医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

東京都板橋区にある『医療法人財団 健康文化会 小豆沢(あずさわ)病院』のブログ

24
2017-04

新人看護師さんを迎えました

投稿時間 : 11時11分20秒

カテゴリー : 研修・教育関連

ジャンル : 指定なし



    こんにちは   看護部です。

    4月になり、健康文化会も5名の新人看護師さんを迎えました。新入職員は全員で17名で  

    。     

    今年は男性3名、女性2名で、男性が多いのは初めてです。 時代ですね~

    最初の1週間は法人の研修でした。福島の被災地をバスで巡ったり、オリエンテーリングで 

    川越の街をめぐる泊りの研修があったりと盛りだくさんでした。  


       そして、4月10日からはいよいよ看護部の研修開始です。

       配属も発表され、今年は病院に3名、診療所に2名が配属になりました。

       

        吸引の技術です

       

       挿管の介助です。    緊張します。



   シミュレーターを使用しての採血の練習です。


   次は新人歓迎会の様子です。

       プレゼントは職場で使えるマグカップです。

    

      みんなで飲んで、食べて歓迎ムードです。

    



    最後に全員で記念撮影  17日から職場配属となり、皆さん頑張っています。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

新人看護師さんを迎えました

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

30
2017-03

卒後3年目看護師症例発表会

投稿時間 : 10時16分05秒

カテゴリー : 研修・教育関連

ジャンル : 指定なし



こんにちは!看護部です。

今日は3月1日行われた卒後3年目看護師の症例発表会の様子をお伝えします。

 

当院の卒3看護師は6名で3つの病棟で毎日元気に働いています。

1年目の時は診療所で研修を行った看護師もおり、症例にもきちんと生かされていました。

 

3年目までを若手教育としているため、3年目を終え中堅となる前の最後の症例発表となります。夕方に外来待合室にて開催したため、診療所の方も多く参加してくれました。

 

          

 

内容を紹介すると・・・・

Aさん・・・・1人暮らしの高齢者の方の自宅に帰りたいという強い想いに寄り添い、院内のスタッフと在宅部門の様々な方たちと連携をとり在宅調整をした事例


Bさん・・・・老々介護の後期高齢者の在宅退院を支える取り組み。細かい家屋調査をし、連携をし介護サービスを充実させた事例


Cさん・・・・人工呼吸器管理が必要な方の退院に向けての援助。家族指導から地域サービス、社会資源の活用をした事例


Dさん・・・・かかりつけ医もなく、介護保険も申請していない社会的に孤立していた方を入院をきっかけに必要な援助を行い退院後にも関わりを持ち、家族の支援にもつなげた事例。


Eさん・・・・終末期患者の家族にチーム全体で関わり死への受容を傾聴、情報共有しながら関わった事例


Fさん・・・・亡くなったご家族の遺族訪問(グリーフケア)を通して遺族の喪失感、悲嘆、を受け止め、共感し労いの言葉を伝えたことで、看護師として多くの学びを得た事例


          

 

 

同じ、3年目の看護師ですが、内容は様々。それぞれの職場での取り組みと、私たちは患者さんから学ばせて頂いているのだと改めて感じることが出来ました。

3年間の学びの集大成と共に成長を感じた発表会でした。


トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

卒後3年目看護師症例発表会

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

“平和への熱い思い届けた”NPT再検討会議NY行動(前編) の続きです。

ニューヨークで署名行動をやりましたが、ニューヨークでは署名を書いてくれる人とそうでない人とはっきりしていました。

また、シンポジウムの中で被曝2世のかたがニューヨークの20代の友人と夕食をとった際に、広島や長崎に原爆が投下されたことについてと核兵器が使われることについてどう思うかを聞いたところ友人は「私は詳しく授業で学ばなかったから意見を持っていない。分からない。」と言われたとの話でした。

アメリカの教育では日本の被曝や核被害の影響、非人道性についてはなかなか知られていないのが現状なのかと感じました。だからこそ、日本人が世界に核被害の非人道性と今後2度と使われることがない様に世界に発信していく事がとても重要だと思いました。

日本ではヒバクシャが身近にいますが、世界では核実験でのヒバクシャはいても日本より少ないため、実際にヒバクシャからの話を聞き、原水爆の影響や脅威を知る事は難しいと思いました。

 今後の平和・運動の課題

①そもそも、核兵器国5カ国(アメリカ、ロシア、フランス、イギリス、中国)は核兵器を持って良いという不平等条約であること。

(※それ以外の国は開発、製造、入手する事が禁止となっています。)

②条約はあくまで核兵器のみであり、原子力発電や原子力潜水艦などいわゆる平和利用の推進も条約の内容に含まれていること。

③核兵器国が核廃絶に向けて、具体的な時期設定がされておらず、法的拘束力は定められていません。(事実上努力義務)

また現在ヒバクシャは高齢になっているため、その被害を伝えていくという課題があると思いました。これからも自分のできることを続けていきたいと思います。

                         小豆沢病院 事務 H・M さん

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

”平和への熱い思い届けた” NPT再検討会議NY行動(後編)

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

27
2015-07

第25回青葉若葉を見る会

投稿時間 : 11時59分39秒

カテゴリー : 指定なし(ブログ)

ジャンル : 指定なし

 練馬第一診療所では普段外出する機会が少ない在宅患者様を年に1回、青葉若葉が鮮やかな季節に外出させたい、患者様ご家族同士の交流・気分転換を図りたいとの思いから、「青葉若葉を見る会」として始め、今年で25回目を迎えることが出来ました。

 今年の日程は5月13日。前日までの天気予報では台風接近との事で心配していましたが、当日は雲一つない晴天に恵まれました。参加者は患者様11名とご家族が5名。

光が丘公園内の並木道を散策し、会場であるゲートボール場脇に集合。プログラムは、患者様ご本人・ご家族の自己紹介、歌声サークルのボランティアの方によるアコーディオン生演奏での合唱・車椅子でも出来る体操・毎回恒例の職員による南中ソーラン節の踊りを行いました。

 参加した患者様やご家族の感想には「参加出来て良かった」「明るい歌で楽しかった」「また来年も楽しみにしています」等の嬉しい声や「バラ園に行きたかった」「もっと時間を長くして欲しい」等の次年度の検討課題となる声も頂きました。

 今回は練馬圏域の全事業所(練馬第一診療所、練馬第二診療所、平和台薬局、訪問看護ステーション練馬事業所、ヘルパーステーション)のスタッフ、友の会練馬第一支部のボランティアの方々にご協力頂きました。この場をかりてお礼申し上げます。

 

                      練馬第一診療所 事務 MK

  


                                

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

第25回青葉若葉を見る会

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

24
2014-12

11月23日(日)、介護老人保険施設 志村さつき苑で創立10周年の記念式典とお祭りを行ないました


介護老人保健施設 志村さつき苑


入所している方、そのご家族、デイケアご利用者様、ボランティアの方、職員と総勢約300名はいらしていたでしょうか。多くの方に参加していただき、盛大に式典とお祭りを行なうことができました。

看護職員は、健康チェックを担当、血圧、体温、脈拍、酸素飽和度を測定し、骨密度測定、足指力の測定を行ないました。

健康チェックは、25名行い、普段介護しているご家族の健康面での相談もし、安心して頂くことができました。


志村さつき苑 スタッフのみなさん


骨密度測定はパソコンに測定値を入力すると、年齢に比べて骨密度の状態がどうかがわかります。

ちなみにこの記事を書いている私(46歳)は、普段の食生活の影響(乳製品の摂取ほとんどしない、カルシウムは不足している)が響きやはり、年齢平均より下の値でした。。。今後意識してカルシウムを取らないと・・・と改めて自覚した次第です。

記念式典・お祭りの様々な企画(ドッグセラピー、太鼓、バンド演奏、野菜販売、バザー、職員出し物)で盛りだくさん、みなさんに楽しんでいただき、何より笑顔のご利用者様、涙を流し感動していただいたご利用者様にこちらも励まされました。

さつき苑は、10年の節目をこえて、新しい11年目として、これからも頑張っていきます。これからもご支援、ご協力をよろしくお願いいたします

                      ( 介護老人保健施設 志村さつき苑 N療養長 )


トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

老健「志村さつき苑」創立10周年を迎えました!

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

カレンダー

2017年11月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

プロフィール

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院
私たちの病院は戦後間もない頃、医療を受けたくても受けられない人たちがお金を出し合い、自分たちの病院をつくろうとできた病院です。
「いつでもどこでも誰もが安心してかかれる医療」
「お金のあるなしにかかわらず命は平等」が信念です。
差額ベッド代は一切いただいていません。
〒174-8502
東京都 板橋区 小豆沢1丁目6番8号
TEL:03-3966-8411
FAX:03-3966-0151


携帯版

最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

リンク

ブログパーツ