医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

東京都板橋区にある『医療法人財団 健康文化会 小豆沢(あずさわ)病院』のブログ

25
2017-08

小豆沢病院では医療の質向上委員会の企画で、7月に職員向けに救急講座を行いました。

今回のテーマは「AEDを使ってみよう!」でした。

町中やお店で見かけることが多くなったAED。でも実際に、緊急事態に遭遇した時にどう使うのだろうか?職員でもなかなか使う機会がありません。内科医の渡辺先生から、どういう状態の時に、どうやって使うのかなどの話を聞きました。



 AEDとは、心室細動(心臓がブルブル細かく震え血液を流すポンプ機能を失った状態)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。2004年から医療従事者だけでなく、一般の方も使えるようになりました。

 

まず初めに看護師がお手本を見せてくれます。人形に向かって心臓マッサージの一連の流れの中で、AED使用のお手本を見せてくれました。その後、職員1人ひとりが交代で、心臓マッサージとAEDを実践していきました。


AEDを準備するまでの間、AEDの間、AEDのない時は心臓マッサージを行います。

AEDは音声に従って、使うだけなので冷静になればだれでも扱えるものだと知りました。また、電流を流すかどうかはパッチを貼って、機械が判断してくれるので、安心です。

今回の講座を通して、心室細動の患者さんを助けるのは時間との勝負。1分経過ごとに助かる確率が10%づつ下がっていくそうです。

非常時には勇気を持って、心臓マッサージ、AEDをしてみよう、ということを学びました。



トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

救急処置講座:心臓マッサージとAEDをしてみよう

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

医師の仕事ってなんだろう?
患者さんを診るってどんなこと?
そんな疑問を持った医師を目指す高校生・予備校生のみなさん!
医師体験や Case Conference に参加してみよう!



医師体験では、病院見学や医師から実技指導を受けることができます。診察の基本になる聴診や血圧測定などを体験できます。
例年50人以上の高校生が夏の医師体験に参加し、医師を目指すモチベーションアップに繋げています。

 

2017年夏小豆沢病院 高校生1日医師体験
日程:7/19、7/26、7/28、8/2、8/4、8/9、8/16、8/18、8/23、8/25、8/29、8/30

内容:医療の話、病院見学、実技体験(聴診・血圧測定など)
費用:無料 (昼食は各自でご用意下さい)
申込:メールまたはホームページからお申し込みください。





Case Conference では

ひとりの患者さんの症例をもとに、そのひとの病気の理由やどうケアをしていくのかみんなで考えていきます♫♪

「医療のことはよく分からない・・・」「間違ってるかも・・・」「他の人と考えが違っていたらどうしよう・・・」
でも、大丈夫!みんなの意見が出れば出るほど、その患者さんのケアが多岐にわたり、そのひとの力になっていきます!


内容:SDH[Social Determinants of Health]から見る病気の理由(予定)
対象:医師を目指す高校2年生以上~予備校生
締切:7/7(金) ※先着15名


まずは医師体験やCase Conferenceを通して、医学だけでない、医療の世界に触れてみましょう!

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

叶えたい夢がある!立ち止まれない夏が来る!医師体験にケースカンファレンス!そして夢は現実に!

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

09
2017-03

 225日(土)、健康文化会が所属する東京民医連北中ブロック主催の医療介護活動交流集会が開催されました。

 北中ブロックとは、小豆沢病院も加盟している東京民主医療機関連合会の23区の北側にあるグループです。病院では、健康文化会の小豆沢病院 ・ ほくと医療生活協同組合の王子生協病院 ・ 東京保健生活協同組合の東京健生病院と大泉生協病院 が加盟しています。

 そしてこの医療介護活動交流集会集会は、2年に1度、東京民医連北中ブロックの事業所が一堂に集まり、日頃の取り組みを報告し、学び、職員の交流を図ることを目的として開催されます。


今年のテーマは「貧困と格差」。最近「子どもの貧困」という言葉をよく聞くようになりました。

 日本は今、子どもの6人に1人は貧困という深刻な状態です。ただ単に収入が少ないということだけではなく、運動用具が買えないために塾や部活動を我慢する、学力はあるのに進学に必要な費用が工面できないために進学をあきらめるかローンを借りるかの選択を迫られる高校生、家計にお金を入れるために平日も土日もアルバイトで働きづめで高校へ行くなど、子どもたちは教育の機会を奪われ、あるいは10代ですでに多額のローンに縛られる生活を余儀なくされている現実があります。


 こうした中で、子どもを一人にしない、地域で見守る取り組みのひとつとして急速に全国に広がっている「子ども食堂」を通じて貧困と格差を考える企画としました。

記念講演は豊島区で子ども食堂を運営しているNPO法人の栗林知絵子さんです。栗林さんは子ども食堂運営の第1人者で、マスコミの取材にも引っ張りだこ、子ども食堂を各地に広めるための全国フォーラムを開催するなど、まさに時の人です。

近所のおせっかいおばさんから始めたといいますが、おせっかいが子ども、その親、主婦、近所の高齢者、学生、行政と次々に人を繋いで居場所ができていく取り組みは地域づくりそのもので、栗林さんのバイタリティーと、地道な活動スタイルは大きな感動を呼びました。「子どもの貧困、改めて現状を知って胸が痛む」「地域だからできることがあるという言葉が印象に残った」「私たちに何ができるか考えたい」といった感想が寄せられ、友の会活動の参考になるのでは、という意見もありました。


全体の参加者は270人を超え、分散会では54演題の報告がありました。今年、最優秀演題として実行委員長賞を受賞したのは、東京保健生協ソーシャルワーカーの「ネグレクト」の事例でした。他にも今年のテーマにふさわしい演題が多数報告され、交流が深められた集会となりました。

北中ブロック医療介護活動交流集会実行委員会 事務局


 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

北中ブロック医療介護活動交流集会 開催!

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

14
2017-02

口から食べる事にこだわる

投稿時間 : 12時31分49秒

カテゴリー : 学習会関連

ジャンル : 医療コラム

こんにちは!看護部です。

久しぶりのブログになります。

今回は24日(土)に行われた法人の看護管理者研修の報告をします。

看護管理者というのは病院の師長・主任。訪問看護ステーションの所長・主任。診療所の師長です。

2016年度の看護部の研修テーマは「口から食べる事にこだわる」です。そのテーマに沿って2016年度はベテラン、パート看護職員、中堅後期看護師の研修では歯科医、歯科衛生士さんに依頼をして口腔ケアに関わる研修をしてきました。

今回、2016年度の最後の研修として長野県にある健和会病院の福村直毅先生に講師をお願いし、「経口栄養とリスク管理 ~肺炎、窒息、低栄養と戦うために~」という内容で講義をお願いしました。福村先生は毎月2日間東京のほうに出向いていただき、病院、診療所、老人保健施設でVE(嚥下内視鏡)を行い患者さん、利用者さんの嚥下の評価をしていただいている先生です。



今回は看護管理者として基本的には看護師として知らなければいけない知識、問題を中心に講演をしていただきました。公開講座にしたので、1年目の看護師も参加。総勢44名の参加でした。

患者さん栄養管理を支えていく観点での栄養必要量、ポジショニング、映像を交えての講義は参加者からは「まさに目からうろこ」「嚥下、栄養理の問題はここまで進んでいたのか」と声が続々出されました。



また、窒息の定義のお話では日本の窒息による死亡の数は世界の1/3を占めるというとんでもないデーター。餅文化があるとはいえ、安易に窒息という言葉を使っている事がわかりました。

看護師はいつの時も常に新しい事を勉強していかなくてはならないという事を強く思った研修でした。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

口から食べる事にこだわる

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

09
2016-08

小豆沢病院では主に夏休み、冬休み、春休みなど医学生さんの長期休みに合わせて実習の受け入れを行なっています。

 ⇒ 医学生 実習のご案内 ~プログラムはオーダーメイド!!~

 

近年、日本の医学部教育においてグローバルスタンダードに合わせるため、臨床実習を増やす流れがあります。

 そんな中、小豆沢病院でもいくつかの医学部から医学生さんの『地域医療実習』の受け入れを2013年から行なっています。

 

毎年、都内のある医学部より5年生の『地域医療実習』を受け入れていました。

今年度から5年生のみならず、3年生の受け入れも始まりました。

 《3年生の地域医療実習では主に、コメディカルの役割や診療所での実習・見学を重視してほしい 》

という大学からの獲得目標もあり、健康文化会(小豆沢病院の医療法人)内の高島平診療所にて、主に訪問診療やデイケア、看護師同行、高島平地域の説明を友の会の方からしてもらいました。

 

今回の実習で初めて地域の病院や診療所実習に参加した医学部3年生のYさんは

 

『以前デイケアの実習をした事がありますが、ご利用者さんと話をする機会は無かったため、高島平診療所のデイケアでご利用者さんとお話しができてとても良い実習になりました。またバイタルもご利用者さんに教えてもらいながら測らせてもらいとても嬉しかったです。』


 と感想を話してくれました。

 

最後に

『訪問診療に同行した際に、先生と患者さんがとても仲が良さそうな友達のような関係でした。将来、患者さんと信頼関係を築いていく地域の医師も良いなと思いました。』

 と患者さん、ご利用者さんに触れあえる、地域医療の魅力を感じてもらえた実習となりました。


トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

患者さんと触れ合える~地域医療実習~

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

カレンダー

2017年10月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

プロフィール

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院
私たちの病院は戦後間もない頃、医療を受けたくても受けられない人たちがお金を出し合い、自分たちの病院をつくろうとできた病院です。
「いつでもどこでも誰もが安心してかかれる医療」
「お金のあるなしにかかわらず命は平等」が信念です。
差額ベッド代は一切いただいていません。
〒174-8502
東京都 板橋区 小豆沢1丁目6番8号
TEL:03-3966-8411
FAX:03-3966-0151


携帯版

最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

リンク

ブログパーツ