社会福祉法人 康和会 久我山病院

東京都世田谷区にある『社会福祉法人 康和会 久我山病院』のブログ

04
2017-01

新年のご挨拶

投稿時間 : 12時25分37秒

カテゴリー : ろうけんくがやま

ジャンル : 日記



康和会各施設より新年のご挨拶を申し上げます。




 
 新年明けましておめでとうございます。
日頃より、私共、社会福祉法人康和会の運営に対し、ご支援を賜り心より御礼申し上げます。
近年「社会福祉法人制度の改革」において、法人組織の機能強化や責務の徹底強化といった、組織改変・強化が求められ、さらに国が推し進める新医療体制構築、地域が推し進める地域医療構想の中で、介護・医療を取り巻く環境はめまぐるしく変化する厳しい状況に直面しております。社会福祉法人康和会としましては、久我山病院、老人保健施設ろうけんくがやま及び特別養護老人ホーム久我山園の3施設連携を更に強化し、地域の皆様により良い医療、介護サービスをご提供できるよう頑張ってまいりますので、本年もよろしくお願い申し上げます。

 




 新年明けましておめでとうございます。
平成27、28年度の当院の目標は「患者さんの期待に応える病院」としてきました。
おかげさまで患者さんの紹介件数、手術件数、救急搬送数等は増加しています。しかし、患者さんの平均在院期間が顕著に短くなっている結果、入院ベットに空きが目立つ1年でした。「酉年」である本年は、当院の得意分野のセンター化(脊椎外科センター、脳神経センター、心臓血管センター)などをすすめ、今まで以上に近隣の患者さんの期待に応えられるような体制を構築して、大きく羽ばたける1年にしたいと存じます。
 今年も、引き続きよろしくお願い申し上げます。





 
明けましておめでとうございます。高齢者医療に関わるようになって、青壮年の生体機能、医療との大きな違いを痛感するようになりました。高齢者の自立支援の基盤の生体機能は、食べる、移動、判断の3つの機能であります。この3つが崩壊しかねないのが高齢者の特徴です。生体は成熟後、加齢により老化し、全身臓器も老化することで機能低下と多臓器に様々な疾患を有します。
高齢者診療において加齢に伴う生理的変化を考慮に入れ、高齢者に対して安全でないと言われている薬を処方しない事が高齢者に対し優しいことであり、病気ではなく病人に対する処方を心掛け、新年にあたり実践していきたいと存じます。

 



 
新年明けましておめでとうございます。
 昨年はボランティア交流会や看取りシンポジウム等を通じて、地域の皆さまと顔の分かる関係づくりを前進させることができました。その結果、施設の中での利用者支援にも厚みが増し、地域ニーズへの職員の関心が高まるなど相乗効果が表れています。お役にたてることがあれば、施設として少しでもご期待に応えられるように、日常業務を見直して地域貢献することは今後の検討課題です。地域から施設へ、施設から地域へ互いに発信しながら、元気で今年も良い交流ができることを期待しています。
今年もよろしくお願いいたします。




トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。
内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

新年のご挨拶

病院名:

社会福祉法人 康和会 久我山病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

社会福祉法人 康和会 久我山病院

カレンダー

2018年4月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

プロフィール

社会福祉法人 康和会 久我山病院
〒157-0061
東京都世田谷区北烏山2-14-20
TEL:03-3309-1111
FAX:03-3326-1980


最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

携帯版

リンク