社会福祉法人 康和会 久我山病院

東京都世田谷区にある『社会福祉法人 康和会 久我山病院』のブログ

23
2018-01

 

 久我山病院ブログをご覧の皆様、新年あけましておめでとうございます。
院内救急救命士のOです。今年もどうぞよろしくお願い致します。

 久我山病院では、年々増加する救急搬送の需要に応えるために院内救急救命士を4人配置しています。救急外来で最適なトリアージ(緊急度・重症度に従って治療の優先度を決定して選別すること)を行いながら、救急搬送の受け入れを担うだけではなく、医師業務や看護業務もサポートしています!

 さて、今年も年始に『高齢者が餅を詰まらせて救急搬送!』なんてニュースを観た人も多いと思います。平成28年ではお餅を含めた誤嚥による窒息で救急搬送された高齢者は1,703人もいます。そのうちの約9割は住宅等居住施設で発生しています。
 では、なぜ高齢者に誤嚥による窒息が多いのかというと、高齢者は嚥下運動(食べ物を食べたり飲んだりする運動)が障害され、食べ物を飲み込みにくくなっていきます。また、咳反射が弱くなっているため、吐き戻すことができづらくなり、誤嚥に伴う窒息を起こしやすくなると言われています。特に脳梗塞や神経疾患を患ったことがある高齢者の方に顕著に現れます。



 以前に、同法人で久我山病院の隣りにある『介護老人保健施設“ろうけんくがやま”』の利用者さんでも誤嚥を起こして、当院で緊急受診することがありました。そこで昨年の末に“ろうけんくがやま”の職員を対象に安全管理研修『窒息時の初期対応』を開催するに至りました!!
 今回は、日本循環器学会BLS(Basic Life Support:一次救命処置)インストラクターの石川看護師の指導のもと、富樫・大岩の2名の救急救命士で講義と実技を行いました。内容としては、『窒息ってどうやってわかるの?何したらいいの?』という講義から、実際に窒息した人への窒息解除方法を身体を動かしながら練習しました。

 
 研修が終わってから、富樫救命士は、「初めての講義だったけど、皆さんの熱心な姿勢が見られ、とてもやり甲斐を感じました。」との談。


 石川看護師は「突発的な状況でも落ち着いて行動するには、日頃から繰り返しトレーニングをすることが重要。そして、多くの人にトレーニング内容を伝え1人でも多くの人を助けてほしいです。」と言っていました。


 研修を受けた“ろうけんくがやま”の職員は、積極的な職員が多く、「座って食事する場合の窒息解除のやり方を教えてください!」など多くの質問があり、「窒息は身近な問題で今回受講できて良かったです。これからも引き続き勉強したいです。」との感想がありました。

 介護老人保健施設は、医療ケアやリハビリを受けながら在宅での介護を目標にした施設です。利用者さんが、安全かつ安心して家へ帰れるよう、職員全員が1秒でも速く、窒息解除や応急処置が出来るように、これからも継続的に研修指導を行っていきます。

救急救命士O


トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。
内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

安全管理研修『窒息の初期対応』を主催しました!

病院名:

社会福祉法人 康和会 久我山病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

01
2018-01

新年のご挨拶

投稿時間 : 00時00分00秒

カテゴリー : 康和会全体

ジャンル : 指定なし





康和会各施設より新年のご挨拶を申し上げます。




 
 新年、明けましておめでとうございます。
 皆様と共に社会福祉法人康和会も新しい年を迎えることができ、決意も新たにスタートしたいと存じます。日頃より、当法人の運営に関し、ご支援を賜り、心より御礼申し上げます。本年は、介護・医療報酬が同時改定される年であり、当法人も各種困難に直面することが予測されます。現実的な問題としては、介護職員の確保等です。待遇等、職員の仕事へのやりがいに応えられる環境づくりに法人として地道に努力を続けていく所存でございます。
 かつて経験したことがない高齢者社会を向かえつつ、社会保障関連国策もまだまだ試行錯誤が続き、私どもも右往左往せざるを得ない状況も想定されています。しばらくの間は臨機応変な対応を余儀なくされることと存じます。皆様にはご不便等おかけすることもあるかと思われますが、可能な限り迅速な対応を心掛け、努力してまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。
 本年も、社会福祉法人康和会としては、久我山病院、ろうけんくがやま、特別養護老人ホーム久我山園の3施設が協力し、より良い医療・介護を提供できるよう努力してまいります。どうぞ皆様のご高配を賜り、そして、なお一層のご支援、ご協力をお願い申し上げます。皆様におかれましても本年がより良き年でありますようお祈り申し上げ、年頭の挨拶とさせていただきます。

 




 新年明けましておめでとうございます。
 平成29年度の当院の目標は、「地域で完結する医療」としてきました。おかげさまで患者さんの紹介件数、入院患者数、手術件数、救急搬送件数等は増加しています。また、各科医師の充実により「脊椎外科センター、脳神経センター、心臓血管センター」を立ち上げ、入院患者数の増加に貢献しています。
 高齢者社会が進行する中、当院周辺は都営住宅などが次々建て替えられ、若い人の増加もみられる地域です。今後とも、地域の患者さんの信頼に応えられるよう当院あげて努力を続けたいと存じます。
 今年も、引き続きよろしくお願い申し上げます





 
 謹賀新年
 年が明け診療・介護報酬ダブル改定のカウントダウンが近づいております。今回は多剤投与されている高齢者が施設入所する際に、施設医師とかかりつけ医が事前に合意の上、処方方針に従って減薬した取り組みを評価すると初めて厚労省が言及しました。
 薬物療法は従来、若年成人の臨床試験の結果や使用経験に基づき行われてきた。若年成人で有効性の高い薬剤でも、高齢者では適当でないことが多い。高齢者では薬物代謝・排泄低下や多剤併用を背景とし薬害有害事象が出現し易い。
 後期高齢者では参照すべき薬効のエビデンスは殆ど皆無であり、多医、多病のため多剤が当たり前となり「一病人に対する処方でなく、病気に対する処方となっている」ことを改めて自覚し、高齢者に優しい処方について考えてみたい。

 



 
 新年明けましておめでとうございます。
 旧年中は格別のお引き立てを賜り、ありがたく厚く御礼申し上げます。
 さて、今年は介護保険制度の見直しの時期となります。今後加速する高齢化に対して、特養は今までに増して、医療的ケア及び認知症ケアを含めた質の高いサービスの提供が求められています。
 久我山園ではこれらの課題に関して先行して人材の育成を行ってきました。例えば、喀痰吸引のできる介護士の増員・認知症ケア研修への派遣および内部研修の徹底等を実践してきました。世田谷区の介護人材等永年勤続受賞者が17名に達し人材も定着しています。これらの強みを活かして、地域包括ケアの具体化に向け、久我山病院やろうけんくがやまと共に、より一層地域のなかで皆様に愛され頼りにされる久我山園を目指します。
 みなさまのご支援ご協力をお願い申し上げ、新年のご挨拶といたします。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。
内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

新年のご挨拶

病院名:

社会福祉法人 康和会 久我山病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

社会福祉法人 康和会 久我山病院

カレンダー

2018年1月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

プロフィール

社会福祉法人 康和会 久我山病院
〒157-0061
東京都世田谷区北烏山2-14-20
TEL:03-3309-1111
FAX:03-3326-1980


最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

携帯版

リンク