公益財団法人 住吉偕成会 住吉病院

甲府市の『公益財団法人 住吉偕成会 住吉病院 』の”エンパワメント”ブログ

09
2020-04


Covid-19流行中においての精神保健と心理社会的に考慮すべきことがらについて、WHOが提言を発表しています。いつもの超怪意訳ですが、ご紹介してみます。


※正確な情報は原資料をご参照ください。

Covid-19流行期間中のメンタルヘルスおよび心理社会的に考慮すべきことがら
WHO 2020.3.18


一般の人々へのメッセージ

1. COVID-19は、多くの国の多くの地理的場所に住む人々にり患することになりそう
 です。COVID-19を持つ人について言及するときは、病気を特定の民族や国籍に
 関連付けないでください。、どこの国から来た人であれ、どの国にいる人々であれ、
 り患しているすべての人に共感的でいてください。COVID-19にり患している人々は
 何か悪いことをした人ではなく、私たちのサポート、思いやりと親切に値する人たち
 なのです。

2.病気を持つ人を「COVID-19ケース」、「犠牲者」、「COVID-19家族」、「感染者」と呼
 ばないでください。その人々は「COVID-19を持っている人」、「COVID-19の治療を
 受けている人」であり、「COVID-19から回復している人」であり、そしてCOVID-19
 から回復した後も、その人々の人生は、仕事や家族、愛する人と一緒に続くのです。
 スティグマを減らすためには、COVID-19について貼られたアインデンティティを個人
 から切り分けることが重要です。

3. あなたを不安にしたり悩ませるようなCOVID-19に関するニュースを視聴したり読む
 ことを最低限に減らす:信頼できる情報源からのみの情報であって、主に計画を準備
 し、自分や愛する人を保護するための実用的な手順を実行できるようにするための
 ものを探してください。1日または2回の特定の時間に新たな情報を求めます。
 アウトブレイクに関する突然で、ほぼ絶え間ないニュースレポートはどんな人をも
 心配させる可能性があります。事実を入手してください;噂や誤報ではなく。
 WHOのWebサイトおよび地方自治体の発表から定期的に情報を収集し、事実と噂を
 区別できるようにします。事実は恐怖を最小限に抑えるのに役立ちます。


4.自分を守り、他の人にサポーティヴでいてください。 必要なときに他の人を助ける
 ことは、サポートを受ける人とヘルパーの両方に利益をもたらすことができます。
 たとえば、近所の人やコミュニティの中で特別な支援が必要になる可能性のある人
 を電話で確認してください。コミュニティーが1つになり協力することで、COVID-19へ
 の取り組みにおいて連帯を築くことができます。

5. COVID-19を経験した地元の人々のポジティブで希望に満ちたストーリーとポジティ
 ブなイメージを話すする機会を見つける。たとえば、回復した人や愛する人を支援
 した人でかつその経験を共有することをいとわない人のストーリーです。

6.地域社会でCOVID-19に罹患している人々を支援する介護者と医療従事者を称え
 てください。
命を救い、愛する人の安全を守ることにおいて彼らが役割を果たして
 いることに感謝しましょう。



最後までお読みいただいた方、どうもありがとうございました。