社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘

愛知県名古屋市守山区にある『社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘』のブログ

08
2017-08

台・風・一・過

投稿時間 : 14時00分00秒

カテゴリー : 防災ブログ・迅速果断

ジャンル : 日記





昨日東海地方を席巻した台風5号は各地に大きな爪痕を残し、

これを書いている昼前の時点で、朝方パラついていた雨がようやく止み、吹き返しの風

だけが残っている感じです。

ご覧のように、折れて地面に落ちたソメイヨシノの枝が昨日の風の強さを物語っています。


昨夕はちょうど帰宅時間帯に風雨が強まったために、傘がまったく役に立たず、

自宅近くのバス停から3分程度歩いたところ、全身ずぶ濡れになってしまいました(*^_^*)

みなさんは帰宅時大丈夫でしたか?


今回の台風5号は発生したあと海上で迷走を続け、その間エネルギーをため込んだとあって

かなり大きな勢力をもって日本各地を襲いました。

風も強かったですし、一時的な降雨量はその土地の1か月分のそれに相当するほどで、

今後土砂災害の発生も心配されます。

これから秋の訪れまで、こうしたことがたびたび起こるのは間違いありません。

昨日県内東三河の豊橋市で発生したような竜巻のような突風も身の危険を感じてコワイですが、

自然災害はそもそも人智の及ばざる恐るべきものであるということを、常に肝に銘じて

おかねばならないというほかないでしょう。







トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

台・風・一・過

病院名:

社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

07
2017-08

台・風・接・近

投稿時間 : 09時34分33秒

カテゴリー : 防災ブログ・迅速果断

ジャンル : 日記





先日おつたえしたとおり、鹿児島県・奄美地方を席巻し、50年に一度という大雨をもたらした

台風5号は、その後自転車並みの速度で北東方面に進行し、本日東海地方に最接近する

公算大です。

台風の進路上に当たる地域のみなさんは、不要不急の外出を控える一方、

浸水や土砂災害の危険性が高い地域に居住している方々は、早め早めの避難行動を

心がけてください。



これから雨風共に強まってくると思われますので、くれぐれもご油断されませんよう。




トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

台・風・接・近

病院名:

社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

19
2017-07

雨・柱・目・撃

投稿時間 : 14時00分00秒

カテゴリー : 防災ブログ・迅速果断

ジャンル : 日記




知らない間に、このメディカルブログのログイン画面が変わっていて、少しびっくり。

特に今月は、更新をサボり気味でしたからね。いかんいかん。


先週から今週にかけて、異常気象的な天候が日本各地で見られ、

連日メディアで報道されているが、前回書いたように、我が家の近所・五条川一帯

全国ニュースに登場して、何やら複雑な気持ち。

幸い、雨が長時間にわたって降り続かなかったので、五条川の氾濫も限定的に収まり、

翌日付近を通りかかるとすっかり引いていたので一安心だったが、

今の日本では、あのようにきわめて局地的に豪雨が降るというのは珍しいことではなく、

どこであってもそれについての備えをしておかねばならないということである。


さて、三連休の最終日だった海の日、家族で奈良方面へ出かけた。

メインは「乙巳(いっし)の変」(「大化の改新」のきっかけとなった宮中クーデターで、

中大兄皇子、中臣鎌足らによって、時の権力者・蘇我入鹿が暗殺された事件)

の謀議の場になったとされる奈良・多武峰(とうのみね 現・談山神社の界隈)である。





機会があれば「史跡をゆく」で取り上げたいと思っているが、春からずっと行きたかった

ここを訪れた後、山を下って明日香(石舞台古墳と飛鳥寺)を巡った。

多武峰山の上の涼しさとは一変、明日香界隈の暑さといったらなく、まさにうだるよう

だった。





家路につく際、カーナビが示す東名阪道(夕方、亀山~四日市が恒常的に渋滞する)ではなく、

スマホのグーグル検索で示された経路辿ってみようということになり、それに従い大阪方面へ

迂回、そこから名神高速へ抜けて帰ったのだが(距離は長くなったが、時間1時間半以上

短縮され、大正解だった)、大阪から京都方面へ向かう途中、

助手席のカミさんが車窓の左手の空に異様な物体を見つけて声を上げた。

目をやると、ちょうど京都市中心部上空に大きな黒い雲が湧きたち、街との間に灰色の柱が

立っているように見えた。

一瞬、竜巻か?とも思ったが、どうやら違うらしい。

それは世間でいうところの「雨柱(あめばしら)」で、そのことは帰宅後の「報道ステーション」

で知ったが、当時京都市街に猛烈な雨が降り注いでいる証左だった(写真が撮れなかった

のがとても残念)。

直後、われわれの車は名神へ抜ける京滋バイパス上を通過中、眼前の山の上に見えた

別の雷雲へ突入、トンネルを抜けると猛烈な雷雨に見舞われ視界はほぼ5m、

ワイパーが全く役に立たず、時速2,30kmの徐行運転で大変な思いをしたのだが、

それにしても、これほどクッキリと局地的豪雨の境界を視認できるとは思わなかった。

とある気象予報士が情報番組で話していたが、この時期、常に上空の雲の様子に注視して

おく必要があるという。

あっという間に上昇気流が発生し、入道雲が誕生、その地域に突如として大雨を降らせる。

そして、雷や突風も発生する。

繰り返すが、こうした現象は、日本のどの場所でいつ発生しても不思議ではないのである。





トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

雨・柱・目・撃

病院名:

社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘

カレンダー

2017年9月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘
〒463-0006
愛知県名古屋市守山区川東山3321
TEL:052-794-1611
FAX:052-791-6712


最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

2014-11-25 16:17:08
特・撮・詳・説 (指定なし(ブログ))
By ガメラ:名古屋市科学館の「特撮博物館」情報(1/2) 2014/11/25
2014-11-06 17:58:28
特・撮・殿・堂 (指定なし(ブログ))
By ガメラ:名古屋市科学館の「特撮博物館」情報(レポ記事編) 2014/10/06

携帯版

リンク