東洋薬品株式会社 つがやす薬局

北海道帯広市にある『東洋薬品株式会社 つがやす薬局』のブログ

投稿時間 : 18時00分00秒

カテゴリー : 帯広 東2条店

ジャンル : 日記


こんにちは。

大会において、アンチ・ドーピング活動を行うYが大会の概要についてご紹介致します。

 

今回で第8回目を迎えます「冬季アジア大会」は、2月19日~26日(一部競技は先行開催)まで札幌・帯広にて行われます。開催までのカウントダウンや開催を知らせるポスターが街に溢れています。

 

DSC00974.JPGDSC00977.JPG

 

 

札幌駅前南口

 

 

帯広駅出入口

 

 

さっぽろ雪まつり会場

 

 

<冬季アジア大会とは>

    何のために開催されるのか?

アジア地域における冬季スポーツの振興・発展、競技力向上のために行う。

   

   主催者は誰か?

     アジア・オリンピック評議会(OCA)

 

      アジアの45の国と地域が加盟。

      アジア地域を対象として国際競技大会を

      原則4年ごとに夏季・冬季に開催。

「アジア地図」の画像検索結果

 

簡単にいうと、「冬季オリンピックのアジア版」です。

 

ここで、アジア冬季競技大会の歴史について触れたいと思います。

 

 アジアの総合競技大会としては、

1951年 第1回大会  インド ニューデリーで開催

1954年 第2回大会  フィリピン マニラで開催

       以後4年毎に各国持ち回りで行われ、

1998年 第13回大会  タイ バンコクで開催

 

かつてはアジア競技連盟(The Asian Games Federation = AGF)(コーヒーメーカーではありません)が主催していましたが、1981年11月にニューデリーで行われたAGF総会の際に、AGFが発展的に解消され、主催者はクウェートに本部を置くアジア・オリンピック評議会(The Olympic Council of Asia = OCA)に変わりました。その後、アジア競技大会はOCAの主催によって、各国持ち回りで行われています。

 

1982年のニューデリーでの第9回アジア競技大会の終了後、日本オリンピック委員会(JOC)は、OCAに対して「アジア地域における冬季スポーツの発展のために、冬季スポーツ総合競技大会を開催してはどうか」と提唱しました。

 

この提案をOCAが了承したことによって、第1回大会は1986年に札幌で開催されました。この大会では、スキー、スケート、アイスホッケー、バイアスロンの4競技35種目が実施され7つの国と地域から選手・役員、計430名の選手団が参加しました。

 

次の1990年の第2回大会も結果的に札幌で行われることになり、スキー、スケート、アイスホッケー、バイアスロンの4競技33種目が行われ、前大会を上回る10の国と地域から計441名の選手団が参加しました。

 

1972年札幌オリンピックが開催された時で、35の国と地域から約1600人の選手・役員の参加でした。

本大会は、それを上回る32の国と地域から約2000人の選手・役員が参加することが見込まれています。

冬季アジア大会史上、最大規模の大会

 

今回初めて、ゲスト参加としてオーストラリア、ニュージーランドのオセアニア地域からも参加があります。

 

<開催競技>

関連画像 関連画像 「スキージャンプ 絵」の画像検索結果

   アルペン           クロスカントリー  ジャンプ(男子のみ)

 

「スキーフリースタイル 絵」の画像検索結果 関連画像

    フリースタイル               スノーボード

 

関連画像 関連画像

     ショートトラック          フィギュアスケート

 

関連画像

明治北海道十勝オーバル
帯広の森屋内スピードスケート場
(2/20
23)

 

 

         スピードスケート

 

「バイアスロン 絵」の画像検索結果 「アイスホッケー 絵」の画像検索結果 「カーリング 絵」の画像検索結果

    バイアスロン     アイスホッケー     カーリング

札幌市内各競技会場・帯広市で5競技11種目が開催

 

 

<「冬季アジア札幌大会」が目指すもの>

大会スローガン

Beyond your ambitions
世界につながる、冬にする。

 

大会コンセプト

ウインタースポーツの魅力と、

それを育む豊かな自然のすばらしさを発信し、未来へとつなげる


温かいおもてなしとともに、安心・快適かつコンパクトで

持続可能な大会を目指す


アジアに集う人々がつながり、多様な文化の交流と

理解を育むなかで、友好と平和な世界を広げる

 

 

 

<採火式>

大会開催に先立ち、2月5日に札幌市の大通公園で採火式が行われ、翌6日に聖火リレーが実施されました。会場は、さっぽろ雪祭り前日ということもあり雪像前の舞台で執り行われました。実はこの場所というのは、「第1回冬季アジア札幌大会の採火が行われた所と同じ場所です。」とMCがおっしゃっていました。

 

 

大通公園 雪まつり5丁目会場

 

北海道の先住民族アイヌの古い技法に則って、式は行われました。キノコ類の「サルノコシカケ」を炭にしたものに火打ち石で点火し、乾燥した麻に火を移す段取りです。屋外で風と気温の影響もあり、なかなか火はつきませんでした。

会場の空気は、静かに採火されることをただただ見守る観客、メディアで温かく包まれていました。

 

途中、麻から何回か煙は漂っていましたが、採火には至らずもうダメかと思いましたが、「どうしても火を起こして、明日のリレーにつなげたい」という彼らの思いと観客からの「がんばれ」という声援に後押しされたかのように、予定された時間を大幅に超えて20分後に火がつき、見守っていた観客からは歓声が起こりました。周囲は照明も落とされており、暗かったですので、採火された時は非常に感動的でした。

その感動をブログでは伝えきれないのが残念です。

 

採火をいまかいまかと神妙な面持ちで見守る学生たち

 

採火された瞬間

 

 

採火後のインタビューで、採火に当たった一人は「練習では2時間かけてもつかない時もあった。今日は、時間はオーバーしたが採火できてよかった」と涙ながらに応えていました。

 

会場では採火中、札幌大学でアイヌ文化や言語を学ぶ学生たちが伝統的な衣装を身にまとい、歌と踊りを披露しておりました。その模様が以下写真です。

 

<聖火と聖火リレーの裏話>

オリンピック・パラリンピック、競技大会等でかかせないこの聖火、実は日本人が「聖火」と呼ぶあの火を他の国ではそう呼ばない。

 

IOC(国際オリンピック委員会)の公式用語では、聖火は「Olympic flame」。直訳すると「オリンピックの火」となる。聖火リレーは英語では「torch relay」。「たいまつリレー」という意味になり、味も素っ気もない。中国語では「火炬」などと呼び、ここにも「聖なる」という意味は入らない。

 

 

誰かがあの火を聖火と呼んだ。絶妙な翻訳ではないか。

 

現代オリンピックの起源は、古代ギリシアで行われたオリンピア祭典競技までさかのぼります。古代オリンピックは紀元前9世紀頃と想定されています。古代ギリシアではポリス同士が戦っていましたが、オリンピックの期間は争いを止めオリンピックに参加したそうです。

 

競技場に火をともす古代オリンピックの儀礼が近代になって復活したのは、1928年のアムステルダム大会からです。ただし、この大会ではリレーは行われず、聖火は期間中にスタジアムの塔で燃えていただけでした。

 

 

では、古代オリンピックにはなかった聖火リレーを始めたのは一体誰なのでしょうか?

 

それは、アルドフ・ヒトラーです。「平和のシンボル」という聖火リレーのイメージの対極に位置する人物です。聖火リレーが初めて行われたのは、ナチスが政治利用したことで知られる1936年のベルリン・オリンピックからでした。

ベルリンオリンピックの聖火リレーの様子.jpg

 

ベルリン・オリンピックでの聖火リレーの様子

 

この時リレーは、オリンピアでの採火から始まり、総勢3075人のランナーが1キロずつ走り、開会式当日にベルリンに到着したようです。

 

話を国内に移します。

1964年の東京五輪の聖火トーチを開発したのは、日本工機白河製造所の製造するトーチでした。実は、今回の聖火リレーに使用されたトーチも日本工機のもので、東京五輪で使用された聖火トーチの復刻版です。

 

今回の聖火リレーのテーマが「つながる明日へ」ということでしたので、1964年の東京五輪のトーチから冬季アジア大会へ繋がり、そして2020年の東京五輪へと繋がっていくものと思われます。(そうなってもらいたいという期待も込めて)

 

 

ここで、“アイスブレイク”

五輪の話がでましたので【五輪トリビア】を紹介致します。

 

IOCの公用語はフランス語と英語です。

開閉会式で最初にアナウンスされるのはフランス語で、各国選手団の国名プラカードにもフランス語の国名がトップに書かれています。

IOCでフランス語が特別な地位にあるのは、近代五輪の開催を提唱し、IOCの設立に関わったフランス出身のIOC第2代会長、ピエール・ド・クーベルタン氏の影響が大きいといわれています。五輪のマークを考案したのも彼です。

五輪マーク.png

 

五輪のマーク オリンピック総合情報NEWSトップページより

 

 

 

<帯広会場:スピードスケート競技> 

帯広では、日本を含む計10の国と地域から選手・役員130名が参加予定です。

選手村は、ホテル日航ノースランド帯広で、215日~224日まで開村中です。

競技日程は以下の通りとなっております。いずれも時間は、13:00~開始。

 

スピードスケート標準リンク図.jpg 

http://www.nidec-sankyo.co.jp/skate/content/rule.htmlより

 

 

 

20()

男子:500 m ,5000 m

女子:1000 m ,3000 m

21()

男子:1000 m

女子:500 m ,1500 m
         
チームパシュート

22()

男子:10000 m 
         
チームパシュート

女子:5000 m

23()

男子:1500 m マススタート16

女子:マススタート16

 

来年、韓国の平昌(ピョンチャン)冬季五輪のテスト大会を兼ねた世界距離別選手権、女子1500 m で3位に入った高木美帆 選手や12位の押切美沙紀 選手が出場する女子1500 mが注目です。

また、同選手権女子 500 mで37秒13の日本新記録をマークして、初優勝を果たした小平奈緒 選手も注目です。女子マススタートでは、高木菜那 選手が2位に入り、2大会連続でのメダル獲得でした。

 

マススタート、聞き慣れない種目だと思いますが、これは多数の選手が、1周400 mのリンクを16周して、速さと得点を競う種目です。多数の選手が一斉にスタートするため、最初の周回は加速が禁止されており、2週目の合図から加速が許されます。2018年平昌五輪から正式種目となりました。

 

男子では、帯広市出身の村上右磨 選手、白樺学園高校卒業の長谷川翼 選手らが、ともに500 m出場予定となっています。

世界で活躍する選手のスケーティングが、まじかでしかも無料で見られる機会はそうありません。

お時間の許す方は、是非明治北海道十勝オーバルへお越し下さいますようよろしくお願い致します。なお、安全対策が強化されておりますので、お時間には余裕を持って下さい。

 

 

最後に、スポーツの価値を高め、スポーツを通した未来への展望ということで、

南アフリカ共和国において民主的に選ばれた大統領で、ノーベル平和賞の受賞者でもあった

ネルソン・マンデラ氏の言葉をお借り致しまして終わりとします。

 

ースポーツには、世界を変える力がある。

ースポーツには、人々を奮い立たせる力がある。

ースポーツには、他では到底なし得ない、人々を結びつける力がある。

ースポーツには、ユース世代に訴える言葉がある。

ースポーツには、それまで絶望でしかなかったところに、希望をもたらす力がある。

ースポーツには、人種的な壁を壊す、政府よりも強い力を兼ね備えているものである。

 

 

参考文献・記事

・公益財団法人 日本オリンピック委員会 ホームページより一部抜粋

・第8回札幌アジア冬季競技大会組織委員会 第3回全体研修資料

・時事ドットコム(2017/02/05-20:31) 冬季アジア大会の聖火を採火=アイヌの伝統的技法で

・講談社 現代ビジネス 実は「聖火」はこんなに政治的だった!リオ、東京、北京... 秘められた開催国の思惑(森田 浩之)

・福島民友新聞社 みんゆうNet 日本工機白河製造所のトーチ採用 冬季アジア大会・聖火リレー

2017 冬季アジア大会 帯広会場 ボランティア薬剤師 打ち合わせ資料

2017 冬季アジア大会 帯広会場 スマイル・サポーターズ 業務研修会 資料

・公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構 スポーツの未来への投資 冊子

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

~2017 冬季アジア札幌競技大会開催中~

病院名:

東洋薬品株式会社 つがやす薬局

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

求人情報はこちら

カレンダー

2017年3月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

プロフィール

東洋薬品株式会社 つがやす薬局
〒080-0802
北海道帯広市東2条南8丁目14
TEL:0155-22-7355
FAX:0155-26-3351
求人情報はこちら


最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

携帯版

リンク