医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

東京都板橋区にある『医療法人財団 健康文化会 小豆沢(あずさわ)病院』のブログ

09
2016-08

小豆沢病院では主に夏休み、冬休み、春休みなど医学生さんの長期休みに合わせて実習の受け入れを行なっています。

 ⇒ 医学生 実習のご案内 ~プログラムはオーダーメイド!!~

 

近年、日本の医学部教育においてグローバルスタンダードに合わせるため、臨床実習を増やす流れがあります。

 そんな中、小豆沢病院でもいくつかの医学部から医学生さんの『地域医療実習』の受け入れを2013年から行なっています。

 

毎年、都内のある医学部より5年生の『地域医療実習』を受け入れていました。

今年度から5年生のみならず、3年生の受け入れも始まりました。

 《3年生の地域医療実習では主に、コメディカルの役割や診療所での実習・見学を重視してほしい 》

という大学からの獲得目標もあり、健康文化会(小豆沢病院の医療法人)内の高島平診療所にて、主に訪問診療やデイケア、看護師同行、高島平地域の説明を友の会の方からしてもらいました。

 

今回の実習で初めて地域の病院や診療所実習に参加した医学部3年生のYさんは

 

『以前デイケアの実習をした事がありますが、ご利用者さんと話をする機会は無かったため、高島平診療所のデイケアでご利用者さんとお話しができてとても良い実習になりました。またバイタルもご利用者さんに教えてもらいながら測らせてもらいとても嬉しかったです。』


 と感想を話してくれました。

 

最後に

『訪問診療に同行した際に、先生と患者さんがとても仲が良さそうな友達のような関係でした。将来、患者さんと信頼関係を築いていく地域の医師も良いなと思いました。』

 と患者さん、ご利用者さんに触れあえる、地域医療の魅力を感じてもらえた実習となりました。


トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

患者さんと触れ合える~地域医療実習~

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

11
2016-03

地域医療実習から考えた~震災から5年~

投稿時間 : 15時30分00秒

カテゴリー : 医学生 看学生 高校生

ジャンル : 日記


今日で東日本大震災から5年が経ちましたね。未だに帰りたくても放射能の影響で帰れない福島の人がいれば、それに関連して離ればなれになる人がいます。

原発事故が起こらなければこんな悲惨な状況が続く事はなかったのではないかと思います。

今日は震災に関連して、最近「地域医療実習」に参加してくれた医学生さんのお話を紹介します。

 

小豆沢病院では様々な医学部から「地域医療実習」の受け入れを行なっています。

都内のA大学医学部5年生Bさんが、20161月に1週間「地域医療実習」に参加してくれました。

 

Bさんは実家が福島で「親が開業医をしていて将来戻ってきてほしいと言われている。」と話していました。

 

しかし、現在長く付き合っている彼女がいるとの事で「そろそろ進路を決めないといけない。

もし福島に行く事になったら彼女は福島に行く気はないので別れないといけない。」とつぶやいていました。

 

そんな中での地域医療実習がはじまりました。

 

Bさんの地域医療実習では、主に在宅医療を中心に実習してもらいました。

特に訪問診療やチーム医療でどのように在宅の患者さんを支えているのかを実感してもらうために、訪問看護師やヘルパーの看護・介護も体験してもらいました。

 

毎回、小豆沢病院の実習最終日には医学生さんから「実習のまとめ」を報告してもらっています。

 

Bさんから、最後の感想で

 

『今回の実習は全て、大学では経験できない貴重なものでした。

 

医師だけでなく様々な職種の方々が関わり合い、情報を共有し、協力しあうことが大切であると感じました。

 

患者さんの病気だけではなく、他に抱える問題とも向き合い、患者さんの意見を尊重し、少しでも患者さんのQOLを挙げていくことが本当の治療ではないかと考えました。

 

今回の実習で特に往診とはどのようなものなのかを見学出来た事は、今後自分が目指していく医師像を決定していく上でとても参考になりました。

 

患者に寄り添った。患者の事を本当に想う医療がどのようなものなのかを高島平診療所の先生の往診をする姿から学べた気がします。

 

また、小豆沢病院の地域医療への貢献の仕方を見て、将来自分も福島に戻り地域医療に貢献しようと決めることができました。

 

福島に戻るか悩んでいた自分にとって、今回の実習はとても有意義な時間となりました。一週間ありがとうございました。』

 

これからのエネルギーをどう選択していくのかは私達一人ひとりの問題だと思います。

命や健康より優先されるものがあってはなりません。

東日本大震災で起こった事を忘れず、これからも考えていかなくてはいけない問題だなぁ。

と色々な事を考えさせられる実習でした。

将来、被災地に貢献できる医師になって下さいがんばれBさん


                                      小豆沢病院医局事務

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

地域医療実習から考えた~震災から5年~

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

07
2014-11

夏の公開講座8/23(土)患者さん訪問

投稿時間 : 09時04分40秒

カテゴリー : 医学生 看学生 高校生

ジャンル : 日記


夏の公開講座8/23(土)患者さん訪問

小豆沢病院では毎年、医学生・看護学生・薬学生又は医療従事者を目指す方を対象にした公開講座を行っています。今回の公開講座は、小豆沢病院に受診している患者さんの家に訪問し困っている事などを聞き取るインタビューを行ってきました。訪問後はそれぞれの家の特徴や今後必要とされることなどをディスカッションし、発表しました。まとめとして訪問看護師から在宅療養をどのように支えているのか具体的なお話を聞き地域医療を知り考える機会となりました。参加者は11名でした。参加学生の感想を一部紹介します。

地域で暮らす患者さんを知り、最期まで安心して住み続けられるよう地域との連携を活用し、患者さん・家族が納得したうえで一緒に過ごしていく事が大切だと思った。(専門学校4年) 

個々の患者さんが地域でどう暮らしているのか知れた。地域の患者さんの思いをよく聴いて患者さんの希望に合った看護・医療を行っていると思った。 (専門学校2年)

その人らしく生きていけるケアを大切にしていたこと、患者さんが何を求めているのかを感じ取って看護していく。十人十色の看護をしていることが分かった。(専門学校1年)

看護を受ける側の思いは何度でも変えていいんだということに気付いた。その為には普段からのコミュニケ-ションが大切になっていく。誰も孤立させない看護を私もしていきたい。(大学1年)

地域、患者さんに寄り添った医療、看護をしていると思った。高齢化が進む現代社会での地域、在宅医療はこれから一層重要になっていくと思った。(予備校生)

   小豆沢病院では医学生・看護学生・薬学生または医療従事者を目指す方を対象にした企画を毎月行っています。

   ぜひ一度参加してくださいね。 お待ちしております。

 


写真掲載の許可を戴いています。

                                

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

夏の公開講座8/23(土)患者さん訪問

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

19
2014-09

小豆沢病院では、医学部を目指す高校生・予備校生を対象に一日医師体験を春、夏、冬と年に3シーズンで実施しています。今年の夏は全体で51名の高校生が参加してくれました

 

2012年には医師体験の内容をもっと充実させたい!

 

小豆沢病院を好きになる高校生を増やしたい!

と話し合いを重ね、12年冬から新たにリピーター体験というコース分けにしました。

 

初回は「あずきちゃんコース」、2回目「おはぎちゃんコース」3回目「お汁粉コース」医学部合格者は「赤飯コース」とし、2回目以降からより医師の近くで体験・見学をできる内容となっています

 

リピーター体験の具体的な内容は実際に医師の病棟同行、往診同行や小児科外来を隣で見学することができる内容となっています

 

リピーター体験に参加した高校生からは

「医師が患者さんとやり取りしている中で気付いたのは、車イスや寝たきりの人に対して、近くで大きな声でコミュニケーションをとり、視線の高さを合わせて話していたことなどです。」

 

「診察では患者さんの話を聞くなどして信頼関係を築くことが重要というのを学びました。」

 

「半日医師と行動すると全く違った感想を持つことができました。」

 

「将来はきちんと患者さんの立場を考え、信頼しあいながら診断できる医師になりたいです。」

と感想をもらっています

 

 

 

また、実習では15の医学生が参加してくれました

 

実習では病院内の医療体験に留まらず、病院を支えてくれている地域の方々が参加する「友の会」のサークル活動体験(おしゃべり喫茶、ウォーキング)や、往診同行・訪問看護実習を通し、地域医療・在宅医療の現場を体験できる内容となっています!

実習の中で、看護師さんや介護士さんから現場の紹介などをしてもらいました!

 

実習最終日には医局で実習報告会を行いました!

報告会には医師のみならず、看護師、事務職員含め10名以上が参加しました!

参加した看護師さんからは「ぜひ、一緒に働きましょう!」と医学生へあたたかく声をかけくれました。

 

 

最後に、医学生からは

「小豆沢病院での実習が本当に楽しかったです。友の会のサークル活動(おしゃべり喫茶)に参加して、ぜひ地域でお医者さんをやってほしいと言われた事が一番印象に残っています」

と感想が話され、私たちの取り組む医療活動を振り返るとても素敵な機会となりました


トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

夏の思い出…〜1日医師体験・医学生実習〜

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

24
2014-06

☆2014年夏☆高校生一日医師体験☆

投稿時間 : 15時00分00秒

カテゴリー : 医学生 看学生 高校生

ジャンル : 医療コラム

こんにちは。板橋区の小豆沢病院です。

今年もついに梅雨に入りましたね~。毎日じめじめした感じが続いていて嫌ですねぇ。

 

そんな雰囲気を吹き飛ばす為に

 


今年の夏も小豆沢病院の一日医師体験を開催しまーす。小豆沢病院では、医師を目指している学生に、一日医師体験を行っています。

実際の医療現場をみて、モチベーションアップや医療の魅力を感じてもらおうと努めています。

 

Welcome!! 高校生!! 受験生!!

 

日程と内容は下記の通りです♪

日程

7/22(火)7/23(水)7/25(金)

8/1() 8/6(水) 8/12(火)8/20(水)

8/22(金)8/26(火)8/27(水)

 

内容

<午前>

・オリエンテーション

・記念撮影、院内見学

<午後>

・「医師について」レクチャー

・実技(聴診器・血圧測定に挑戦)

・医師への質問コーナー

 

申し込み

下記までご連絡をお願いします。

詳細は小豆沢病院のHPまで!!

 

<TEL>03-3968-7164

<E-mail>igakusei@kenbun.or.jp

<HP>http://www.kenbun.or.jp

担当:堀江、辻まで連絡をお願いします☆

 

≪↓詳細はコチラ↓≫

【高校生1日医師体験】

【医師を目指す高校生・受験生のページ】

インターネットからの申し込みはコチラです。

高校生・予備校生お問合せ・お申込フォーム

 

※参加対象

医学部医学科への進学を考えている方

 

※以前開催しました体験レポートも、ぜひ見てください!※

「第弐話『瞬間(医師と)心 重ねて』高校生一日医師体験冬バージョン」

 

「医師になりたい!!高校生の医師体験レポート」

  

 参加された方からは、こんな感想を頂きました!!

・『医師だけでなく様々な職種の方と会えました。実際に患者さんと接しているとこを見れて、病院の一角に一人一人が生き生きとしている空間があるというのが知ることができたのは、大きな収穫になりました。』

・『この一日医師体験は自分にとってとても有意義なものとなりました。ぼんやりとした医師になりたいという思いも明確なものとなりました。』

・『この体験を通して、医師や働く現場である病院というものを身近に感じられた。普段入れない所や実技などのいい経験が出来て良かったです。』

 

 小豆沢病院は地域医療を担っている病院です。地域医療の現場を体験したい方はぜひ参加してみて下さいね!

  

皆さんに病院でお会いできる事を楽しみにしていまーす。ご応募お待ちしています♪♪

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

☆2014年夏☆高校生一日医師体験☆

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

求人情報はこちら

カレンダー

2017年3月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

プロフィール

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院
私たちの病院は戦後間もない頃、医療を受けたくても受けられない人たちがお金を出し合い、自分たちの病院をつくろうとできた病院です。
「いつでもどこでも誰もが安心してかかれる医療」
「お金のあるなしにかかわらず命は平等」が信念です。
差額ベッド代は一切いただいていません。
〒174-8502
東京都 板橋区 小豆沢1丁目6番8号
TEL:03-3966-8411
FAX:03-3966-0151
求人情報はこちら


携帯版

最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

リンク

ブログパーツ