社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘

愛知県名古屋市守山区にある『社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘』のブログ

25
2014-05


ひさしぶりの更新ですねえ。

ゆとりーとラインは、通勤時に必ず使っている

交通機関なのですが、今回取り上げる「川宮駅」は、

めったに利用したことがなく、書くべきネタが、実は

あまりありません( 一一)

で、泥縄でいろいろと調べてみました。


前回取り上げた「金屋駅(旧守山市民病院駅)」を過ぎて、

そのまま高架軌道は北上します。眼前には庄内川を挟んで

隣接する春日井市に所在する某巨大製紙プラントの煙突が見えます。

ふと、右の車窓の彼方に目を転ずると、住宅地の家並の向こう、

小高くなった断崖の上に立っている7階建てのマンション風の

建物が目につきます(写真ではわかりにくいですねえ)


これは、某有料老人ホームの建物なのですが、

実は、小牧・長久手合戦の際、織田信雄・徳川家康連合軍が

三河方面へのつなぎの城として使った、小幡城の本丸に

当たります。この城については、いずれ、ゆっくり、

「史跡をゆく」で。(^-^)


その奥に見える密集した木立は、生玉稲荷神社(小幡中3丁目)。

生玉さんは、施設から初詣にも出向くお稲荷さんです。

今回はじめて検索した同社HPによれば、創建は1200年ごろとのこと。

名古屋地区最大級の稲荷神社で、戦国時代の天正初期には、

信長の甥であった織田源三郎がこの社を城内守護神として奉祀したといいます。

また、「小牧・長久手合戦」の際、小幡城に入城した

徳川家康が、織田源三郎の家臣より、この稲荷の霊験を言上され、

社が立つ稲荷山の竹から旗竿を作って献上したところ大いに喜んだ

との逸話があるそうです。

小幡城址と現在の社域は、現在、県道守山西線をはさんで

隔たれていますが、同社HPの内容を信ずれば、

生玉さんは、もともと小幡城々内(あるいは城郭に隣接して)

にあったということになります。

毎日のようにガイドウェイバスの車窓から小幡城と生玉さんの両方を

眺めていると、両者がまったく別物には思えなかった(稲荷山自体が

有事には城郭として機能したのではないかとも思えてくる)ので、

自分の空想が正しかったように思われて、ちょっとうれしいですねえ。

ゆとりーとラインは、バスとはいっても、一般道より高い位置を走っている

ため、鳥瞰的に地域を見ることができるという点で、実に面白い

交通機関であるといえますね。あ、話が逸れました(*^_^*)


私が長く疑問だったのは、川宮の地名由来です。

地元の職員にきくと、この「宮」とは、

「川嶋神社」のことではないかというのですが、

現在の行政区分でいえば、この川嶋神社は

となりの川村町域に入ります。

でも、ほかに該当する大きなお社がなさそうなので、

たぶん、ココなのでしょう。

ちょうど、ゆとりーとラインが、大きく北東方面へ

カーブする付近の右眼下に社域が見えます。






で、調べてみると、これが実に歴史が古い。

創建は、大同2年(西暦807年)。

平安遷都が794年ですから、平安時代初頭。

空海や最澄らが活躍していたころといったら

わかりやすいでしょうか。

御祭神は、古事記で知られるイザナミ、ヤマトタケル、

スサノオなど、そうそうたる神々。

これを見ると、とても霊験あらたかな気がします。

境内社も、神明社、金毘羅さんなど、多数。

一度もお参りしたことがなかったので、この機会に、

写真撮影がてら、今回初めて参拝。

どうかご利益がありますように(^^)/


あ、忘れてた・・・川宮駅の西には、私が大好きな

スーパードライを作っている(ハズ)、

アサヒビール名古屋工場があり、工場見学ができます。

試飲もできるみたいなので、興味のある方は、是非。

また、川宮駅の東にある焼肉屋「やおや」さんは

おいしくてオススメのお店ですよ


つぎは、お隣の川村駅に停まります。



   採・用・情・報

 

○現在、私どもでは、2015年4月採用にむけての学生の皆さんの

施設見学会を実施中。福祉系学部出身者に限らない幅広い採用を考えております。

また、今春に卒業を迎えられるみなさんについても募集中です。

なお、新卒採用の詳細については、「リクナビ2015・愛知玉葉会」をご覧ください。

中途採用については、本CBネットにて募集しています。

待遇面や働き方については、これまでの勤務履歴や保持資格などによって

個人差があり、インターネット上の情報だけでは説明しづらい面があります。

施設見学や御説明など、随時、柔軟に対応してまいりますので、

お気軽にお電話等にてお問い合わせください。お待ちしております!! 

 

○リクナビ進学に当施設の若手介護職員が登場!!

  詳細は下をクリック!!(動画あります)

 

 リクナビ進学・日本福祉大学中央福祉専門学校

 

リクナビ2015は、コチラ!

 5月31日(土)開催予定の施設見学会の情報あり!


   

○第二尾張荘デイサービスセンターでは、パート介護職員さんの

 募集を行っています!

 

 働き方は、短時間パートからフルタイムまで。

 一日4時間から勤務可能。 勤務曜日は応相談。

 運転免許必須。

 



 以上、詳細は、第二尾張荘採用担当者まで

 お気軽にお電話下さい!!



トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

ガイドウェイバスの車窓から~川宮編

病院名:

社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

12
2013-10

“夢のゆとりーとバスに乗って”

投稿時間 : 15時00分00秒

カテゴリー : ゆとりーとライン沿線ガイド

ジャンル : 日記

 

こんにちは。ショートママです。

今日は、ショートステイご利用中のO様という

女性利用者の方にまつわるお話です。

 

O様は、以前から、ショートステイフロアの窓からから高架駅(上画像・小幡緑地駅)

が見える「ゆとりーとライン」(ガイドウェイバス)に乗ってみたいと何度も何度も

私たちに行ってみえました。

 

ゆとりーとラインは、私たち健常者にとっては、いつでも乗れるバスです。

しかし、O様には違います。

長距離の移動に車椅子介助が必要となったO様にとっては、乗ることが難しい

「夢のバス」になってしまったのです。

そんなO様の念願をかなえて差し上げようと、今回、私が付き添って、

ゆとりーとラインでの外出が実現しました!

 

天気は幸い晴天。

まずはS主任にリフトカーで施設正面の駅まで送迎してもらい、

いよいよバスに乗車。ゆとりーとラインの軌道上で運用されているバスには

車椅子対応車両と非対応車両があって、今回はリフト対応バスに乗ります。

 

 

ゆとリーとラインは、小幡緑地から大曽根駅までの間は高架式の軌道上を

走るため、とても景色が良いのです。

O様は、車窓からの景色を眺めながら、「うれしい、ありがとう」と涙ぐんでみえました。

こうして約10分間の高架上のドライブの末、「ナゴヤドーム前矢田駅」で

下車、そこから「イオンモールナゴヤドーム前」にてショッピングを楽しみ、

ふたたびバスで小幡緑地駅まで帰りました。

 

今回、O様の付き添いをさせていただき、車椅子介助でリフトバスに乗るという

経験もできて、私自身いろいろと勉強になりました。

 

バスの運転手さん、乗客のみなさん、そして、施設職員のみなさん。

ご理解・ご協力いただき、感謝いたします。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 



 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

“夢のゆとりーとバスに乗って”

病院名:

社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

03
2013-07



デイサービスセンター看護職員 急募!!

 

系列の天子田デイサービスセンターでは、

9:00~16:45で入っていただける

看護職員(看護師・准看護師)を募集しております。

ご興味のある方は、採用本部の第二尾張荘まで

お気軽にご連絡ください。お待ちしております!!


相変わらず、このカテゴリー、忘れがちです。

昨年スタート以来、ようやく矢田川を渡って守山区内に

辿り着いたものの、以来、3カ月が経過しています。

新年度に入って、新型車両を紹介したことはありましたが

それにして久しぶりの更新です。

 

さて、冒頭にUPしたのが、先回少し書いた、

新年度から採用された新型車両。ハイブリッド車です。

屋根の「Hybrid」とロゴの入った箱状の部分が蓄電池かモーターなんでしょうか??

車体価格は、乗用車と同様、通常のバスの2.3割増し?

 

 

そのバランスを取るかのように、車内のインテリアはとても質素。

シートのランクは、以前の車両と比べて、相当落されており、

座り心地はイマイチ?また、従来の車両に付いていたカーテンも

思い切って省かれています。ある意味で潔いかも。

その代わり、立ち乗りの乗客が走行中に掴まるための

安全バーの類い(オレンジ色の部品)が各所にあり、

視認性も高く、ここは配慮が行き届いているかな?と思いました。

 

 

さて、新車両のご紹介はこれくらいにして・・・

 

今回ご紹介する駅は、「金屋」。

実は、この3月までは「守山市民病院」という駅名でした。

 

守山市民病院は、以前から赤字経営が続いていて、統廃合の噂が度々あり、

市民団体による反対運動もおこっていました。

近隣の人々にとっては、総合的に見てくれる同院の存在は

とても大きなもので、私も生活相談員時代、仕事で何度も訪れました。

一時、名古屋市立の各病院の機能分化が進んで、

同院は名古屋市立東部医療センター(旧東市民病院)の

分院的扱いとなり、ホスピス機能を持たされたりもしたのですが、

結局、平成25年3月31日をもって閉院となり、

医療法人いつき会に譲渡され、同会が「守山いつき病院」として

開院したのです。駅名の変更は、これに伴うものです。

 

新たな駅名となった「金屋」ですが、付近をさす古い地名から来ています。

古くは「金屋坊」といっていました。郷土史関係の文献を見ると、

この付近には鍛冶職人がたくさん住みついていたことから

こうした地名が残ったのだそうです。

考えてみれば、守山城のすぐ近くですから、戦国時代には

刀剣を扱う鍛冶屋が住んでいても不思議ではありませんね。

今はそうした面影はありませんが・・・

 

ちなみに、旧守山市民病院の近くにあるから駅の旧名になっていたのですが、

私が知っていた女性のケースワーカーさんは、いつも守山駅で降りて歩いてみえました。

実際に歩いたことがないのでわかりませんけど、守山駅の方が、南側にある

病院玄関にはなんとなく近いような・・・実際に現地に行くと分かるかと思いますが、

地形的いうと、金屋駅は高台の上にある守山駅(および自衛隊守山駐屯地、旧市民病院)

よりも低い位置にあって(北へ向けて下り坂になっており、金屋は台地から下った場所である)、

金屋駅を降りて病院方面へ行こうとすると、逆に坂を登っていく形になるため、平坦な道で

病院に行ける守山駅の方が歩きやすいのかもしれません。 

今「いつき病院」にお勤めの職員さんたちは、どうされているのでしょうね?

 

 

 

次は、「川宮」に停まります。

 

 


7月6日(土) 7月11日(木)の両日、

 (予定時間は、13:00~16:00)

第二尾張荘において、施設見学会・面接会を開催!

 

募集職種は、

      介護職員(来春新卒含む)

      管理栄養士(事務員兼 来春資格取得見込含む)。

 

学生さんは、リクナビ2014からエントリーを!

中途採用の方は、第二尾張荘まで直接ご連絡ください!

 

なお、7月6日は現時点で既に多数のお申し込みを

頂いております。お申込みいただいたみなさま、

誠にありがとうございます。

これから申し込まれる方、穴場は、7月11日です(!!)

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

ガイドウェイバスの車窓から~金屋編

病院名:

社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘

カレンダー

2017年9月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘
〒463-0006
愛知県名古屋市守山区川東山3321
TEL:052-794-1611
FAX:052-791-6712


最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

2014-11-25 16:17:08
特・撮・詳・説 (指定なし(ブログ))
By ガメラ:名古屋市科学館の「特撮博物館」情報(1/2) 2014/11/25
2014-11-06 17:58:28
特・撮・殿・堂 (指定なし(ブログ))
By ガメラ:名古屋市科学館の「特撮博物館」情報(レポ記事編) 2014/10/06

携帯版

リンク