医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

東京都板橋区にある『医療法人財団 健康文化会 小豆沢(あずさわ)病院』のブログ

09
2017-03

 225日(土)、健康文化会が所属する東京民医連北中ブロック主催の医療介護活動交流集会が開催されました。

 北中ブロックとは、小豆沢病院も加盟している東京民主医療機関連合会の23区の北側にあるグループです。病院では、健康文化会の小豆沢病院 ・ ほくと医療生活協同組合の王子生協病院 ・ 東京保健生活協同組合の東京健生病院と大泉生協病院 が加盟しています。

 そしてこの医療介護活動交流集会集会は、2年に1度、東京民医連北中ブロックの事業所が一堂に集まり、日頃の取り組みを報告し、学び、職員の交流を図ることを目的として開催されます。


今年のテーマは「貧困と格差」。最近「子どもの貧困」という言葉をよく聞くようになりました。

 日本は今、子どもの6人に1人は貧困という深刻な状態です。ただ単に収入が少ないということだけではなく、運動用具が買えないために塾や部活動を我慢する、学力はあるのに進学に必要な費用が工面できないために進学をあきらめるかローンを借りるかの選択を迫られる高校生、家計にお金を入れるために平日も土日もアルバイトで働きづめで高校へ行くなど、子どもたちは教育の機会を奪われ、あるいは10代ですでに多額のローンに縛られる生活を余儀なくされている現実があります。


 こうした中で、子どもを一人にしない、地域で見守る取り組みのひとつとして急速に全国に広がっている「子ども食堂」を通じて貧困と格差を考える企画としました。

記念講演は豊島区で子ども食堂を運営しているNPO法人の栗林知絵子さんです。栗林さんは子ども食堂運営の第1人者で、マスコミの取材にも引っ張りだこ、子ども食堂を各地に広めるための全国フォーラムを開催するなど、まさに時の人です。

近所のおせっかいおばさんから始めたといいますが、おせっかいが子ども、その親、主婦、近所の高齢者、学生、行政と次々に人を繋いで居場所ができていく取り組みは地域づくりそのもので、栗林さんのバイタリティーと、地道な活動スタイルは大きな感動を呼びました。「子どもの貧困、改めて現状を知って胸が痛む」「地域だからできることがあるという言葉が印象に残った」「私たちに何ができるか考えたい」といった感想が寄せられ、友の会活動の参考になるのでは、という意見もありました。


全体の参加者は270人を超え、分散会では54演題の報告がありました。今年、最優秀演題として実行委員長賞を受賞したのは、東京保健生協ソーシャルワーカーの「ネグレクト」の事例でした。他にも今年のテーマにふさわしい演題が多数報告され、交流が深められた集会となりました。

北中ブロック医療介護活動交流集会実行委員会 事務局


 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

北中ブロック医療介護活動交流集会 開催!

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

14
2017-02

口から食べる事にこだわる

投稿時間 : 12時31分49秒

カテゴリー : 学習会関連

ジャンル : 医療コラム

こんにちは!看護部です。

久しぶりのブログになります。

今回は24日(土)に行われた法人の看護管理者研修の報告をします。

看護管理者というのは病院の師長・主任。訪問看護ステーションの所長・主任。診療所の師長です。

2016年度の看護部の研修テーマは「口から食べる事にこだわる」です。そのテーマに沿って2016年度はベテラン、パート看護職員、中堅後期看護師の研修では歯科医、歯科衛生士さんに依頼をして口腔ケアに関わる研修をしてきました。

今回、2016年度の最後の研修として長野県にある健和会病院の福村直毅先生に講師をお願いし、「経口栄養とリスク管理 ~肺炎、窒息、低栄養と戦うために~」という内容で講義をお願いしました。福村先生は毎月2日間東京のほうに出向いていただき、病院、診療所、老人保健施設でVE(嚥下内視鏡)を行い患者さん、利用者さんの嚥下の評価をしていただいている先生です。



今回は看護管理者として基本的には看護師として知らなければいけない知識、問題を中心に講演をしていただきました。公開講座にしたので、1年目の看護師も参加。総勢44名の参加でした。

患者さん栄養管理を支えていく観点での栄養必要量、ポジショニング、映像を交えての講義は参加者からは「まさに目からうろこ」「嚥下、栄養理の問題はここまで進んでいたのか」と声が続々出されました。



また、窒息の定義のお話では日本の窒息による死亡の数は世界の1/3を占めるというとんでもないデーター。餅文化があるとはいえ、安易に窒息という言葉を使っている事がわかりました。

看護師はいつの時も常に新しい事を勉強していかなくてはならないという事を強く思った研修でした。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

口から食べる事にこだわる

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

09
2016-08

小豆沢病院では主に夏休み、冬休み、春休みなど医学生さんの長期休みに合わせて実習の受け入れを行なっています。

 ⇒ 医学生 実習のご案内 ~プログラムはオーダーメイド!!~

 

近年、日本の医学部教育においてグローバルスタンダードに合わせるため、臨床実習を増やす流れがあります。

 そんな中、小豆沢病院でもいくつかの医学部から医学生さんの『地域医療実習』の受け入れを2013年から行なっています。

 

毎年、都内のある医学部より5年生の『地域医療実習』を受け入れていました。

今年度から5年生のみならず、3年生の受け入れも始まりました。

 《3年生の地域医療実習では主に、コメディカルの役割や診療所での実習・見学を重視してほしい 》

という大学からの獲得目標もあり、健康文化会(小豆沢病院の医療法人)内の高島平診療所にて、主に訪問診療やデイケア、看護師同行、高島平地域の説明を友の会の方からしてもらいました。

 

今回の実習で初めて地域の病院や診療所実習に参加した医学部3年生のYさんは

 

『以前デイケアの実習をした事がありますが、ご利用者さんと話をする機会は無かったため、高島平診療所のデイケアでご利用者さんとお話しができてとても良い実習になりました。またバイタルもご利用者さんに教えてもらいながら測らせてもらいとても嬉しかったです。』


 と感想を話してくれました。

 

最後に

『訪問診療に同行した際に、先生と患者さんがとても仲が良さそうな友達のような関係でした。将来、患者さんと信頼関係を築いていく地域の医師も良いなと思いました。』

 と患者さん、ご利用者さんに触れあえる、地域医療の魅力を感じてもらえた実習となりました。


トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

患者さんと触れ合える~地域医療実習~

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

06
2016-07

5月9日小雨、熊本空港からバスで熊本民医連の『くわみず病院』へ。市内に近づくと、瓦礫屋根にビニールシートの青が目に入ってきます。所々に瓦礫や石垣の積み上げが見えますが、平常の街並みも広がります。

同時期に40数人が名簿に連なり、前泊者は18時からオリエンテーションでした。医師・看護師・介護士・事務・リハビリ・調理師等、様々な職種の面々です。

被災状況の説明によると、くわみず病院・菊陽病院、平和クリニック、くすのきクリニック、水俣協立病院、八王子の杜、たくまの里で一部損壊・損傷の被害を受けたが主要構造の被害はなく、気になる損傷は今後専門家に相談するということでした。

病棟は、定数を超えて入院を受け入れており、外来診療はもちろん、救急診療も継続しています。市電乗り場から市民病院が見えますが、いまだ診療機能が回復していないようですから(5/9当時)、民医連の活動が、地域にとってなくてはならないものになっているのだなあと実感しました。

2日間、救急受入の病棟に入りました。食事介助・排泄介助・清潔ケアを中心に行いました。

避難所から、車中からの患者さんも生活不安のまま退院先を考えなければならない状況です。認知症が進行したり、鬱傾向になる患者さんの援助にも心砕き、日々の仕事に向き合う職員の皆さんがいます。ほとんどの職員が被災し、3分の1の職員が避難所や車中泊から出勤しています。自宅の片づけをしながら日夜奮闘し、肉体的にも精神的にも大きな負担を抱えています。

病棟の日常業務を継続することが、どれだけの苦労で行われているのか想像するのも難しいです。

医療も看護も介護も滞りなく進むために全国的支援が続いています。

 

東京民医連常駐・看護師 日向寺美恵子

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

熊本地震 ~被災地2泊3日の医療支援(2016/5/9)~

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

03
2016-06

身体の背中側に2つあるこぶし大の臓器「腎臓」が、何かしらの理由で機能しなくなった場合、代わりに「人工腎臓:ダイアライザー」を利用し「腎臓」の代わりをしてもらう治療を『透析』と言います。

小豆沢病院では、透析治療を始めてから30年以上経過しています。

当院透析室のベッドは25床あり、月曜から土曜まで、午前・午後の透析を行い、お正月・お盆・台風関係なく週335時間の治療が必要な患者さんの対応をしています。

医長の佐藤栄三郎医師をはじめ、透析専門医の非常勤医師が4名、看護師5名、看護助手1名、臨床工学技士5名で安全な透析医療を提供できるよう日々努力しています。

高齢での透析導入が進む中で患者さん・ご家族・生活の中で関わる人たちと “今、何が心配なのか” “からだの状況はどうなのか” “透析とはどんなことなのか”など情報を共有していきたいと考えています。患者さんとご家族の不安や疑問を解消するために、看護師スタッフは患者さんご家族との連絡ノートを活用しています。また、介護保険サービス担当者会議にも参加しています。

脳血管障害、骨折、心疾患などで「専門治療は終了したが、足腰が弱ってすぐに自宅へ帰るのは不安がある」という患者さんは、当院の地域包括ケア病棟や回復期リハビリテーション病棟に入院してリハビリを行います。

透析を行いながらリハビリを受けられる患者さんもいらっしゃいますが、その患者さんたちが元気に自宅へ帰れるよう病棟スタッフなどと連携をとり、安心して透析が受けられるよう努力しています。

なお、当院ではバスキュラーアクセスのトラブル発生時や、合併症を発症した時など専門医の治療が必要な場合は、近隣の総合病院や大学病院へのご紹介を行なっています。

また、患者さんお一人での透析通院が困難な場合、無料で送迎を行なっていますのでご相談下さい。

 

住み慣れた地域で、元気で暮らせるように皆さんのお手伝いをします。




  ☆入院(転院)相談のご連絡先☆

小豆沢病院 地域医療連携センター 03-3968-7506(直通)

まずは、お電話でご相談下さい。

平日:9001700

土曜:9001200 (日曜・祝日は不在となります)

ホームページ:小豆沢病院 地域連携センターのご案内

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

職場紹介<透析室> 持田美佐子 透析室看護師長

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

求人情報はこちら

カレンダー

2017年5月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

プロフィール

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院
私たちの病院は戦後間もない頃、医療を受けたくても受けられない人たちがお金を出し合い、自分たちの病院をつくろうとできた病院です。
「いつでもどこでも誰もが安心してかかれる医療」
「お金のあるなしにかかわらず命は平等」が信念です。
差額ベッド代は一切いただいていません。
〒174-8502
東京都 板橋区 小豆沢1丁目6番8号
TEL:03-3966-8411
FAX:03-3966-0151
求人情報はこちら


携帯版

最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

リンク

ブログパーツ