社会医療法人社団 健友会 中野共立病院

東京都中野区にある『医療法人社団 健友会 中野共立病院』のブログ

14
2013-06

老いのこころへの関わり

投稿時間 : 11時35分51秒

カテゴリー : 指定なし(ブログ)

ジャンル : 指定なし


529日の水曜日に、

健友会レジデント・デイが開催されました。

レジデント・デイは普段、中野共立病院以外で

研修をしている医師が定期的に集まり、

近況を報告しあったり、学習講演会を行ったりする行事の事です

 

看護師や、事務、様々な職種が集まって、

医師の成長を応援し、みんなで学びあいます

伊藤洪志医師(5年目)近況報告や、最近思うことなど話してます。

 

今回は、老年精神医学の第一人者である

竹中星郎先生をお招きし、「老いの心への理解と関わり」

と題してご講演をしていただきました。

 

主な内容は、「とられ妄想」を通しての臨床症状、

老年期の精神的問題の特徴や「認知症」について、

さらにはせん妄の臨床症状や要因などについて詳しく話していただき、

一時間半の講演では足りないほど参加者も熱心に聞き入り、

活発な質疑応答も交わされました。

 

 

竹中先生

 

「老年精神科の医師の話を聞くのは初めて」という事務の参加者からは、

 

「普段よくある、医師や看護師が対応に困る事例が、

分解されて理解できそうな気がした」という声、

 

「相談支援にも、家族会にも、認知症サポーター講座にも活かせそうです」

というケアマネさん。

 

「認知症というレッテルを貼るのではなく、

家族が思っている問題点を調べる」という話が

印象に残ったという看護師さんなど、

 

それぞれの心に色々な形で今回の講演内容が響いた様です

 

 

西岡先生(2年目の研修医・東葛病院で研修中)5月は救急でやってます。

米田先生(4年目)週に1日は中野で外来と訪問診療

それ以外の日は、立川相互病院で研修させてもらってます。

 

また、合わせて3名の研修医からの近況報告もあり、

内容の濃い今回のレジデント・デイとなりました。

 

 竹中先生、どうもありがとうございました。

 

 さて、615日(土)は、

 東京民医連家庭医療プログラムのレジデントデーです!

 今回はやまと診療所で二時半から行います。

 

 家庭医に興味のある学生さん、研修医の皆さん、どなたでも参加できます。

 是非のぞきに来てください。お待ちしています☆



トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

老いのこころへの関わり

病院名:

社会医療法人社団 健友会 中野共立病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

社会医療法人社団 健友会 中野共立病院

カレンダー

2018年5月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

プロフィール

社会医療法人社団 健友会 中野共立病院
〒164-0001
東京都中野区中野5-44-7
TEL:03-3386-3166
FAX:03-3386-3622


最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

携帯版

リンク