医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

東京都板橋区にある『医療法人財団 健康文化会 小豆沢(あずさわ)病院』のブログ

14
2012-08

小豆沢病院の医師研修~初期研修医を突撃取材!!

投稿時間 : 13時45分33秒

カテゴリー : 研修医

ジャンル : 日記

  

小豆沢病院の医師研修~初期研修医を突撃取材!! 

こんにちは,板橋区 小豆沢病院です (〃⌒―⌒)/どもっ♪。

 

7月26日(木)の昼下がり,みさと健和病院を訪問して,

初期研修医新宅先生を突撃取材してきました(* ̄ω ̄)ノ。

 

では,本題に入る前に,初期研修医の新宅先生をちょっと紹介します。

 

新宅先生は東京民医連の2年目初期研修医

 

去年,大阪医大を卒業して,小豆沢病院で最初の6ヶ月の導入期研修を

 

行い,現在は,みさと健和病院にて,

 

ビシビシ。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。と鍛えられてる真最中です。

 

12月には,またまた小豆沢病院に戻ってきて,初期研修の仕上げを

 

 行なう予定なのです

 

 

 

 

それでは・・・新宅先生の『今』の様子を

紹介します(*´-ω-))ペコリ。

      

何をみているのでしょう(^ ^;)??。真剣な表情,声をかける隙がない。

 

 

  

パソコンを確認中。指導医の先生登場。

あれ,難しい話なんでしょうか!?深刻な表情(-_-;)

 

 

  

取材中もひっきりなしに電話がなります。

と言っている間に,病棟に呼ばれて行って

まいました く( ̄△ ̄)ノガンバレェェェ!!

 

 

と・・・・Σヽ(゚Д゚; )ノ アッ,

ここで,小豆沢病院で新宅先生の導入期研修の指導にあたっておられた井上院長が登場です。

彼とは半年間一緒に勉強したけど

いや~,本当に思い出深い研修医の一人だね。

(これは意味深ですね ←(_)あやしい…なにが?)。

今でもしょっちゅう,『泣きメール(ノ◇≦。) がくるん

だよ。ほら・・・・.

 

 

   

 

手元の携帯(井上先生スマホなんですね。さすが小豆沢病院院長。)を見てみると・・・・・

泣きというよりか楽しそうなメールですよ

 

 

せっかくなので,新宅先生の小豆沢病院での,

導入期研修の思い出のシーンを紹介しま~す。

(〃⌒ー⌒)/♪

 

20114月某日

出勤初日に病院横の管理棟の屋上にて,初期研修開始にあたっての「決意!」を語ってくれました。

    

 

 

20115月某日

初めての研修医CC,最初の頃は,先輩の先生方に突っ

込まれ,火だるまになり,灰 ヘ(x_x;)ヘ になっていた

ね。

      

 

 

20118月某日

心電図の学習会,同期の看護師たちの勉強会では,

講師を買ってでて頑張ってくれました

【  】\_(*・ω・)ハイ、ココネ

 

   

 

 

 

でも忙しいはずの井上院長は,

いつも新宅先生を気にかけていて,優しく指導に

あたってくれたのでした( i_i)\(^_^)ヨシヨシ。

 

 

  井上院長にレントゲンの読影を教わっております。

 

 

 

 

 おまけ  

 

 

さあ\(^o^)/ 新宅先生!!!

研修委員長の佐藤先生,

研修担当慶田事務が君を待っている!!

ふははは┗( ̄▽ ̄;)=3=3=3=3

 

 

新宅先生が行っている

「みさと健和病院地域密着プログラム」

の詳細はこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

小豆沢病院の医師研修~初期研修医を突撃取材!!

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

カレンダー

2017年10月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

プロフィール

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院
私たちの病院は戦後間もない頃、医療を受けたくても受けられない人たちがお金を出し合い、自分たちの病院をつくろうとできた病院です。
「いつでもどこでも誰もが安心してかかれる医療」
「お金のあるなしにかかわらず命は平等」が信念です。
差額ベッド代は一切いただいていません。
〒174-8502
東京都 板橋区 小豆沢1丁目6番8号
TEL:03-3966-8411
FAX:03-3966-0151


携帯版

最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

リンク

ブログパーツ