社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘

愛知県名古屋市守山区にある『社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘』のブログ

22
2017-11

愛・用・長・靴

投稿時間 : 14時00分00秒

カテゴリー : 40 Papa's Fashion Column

ジャンル : 日記


共に20年選手。

まだまだ現役です。



久しぶりのファッションネタを。

それにしても、急激に寒くなりましたね。

先週から週明けにかけて、もうほとんど冬の気候ですが、こうなってくると、

ブーツに足を通すことが増えてきます。

昨日、レッドウイングのエンジニアブーツを履いて出勤したら、Y相談「特命」係長の

それと丸カブリ。

なので、昼休み時に、2つを並べて写真を撮りましたよヽ(^o^)丿

左がYくんの、右が私のです。

Yくん的に、このブーツにはいろいろな思い出があるそうで、

私は知っていますが、「オトナの事情」でそれについては伏せておきます(^○^)

気になる方は本人に聞いて下さいネ。

私の場合は第二尾張荘に就職したころ、平成7年~8年あたりに、

今は無き大須のアマポーラというアメカジ系ショップで購入したもの。

いずれも「イイ面構え」してますね(自画自賛)。

特にYくんは若いころからバイク乗りですから、使い込まれ、ストラップもリペアされた

リアルバイカーな味が出ている。

私はバイクは乗りませんが、ガレージ作業やガーデニング、日曜大工で愛用しており、

ペンキなどのシミがついていて、こちらはリアルワークで酷使された味が出ております。

私はこのブーツについては補色をしておらず、この当時のRW社・黒レザーの特徴

である「茶芯」(表面の塗装面が剥離すると、茶色の下地が姿を現わすが、現行のものは

グレーの下地になっており、エイジングのニュアンスが随分変わってくる)が何とも言えない

味を醸し出します。

二人にとって、これまでの人生の思い出がたくさん詰まった大切なブーツ。

お互い、カミさんよりも長い付き合いの相棒です。

おそらく、死ぬまで手放せない一足でしょう。

ちなみに私は、近々コイツのカスタムを計画中。

せっかくの茶芯を活かして、ソールを茶色のリアルレザーとビブラムソールのコンビに

コンバート、クラシカルな風貌へ変えてやろうと思っております。

きっと惚れ直すぞ。

そういえば今秋、同じくレッドウイングのペコス・ローパーを、歩きやすさを考慮し、

このようにホワイトソールへ換装。




コイツも20年近く履いている愛着深い相棒。

もとはウエスタンブーツっぽいヒールの付いたソールだったのですが、

ホワイトソールにしたら、品のイイ可愛らしさも備わって、全く別物になった

みたいでイイですね。ネイティブアメリカンっぽいコーデで活躍しそうです。


何にしても、私たちブーツ・ラヴァーにとっては最高の時期到来です!!




トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

愛・用・長・靴

病院名:

社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘

カレンダー

2017年12月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

プロフィール

社会福祉法人 愛知玉葉会 第二尾張荘
〒463-0006
愛知県名古屋市守山区川東山3321
TEL:052-794-1611
FAX:052-791-6712


最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

2014-11-25 16:17:08
特・撮・詳・説 (指定なし(ブログ))
By ガメラ:名古屋市科学館の「特撮博物館」情報(1/2) 2014/11/25
2014-11-06 17:58:28
特・撮・殿・堂 (指定なし(ブログ))
By ガメラ:名古屋市科学館の「特撮博物館」情報(レポ記事編) 2014/10/06

携帯版

リンク