ほかありませんが、いずれにせよ、老いさらばえた権力者が、自分が崇敬しつづけた

人物の血を引く若く美しい姫に自分の子を産んでほしい、そしてその子を自分の世継ぎとして

喧伝することの政治的意義、何よりも男として、その計略の抗いがたい魅力に取りつかれて

しまったがために引き起こされた一連の悲喜劇と見ると、なんとも恐ろしい話であり、

独裁的な権力者がいかに多くの人々の運命を左右するものかを考えると、秀吉という人物の

見方が大きく変わってくる気がします。

ただし、晩年の秀吉がどの程度自分で意思決定を行っていたかというのも長年の疑問で

はあります。三成ら、周囲の官僚たちが秀吉の権威を利用して自分たちの都合よく国政を

左右していたようにも思われます。現に、今回の石田三成は、そのような描かれ方をされてい

ますね。そうした意味では、晩年の秀吉の振る舞いや歴史的決断は、彼一人の責任に負わせる

べきものではないのかもしれません。


この後、ドラマは天下分け目の関ヶ原への進んでいきます。

これによって、如水や長政、そして女たちの運命も大きく変わっていくことになります。

放送も残すところあとひと月余り。最後までしっかり見届けたいものです。







     採・用・情・報

 

○現在、私どもでは、2015年4月採用にむけての学生の皆さんの

施設見学会を実施中。福祉系学部出身者に限らない幅広い採用を考えて

おります。


中途採用については、本CBネットにて募集しています。

待遇面や働き方については、これまでの勤務履歴や保持資格などによって

個人差があり、インターネット上の情報だけでは説明しづらい面があります。

施設見学や御説明など、随時、柔軟に対応してまいりますので、

お気軽にお電話等にてお問い合わせください。お待ちしております!! 


○リクナビ進学に当施設の若手介護職員が登場!!

  詳細は下をクリック!!(動画あります)

 

 リクナビ進学・日本福祉大学中央福祉専門学校

 

○リクナビ2015はコチラ!





○第二尾張荘デイサービスセンターでは、

 パート介護職員さんの募集を行っています! 

 働き方は、短時間パートからフルタイムまで。

 一日4時間から勤務可能。

 勤務曜日は応相談。運転免許必須。

 

○第二尾張荘では、正規看護職員さんを

 募集しています。

 月5~6回程度のオンコールができる

 正看護師さん、准看護師さんが、

 対象となります。



 以上、詳細は、

 第二尾張荘採用担当者まで

 お気軽にお電話下さい!!

 (TEL 052-794-1611)




























トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

太・閤・薨・去~『軍師官兵衛』を語ろう

病院名:

社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘

カレンダー

2017年9月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘
〒463-0006
愛知県名古屋市守山区川東山3321
TEL:052-794-1611
FAX:052-791-6712


最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

2014-11-25 16:17:08
特・撮・詳・説 (指定なし(ブログ))
By ガメラ:名古屋市科学館の「特撮博物館」情報(1/2) 2014/11/25
2014-11-06 17:58:28
特・撮・殿・堂 (指定なし(ブログ))
By ガメラ:名古屋市科学館の「特撮博物館」情報(レポ記事編) 2014/10/06

携帯版

リンク