公益財団法人 住吉偕成会 住吉病院

甲府市の『公益財団法人 住吉偕成会 住吉病院 』の”エンパワメント”ブログ

28
2017-04

第1回「オープンダイアローグ学習会」開催のご案内

【オープンダイアローグとは】
フィンランド・西ラップランド地方のトルニオ市にあるケロプダス病院のスタッフたちを中心に、1980年代から開発と実践が続けられてきた治療技法です。もともとは統合失調症患者への治療的介入の手法として開発されました。この手法がいま、国際的な注目を集めており、精神科領域において応用が広がっています。
現在、オープンダイアローグの実践は、デンマーク、ドイツ、イギリス、イタリア、ポーランドなど国際的な広がりつつあります。日本でも2015年、斎藤環『オープンダイアローグとは何か』(医学書院)が出版され大きな反響を呼んでいます。
今回、国際的に注目度の高まっているオープンダイアローグと、オープンダイアローグとともに1980 年代のフィンランドではじまり、現在では、オープンダイアローグとともにフィンランドのソーシャル・ネットワークにおけるダイアローグの方法として重要なものとしてさまざまな場面で実践されてきた「未来語りのダイアローグ」を学ぶ参加型の学習会を企画しました。普及啓発に取り組んでこられた竹端 寛先生から学ぶ絶好の機会となります。
多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

日 時:2017年5月20日(土)午後1時00分~午後4時00分
場 所:山梨県立大学 池田キャンパス201講義室
ファシリテーター:
     山梨学院大学法学部政治行政学科教授 竹端 寛先生
内 容:「未来語りのダイアローグ」
参加費:一般 1000円/学生・手帳所持者 500円
主 催:山梨オープンダイアローグ学習会
共 催:公益財団法人住吉偕成会
山梨県立大学大学院看護学研究科精神看護学専門分野
※事前申し込み:不要。当日会場にお越しの上、参加費をお支払いください。


お問い合わせ:(公財)住吉偕成会住吉病院 担当:CNS 佐野
http://www.sumiyoshi-kaisei.jp/s-toiawase.html

メールでおお問い合わせ山梨県の精神保健福祉を考える会アドレスにお願いします:
yarimashoukai○gmail.com  (○の部分を@に変換してお送りください)


聴く。問う。声を響かせる。
対話は手段ではない。
それ自体が目的である。
治癒は副産物としてやってくる。
(斎藤,2015)


最後までお読みいただいた方、どうもありがとうございました。