公益財団法人 住吉偕成会 住吉病院

甲府市の『公益財団法人 住吉偕成会 住吉病院 』の”エンパワメント”ブログ

14
2015-10

甲府のタイ料理@スパイス

投稿時間 : 12時38分16秒

カテゴリー : 日記

ジャンル : 指定なし

甲府からはちょっと離れたとことにあるのですが、タベログというレストラン紹介サイトでランキング上位にあるスパイスというお店に行ってきました。

看板にはエスニック料理とあり、お店の入口のところでお香がたいてあり、いい感じでした。・・・が、お店の中に入るとタイ料理っぽいにおいも仏様を飾る棚も国王猊下ご夫妻の写真もないです。ちょっと不安になりました。お店は小さいけれどもきれいで、テーブルが2つ。3人用と4人用になっていて、あとはカウンター席でした。メニューが運ばれてきましたが、野菜炒めの種類がなく、ソムタムもなかったので、まず最初にたのんだのは生春巻き(ポピアソッド)でした。

一見してエビが少なくバジルが入っていません。シソと小ねぎ以外の野菜はほとんど入っておらず、春雨ががっつり入っているボリューミーなものでした。たれはスイートチリソースのほかに酢醤油もついており、かなり和テイストでした。ちなみに、私が予想していたのはこんな感じ↓のポピアソッドでした。

続いてもう一品、春雨サラダ(ヤムウンセン)を注文しました。


これまたボリューミーですが、やはりエビが少なく、ナンプラーもあまりきいていない気がしました。お肉っぽさはなくて、トマトはなし。ピーナッツローストは使っていないのか、これも和テイストでした。しかし、これまたボリュームはしっかりあって、コストパフォーマンスは大きい感じでした。

かなりお腹がいっぱいになってしまっていましたが、最後にガパオライスをいただきました。これまたどんぶりにしっかりタイっぽく粗みじんにした炒めた肉とパプリカ、玉ねぎなどの炒めたものが乗っていましたが。個人的にはホーリーバジルをもっときかしてもらって、あとは唐辛子くらいのシンプルなほうが現地に近い気がしました。欲を言えば、卵は現地のような固めで油であげてあるタイプのほうがあっていますが、全体的に辛さ控えめなので、半熟目玉焼きをご飯に混ぜるというオプションが和風の舌に合うのかもしれないと思いました。それにしても、3品を二人で食べてお腹はしっかりいっぱいになりました。

お店を切り盛りしているおかみさんにお聴きしたところ、以前はカナダにお住まいだったそうで、その折に好んで食べていたエスニック料理のお店を出されたとのこと、日本人の舌に優しく、お食事度の高いエスニックのお店になったように思います。



最後までお読みいただいた方、どうもありがとうございました。