公益財団法人 住吉偕成会 住吉病院

甲府市の『公益財団法人 住吉偕成会 住吉病院 』の”エンパワメント”ブログ

17
2019-01

24年

投稿時間 : 05時46分21秒

カテゴリー : メンタルヘルス

ジャンル : 指定なし

今から24年前の1995年1月17日午前5時46分、阪神・淡路大震災が発生しました。今年もこの日に朝早く目覚め、さまざまな人々の顔を思い出しています。

東京で働いていた私は、テレビに映し出された光景に息をのみました。どうしていいかわからないまま大学の医局を通じて申し込んだ救援のボランティア、降り立った駅の周りはあちらこちらでビルが倒壊し、役所にも学校にもたくさんの人々が避難しておられました。この震災での救援活動は私の人生観と臨床姿勢に大きく影響を与えました。無事に日々を過ごすことは決して当たり前のことではなく、有難いものであることを学びました。さまざまな人々と出会い友人となりました。苦しい時こそ、知恵と勇気、人間の美徳が輝きだすときだという言葉に力づけられました。臨床を生業にしている私にはまばゆいようなセンスのある臨床家の人たちとも交流を持つ機会を与えられました。そして良い人から順番に神様のもとに召されていくということは本当なのだ、と思うような日々でした。自分の実践がひとの人生に影響を与えることをはっきりと理解して、「センスのある精神科医であり、それ以上の何かである。」と師に言わしめた、大学の若い精神科医局長の方もその良き人の一人でした。

私は、精神医学とは日々の生活の中で役立つものであるべきであり、個々の医師の力は微々たるもので人の心を支えるためには多くの人の力を合わせなくてはならないこと、耳障りの良い言葉や高邁な理想や危険な場所を離れたところからの批評や診察室の中から世の中をうれいているだけでは、精神的に困難を得た人々の回復のお手伝いをすることはできないのだと知りました。

それから長い年月が過ぎました。中越地震や東日本大震災、熊本大震災、北海道でも関西でも地震は起こり、地震以外にも数多くの災害がこの国には興りました。災害のたびに支援活動はヴァージョンアップされ、DPATチームも制度化されるようになりました。災害や臨床の場面において、心の傷つきを持つ方との間での実践も少なからず経験しましたが、いまだに正しい方法などはわからないまま日々を過ごしています。それでも「誰かのそばにいてただ一緒にいること」そして「人間の回復力を信じて時を待つこと」から学びは続いてきています。

早世した尊敬する友人に、かつて、神戸の地域でいかに精神疾患を持つ方々の暮らしを豊かにすることができるのかを熱く語ったまま、まだ自らの住む地でその実践を創り出すに至っていないことを今年も実感し、「乾坤一擲」という言葉を胸に今年もこの本を読み返しています。

今もなお、沖縄で、広島で、長崎で、奥尻で、阪神・淡路で、中越で、東北で、熊本で、北海道で、中国地方で、そして全国で、さまざまな被災や被害の傷あとに苦しむ多くの方々のこころの平安をお祈り申しげます。また、志のなかばで、あるいは、精一杯生き抜いて逝かれた方々のご冥福を祈り、またその方々にお会いできるときに、自分がどう生かされてきたかをお伝えすることができるように精進をしたいと思っています。

「世界は心的外傷に満ちている。”心の傷を癒すということ”は、精神医学や心理学に任せてすむことではない。それは社会のあり方として、今を生きる私たち全員に問われていることなのである。」

安克昌著「心の傷を癒すということ」より


最後までお読みいただいた方、どうもありがとうございました。

04
2019-01

ご家族のつどい@1月のお知らせ

投稿時間 : 07時25分58秒

カテゴリー : メンタルヘルス

ジャンル : 指定なし

毎月1回開催されているご家族のつどいですが、1月の開催をお知らせいたします。昨年末でLEAPアプローチを学ぶシリーズの4クール目は終了となり、新たな年で新たな気持ちで皆さまと5クール目を学んでいきたいと思っております。回を重ねるたびに新たな気づきを感じることのできるこのつどい、どうぞお気軽にご参加ください。

今回は、5クール目の初回ということで、ご家族同士のコミュニケーションをスムーズにするアプローチ法LEAPの概要について情報提供をさせていただいて、新たな学びに向けての話し合いをおこないます。

お申し込み:ケアセンター宛にお電話を頂くか、ご本人さまを通じてお申し込みください。当日のご参加も歓迎しています。最近、インターネット情報や口コミなどでこの会をお知りになり、当院ご利用者様以外のご家族のお立場の方もいらっしゃるようになりましたが、もちろんご参加はOKです!
※ 当院ご利用者様以外のご家族の方は、事前にご一報いただけますと幸いです。
   お問い合わせはこちらからお願いいたします→http://www.sumiyoshi-kaisei.jp/s-toiawase.htm


なお、当日10時より精神疾患についての情報提供を兼ねた家族教室「あおぞら会」も開催いたします。よろしかったらこちらもどうぞご利用ください。あおぞら会のご案内はこちらをご覧ください→http://blog.cabrain.net/CN010030/article/id/105613.html


最後までお読みいただいた方、どうもありがとうございました。

03
2019-01

あおぞら会(ご家族教室)開始のお知らせ

投稿時間 : 11時50分11秒

カテゴリー : メンタルヘルス

ジャンル : 指定なし

公益財団法人住吉偕成会住吉病院では、このたび、急性期治療病棟開設にともないまして、明年1月よりご家族の皆さま向けに「あおぞら会(家族教室)」を開始いたします。これまでの「ご家族のつどい」は実践的なご家族のかかわり方に重点を置いてご家族の皆さまの相互のお力を借りて開いてまいりましたが、今度の試みは大切な方が精神疾患の診断を受けられたけれど、どうしてよいのかわからない方、もっとよく病のことを知りたいと思っていらっしゃる方、どんな支援が受けられるのか情報を求めておられる方々により直接的な情報提供をお届けしたい、と始めるものです。

患者様のご家族様は日頃様々な不安を抱えて生活をされていると思います。病気などについて知り、思いを話したりすることでご家族自身も元気になり、ご本人によいかかわりをしてくださることで、ご本人の回復にも役立つと明らかになっています。ご家族の皆さまにおかれましてはどうぞお気軽に足をお運びになっていただきたく、スタッフより心を込めてご案内する次第です。

あおぞら会第1回
日時:平成31年1月12日(土) 10時~11時45分
内容:「精神疾患について」の講義+グループワーク
場所:新館1階 作業療法室
※15分前から受け付けを行います


最後までお読みいただいた方、どうもありがとうございました。

01
2019-01

あけましておめでとうございます

投稿時間 : 00時00分49秒

カテゴリー : メンタルヘルス

ジャンル : 指定なし

謹賀新年

弊ブログをご覧の皆さま、旧年中は、いろいろとお世話になりまして、誠にありがとうございました。私ども公益財団法人住吉偕成会は、昨年、住吉病院に新たな外来と病棟を開設いたしました。今年は精神的困難の経験をお持ちの方々も、そうでない方々でも、ともに自ら望む場所に住み、学び、人を愛し、自分らしく暮らしていくために、法人の理念、HEART・fullメッセージ2008 と「すべてはリカバリーのために」を今一度思い起こし、新たな年号の始まりの年に当たり、より高い目標に向けてさらなる精進を重ねてまいる所存です。

皆さまのご多幸をお祈り申し上げますとともに、本年も何卒よろしくご支援のほどをお願い申し上げます。


最後までお読みいただいた方、どうもありがとうございました。

31
2018-12

個人的視点による2018年の10大ニュース

投稿時間 : 09時46分27秒

カテゴリー : メンタルヘルス

ジャンル : 指定なし

今年も皆さま、大変お世話になりました。弊法人は今年もさまざまな活動をしてまいりましたが、今年1年を振りかえって、個人的に選んだ10大ニュースを発表させていただきます。

1.新外来/病棟竣工
  今年10月、新たな外来と急性期病棟をそなえた新棟が活動を開始しました。建物
  だけではなく、気持ちを新たに”すべてはリカバリーのために”をスローガンとして
  病床削減と地域医療、さらにはご本人主体のサービスを目指したいと思います。

2.次々とくる天災
  今年は6月に最大震度6の大阪北部地震にはじまり、7月に西日本の豪雨、9月に
  は大型台風21号による近畿圏の大きな被害の直後の北海道で震度7と、各地で
  次々と天災が起こりました。今なお被災の中におられる皆さまのお身体と心の
  1日も早いご回復をお祈りいたします。

3.中央省庁の障がい者雇用率不正申告発覚
  民間企業には障害者雇用義務が課せられており、法定雇用率が未達成の企業
  にはされていない確保されていない企業には納付金の徴収や、悪質な場合には
  社名の公表などのペナルティがあります。その一方で、率先して法を守る立場に
  ある中央省庁で障害者雇用「水増し」が指摘され、第三者検証委員会の調査で
  は3700人にわたる障害者の雇用が虚偽報告されていたことを指摘しました。
  調査の結果は、中央省庁が達成していたとする法定雇用率2.5%に対して、
  実際に雇用されていた障がいをお持ちの方の率はわずかに1.18%でした。
  しかもこのことが少なくとも20年以上続いていたということで、「開いた口が塞が
  らない」とはこのことですが、また、一方で障がいを持ちながらも働いている方々
  を単に数値として扱うことになんの違和感も持たない報道の姿勢にも違和感を
  持ちました。

4.山梨県も障がい者雇用率不正申告発覚
  中央省庁の障がい者雇用率不正操作が発覚した問題で、山梨県と県教育委員
  会も、調査した結果、障害者手帳や医師の診断書を確認できない職員計45人
  を障害者雇用数に計上していたと発表しました。ちなみに、県が国に届けていた
  障害者の数は66人(障害者雇用率2.53%)だったそうです。障害者雇用に関
  しては、その方が雇用率算定の対象とできるのかどうかは、ご本人の手帳で
  確認するというのが基礎中の基礎であり、あまりのずさんさにあきれるばかり
  でした。

5.ずさんな官公庁の障がい者雇用対策
  中央の行政機関は雇用する障害者数を不正申告していた問題で、法定雇用率の
  達成に向けて、年度内に統一の選考試験を実施することを決めました。これまで
  その必要人数はなんと約3460人で、統一選考では、高卒程度の知識を問う筆記
  試験と作文が課せられます。この方式で知的障害のある方々への雇用にどのよう
  な配慮ができるのか、わかりません。しかも、年度内に法定雇用率達成を目指すと
  した10月の計画は12月になりあっさり達成期限の延長を見当検討見通しの甘さ
  を露呈し、今後も法定雇用率に届かない状況が長引くことになるかもしれません。

6.ヴァンフォーレ甲府昇格ならず
  6年ぶりにJ2に落ちたヴァンフォーレでしたが、昨年終盤に引き続き吉田達磨監督
  が采配を振るいました。ところが開幕から成績不振が続き、4月14日にはホームで
  松本山雅に敗戦後、ゴール裏が居残り、一部のサポが監督の解任を要求。監督
  続投について多数決をとるような、クラブの運営側に対してリスペクトに疑問を呈す
  るような行動の挙句に吉田監督は降板して5月から上野展裕監督が就任。それ
  でもチームは巻き返せず、16勝11分け15敗9位の成績でシーズンが終わりました。

7.ノーベル生理学・医学賞に本庶氏
  2018年のノーベル生理学・医学賞は、免疫を抑える働きを持つ分子PD―1を
  発見した本庶佑・京都大特別教授ら2人が受賞しました。「がん免疫療法」に道を
  開いた功績が高く評価されました。本庶先生は自身のモットーとし「ものごとを簡単
  に信じない。”ネイチャー”や”サイエンス”のような学術誌の論文発表でも10年たっ
  たら残っているのは1割であり、自分の目で確認できるまでやる」と述べています。
  そして国の研究者たちに対する支援体制に懸念を表明しました。

8.タイの少年たち洞窟より生還
  7月、タイ北部シェンライのタムルアン洞窟に地元サッカークラブの少年12人と
  コーチの計13人が閉じ込められました。少年たちは6月23日に洞窟に入りました
  が、大雨による増水で出られなくなったのです。絶望的な見通しが広がる中、タイ
  当局にアメリカやイギリスの洞窟救助専門チームなどが加わり、捜索活動が行わ
  れましたが、救出は難航。洞窟内の酸素濃度が低下し、タイ人のダイバーが亡く
  なる事故も起きました。が、さまざまな人々の努力のかいあって遭難から18日目
  に全員が生還しました。
 
9.サッカーワールドカップ、16強
  FIFAワールドカップ・ロシア大会で日本は戦前の下馬評を覆し、初戦のコロンビア
  をくだすなど1勝1分1敗の成績で予選リーグを突破しました。予選の最終対ポーラ
  ンド戦では大会のレギュレーションを最大限に生かして0-1の敗戦を受け入れる
  という戦術が批判の対象となりましたが、決勝トーナメントではベルギー相手に2点
  リードからのまさかの逆転負け。ワールドカップにおいて大事なものは何なのか、
  を改めて考えさせられました。

10.オウム真理教元幹部の死刑執行
  今年の7月6日、死地下鉄サリン事件など一連の反社会的テロ活動、いわゆる
  オウム真理教事件の首謀者である教祖の麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚を
  はじめとした教団元幹部13人の死刑が執行されました。裁判での不規則発言など
  を繰り返した松本元死刑囚は、最後まで真相を語りませんでした。

次点.新部署活動準備開始
  法人の今後の活動についての方向性をリカバリー期成会で設立することが決定
  されていた、法人内の新たな部署がいよいよ専従者1名、兼務4名の応募を受け
  て活動準備に入りました。住吉病院にもリカバリーセンターにも所属しない、つまり
  医療でも福祉でもない活動をする部署です。多くの人々とつながって、メンタル
  ヘルス分野での新たな価値を創造することを目標に掲げて来年は本格的な活動
  を開始する予定です。皆さま、どうぞ応援してください。

さまざまなことのあった2018年、平成最後の年越しになります。皆さまどうぞよい年をお迎えくださいますように。


最後までお読みいただいた方、どうもありがとうございました。

28
2018-12

Good thoughts, good words, good deeds.

投稿時間 : 12時18分23秒

カテゴリー : メンタルヘルス

ジャンル : 指定なし

私たちの年代を中心にしてリピーターが続出しているという、大ヒット映画「ボヘミアン・ラプソディー」を見てきました。

映画ですので、史実をそのままなぞったわけではありませんが、伝説のロックバンド”Queen”のリードシンガー、フレディー・マーキュリーの人生と、有名なチャリティーライブ、ライブ・エイドに向けた日々に焦点をあてた映画でした。若いころ耳にした数々の曲、「変わり者の天才」フレディー・マーキュリーの人物像にも触れ、かつまたストーリーも「グレーテストショーマン」同様にはじかれ者が仲間と成功を手にして舞い上がり、でも結局挫折して戻ったところは仲間という家族、という定番をなぞており、しっかり涙して見ました。

アフリカのザンジバル島で生まれ、ゾロアスター教の両親のもとに生育したファルーク・バルサラはフレディ・マーキュリーとしてその音楽で世界中の人々に素晴らしいメッセージを残しました。しかし、ゾロアスター教を進行する父上からは、道徳的でないようにみえるロックスターへのチャレンジを否定的にみられていました。

ゾロアスター教では「良き考え、良き言葉、良き行い(Good thoughts, good words, good deeds.)」が大切とされ、このことによって来世の幸せがもたらされると考えているそうです。そのような敬虔な信仰を持つバルサラ家において、フレディーが自らの名前を捨ててロックを始め、アルコールや薬物に浸り、性的奔放ともとれる一連の行動は父上にとっては、大切な教えに反した事ばかりだと映っていたのです。

しかし、劇中ではAIDSの発症を知ったフレディが孤独の中から「自分が何者であるかは自分で決める」と決断し、アフリカの人々の飢餓救済のためのライブ・エイドに出演するためにウェンブリースタジアムに向かうとき、両親のもとを訪れて「パパの教えにあったことをするよ」と話かけて固く抱擁をするシーンが心に残りました。

私たちは、リカバリーの理想を掲げ、それを社会に伝えようとし始めています。理想は良き考えであり、それを伝えることは良き言葉によらなくてはいけません。しかし、それ以上に、それだからこそ、自分たちができるさまざまな行動が「良き行い」でなくてはならないと思いました。

私たちができる良き行いとは何なのか。新しい年の宿題です。


最後までお読みいただいた方、どうもありがとうございました。

07
2018-12

ご家族のつどい@12月のお知らせ

投稿時間 : 14時22分26秒

カテゴリー : メンタルヘルス

ジャンル : 指定なし

毎月1回開催されているご家族のつどいですが、10月の開催をお知らせいたします。本年は3月からはLEAPアプローチを学ぶシリーズの4クール目となり、新たな気持ちで皆さまと学んできております。どうぞお気軽にご参加ください。

前回は同意できることをみつける、ということについて、自らの意見を述べたうえで、お互いが同意できる話題を見つけ、対話を続けていくやり方について、実践的に体感してみました。今回は、いよいよお互いの合意できる目標に向かってプランを立てて行くことについて話し合います。

お申し込み:ケアセンター宛にお電話を頂くか、ご本人さまを通じてお申し込みください。当日のご参加も歓迎しています。最近、インターネット情報や口コミなどでこの会をお知りになり、当院ご利用者様以外のご家族のお立場の方もいらっしゃるようになりましたが、もちろんご参加はOKです!
※ 当院ご利用者様以外のご家族の方は、事前にご一報いただけますと幸いです。
   お問い合わせはこちらからお願いいたします→http://www.sumiyoshi-kaisei.jp/s-toiawase.html


最後までお読みいただいた方、どうもありがとうございました。

26
2018-11

オープンダイアローグ勉強会のお知らせ

投稿時間 : 12時54分56秒

カテゴリー : メンタルヘルス

ジャンル : 指定なし

山梨オープンダイアローグ学習会は12月1日にで学習会を開催します。 今回は、オープンダイアローグ・ネットワーク・ジャパンが紹介するガイドラインを用いて、「話す」と「聞く」を分けたリフレクティング等のワークを通して、ポリフォニー(多声)が広がるよう考えていま す。

日 時: 2018年12月1日(土)13時00分~16時00分 

場 所: 山梨県立大学 池田キャンパス101講義室 

学習内容: リフレクティング・ワークの体験が中心です。 

ワークにおけるテーマ(困りごと等)をご持参いただけると助かります。 

  ※第1回学習会で配付したガイドラインがある方はご持参ください。

  

参加費: 無料 

 

主 催:山梨オープンダイアローグ学習会  

共 催:公益財団法人住吉偕成会

山梨県立大学大学院看護学研究科精神看護学専門分野

※事前申し込み:不要


詳細は山梨県の精神保健福祉を考える会のブログをご覧ください→http://yarimashoukai.blogspot.com/2018/11/4.html

最後までお読みいただいた方、どうもありがとうございました。

20
2018-11

IPS援助付き雇用勉強会@11月のお知らせ

投稿時間 : 08時29分43秒

カテゴリー : メンタルヘルス

ジャンル : 指定なし

住吉病院とすみよし障がい者就業・生活支援センターでは、2008年よりIPS(Individual Placement and Support)モデルによる援助つき雇用に関する勉強会を開催しております。毎回いろいろな立場の方と学びを深めつつ、回数を重ねてきています。前回のシーズンは「サラ・スワンソン 、デボラ・ベッカー 著,  林 輝男 編集, 翻訳:IPS就労支援プログラム導入ガイド -精神障がい者の「働きたい」を支援するために 。星和書店」をみんなで読み、語り合う形式で開催してきましたが、7月でめでたく読破となり、今シーズンは新たに「チャールズ・ラップ/リチャードJゴスチャ著 ストレングスモデル第3版」を読んでいくことになりました。

チャールズ・A・ラップ/リチャード・J・ゴスチャ著, 田中英樹 監訳
「ストレングスモデル[第3版]―リカバリー志向の精神保健福祉サービス」金剛出版

10月から本を読み進めていっています。精神保健福祉分野のパラダイムを変えていくストレングスモデルについてですので、就労支援に携わる方々のみならず、多くの支援者の方に学んでいただければ幸いです。手もとに本をお持ちでなくても、毎回抄読者による抄録発表と話し合いですので、所属先にこだわらず、リカバリーやストレングスモデルに興味のある支援のお仕事をお持ちの皆さまのご参加をお待ちしています。


IPS援助付き雇用勉強会2018年11月

日時: 2018年10月27日(火) 18:30~ 
     ※IPS勉強会は毎月第4火曜日です

場所: 住吉病院 ケアセンター2階
      アクセス→
http://www.sumiyoshi-kaisei.jp/s-toiawase.html
内容: 「ストレングスモデル第3版」
     第2章 ストレングスの基礎理論
     抄読者による報告とディスカッション


お問い合わせは、すみよし就業・生活支援センター・中島/渡邊までご連絡下さい。連絡先はこちらをご覧ください→http://www.sumiyoshi-kaisei.jp/s-r-syougai-sien.html

山梨県が開設した就労支援のポータルサイト『はたらき甲斐net』「コラム」にて弊法人の「すみよし障がい者就業・生活支援センター」によるさまざまな活動の様子をご報告しております。是非、ご覧くださいhttp://www.hatarakikai.net


最後までお読みいただいた方、どうもありがとうございました。

13
2018-11

よんもくWRAP@11月のお知らせ

投稿時間 : 12時22分04秒

カテゴリー : メンタルヘルス

ジャンル : 指定なし

11月のよんもくWRAPのお知らせです。WRAPとは元気回復行動プラン(WRAP=Wellness Recovery Action Plan)の略称で、アメリカ人のMary Ellen Copeland(メアリー・エレン・コープランド)さんが、精神的な困難を抱えている人たちとともに自身も苦しんでいた精神的な病いに対処して自らの主導権を失わずに元気を回復する方法を作ったことが原点です。

山梨で活動をしているWRAPファシリテーターの人々は毎月第4木曜日の夕方、弊病院ケアセンターで、WRAPのつどいを開催しています。

今月は11月25日(木)18時20分~20時、住吉病院ケアセンターで行います。
第33回のテーマは「元気に役立つ道具箱」です。ご興味をお持ちの皆さま、よろしかったらお越しください。

日時:平成30年11月22日(木)18時20分~20時00分

場所:住吉病院ケアセンター2階
参加費:200円+災害カンパお願いします

今回はコラージュをします。使いたい文具・雑誌やパンフレットなどをお持ちください。持ってこなくてもOKです。
※コラージュ(collage)とは、フランス語の「coller:のりで貼る」に由来
 します。写真や絵や文字などを新聞・雑誌などから切り抜き、画用紙などの
 台紙に張って1つの作品にするものです。

※お菓子の持ち寄り大歓迎です

※詳しくは山梨の精神保健福祉を考える会のブログをご覧ください→http://yarimashoukai.blogspot.com/2018/11/wrap11.html


最後までお読みいただいた方、どうもありがとうございました。