社会医療法人河北医療財団 多摩事業部 天本病院

東京都多摩市にある『社会医療法人河北医療財団 多摩事業部 天本病院』のブログ

24
2015-08


少しずつ涼しい日もありつつ秋が近づいているのを感じますね。
台風が接近しておりますのでお近くの方、お気をつけてくださいね。

なんだか天気予報やニュースを見ていると、『観測史上初』という単語をよく聞きます。
異常気象なのか、何が正常なのかよくわからなくなってきていますよね。。。

それは災害についても同様。噴火だったり土砂災害だったり、私たちの生活は常に危険と隣合わせだったりしますよね。

ということで今回は多摩市聖ケ丘で8月に行われた防災キャンプのもようをご報告。
それではどうぞ。


近所の聖ヶ丘中では、2年生を対象に、防災キャンプという防災教育プログラムが開催されています。

災害時に中学校が避難所となった時の疑似体験という目的で、中学校に宿泊するというプログラムです。

聖ヶ丘は高齢者が多いため、高齢者の特徴を理解し、具体的な高齢者支援を学ぶ、というのもプログラムの一環として行います。そのため、2年生は「高齢者疑似体験」・「認知症について」・「車椅子体験」などの授業を受けます。近隣の高齢者施設であるあい小規模多機能施設かりんあいグループホームどんぐりは、認知症サポーター研修、車椅子体験の指導に協力しています。

IMG_0001UPD

 






防災キャンプ当日は、何名かのご利用者が、中学生と夕食を共にします。

高齢者支援担当の中学生たちが、施設まで迎えに来てくれて、一緒に中学校まで向かいます。


IMG_0012UPD

 





備蓄品のアルファ米と、中学生が作った味噌汁が、夕食です。

 

 

IMG_0015UPD

 

 





中学生とテーブルを囲んで、夕食を食べます。

 

 高齢者疑似体験では、「こんなに腰が痛くなるなんて知らなかった。高齢者の方は大変だと思った」、認知症サポーター研修では、「認知症について知ることができた」、車椅子体験では、「乗ってみて、段差とかが怖かった。声をかけてあげることが大切だとわかった」などの中学生の感想を聞く事ができました。とてもうれしいことですね。こうやって、若い人が少しずつ高齢者に対する理解を深める手助けができるといいなと思います。


非常事態になったとき、私たち若者(?)はもちろん、高校生や中学生のサポートもとっても大きな力となります。そのためにはまずは「理解」をしてもらうことが大切。こういった知識を伝えるのも私たち大人の役目なのでしょうね。


★☆9月のお仕事説明会☆★
 9月5日(土)・11日(金)・16日(水)・29日(火)

 10時より あい介護老人保健施設(新天本病院隣)にて

※履歴書不要(当日面接希望の方は事前にお知らせください)  
※事前予約制  ※上記日程が合わない場合は個別対応いたします

《お問い合わせ先》
TEL:042-374-7168
Mail: saiyou@ten-ou-kai.or.jp

みなさまのご参加お待ちしております~!!



《求人票一覧》
↓↓ご確認くださいませ★↓↓


トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

防災キャンプ(あいグループホームどんぐり)

病院名:

社会医療法人河北医療財団 多摩事業部 天本病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

社会医療法人河北医療財団 多摩事業部 天本病院

カレンダー

2019年8月

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

プロフィール

社会医療法人河北医療財団 多摩事業部 天本病院
〒206-0036
東京都多摩市中沢2-5-1
TEL:042-374-7168(人事課直通)
FAX:042-375-9641


最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

携帯版

リンク