医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

東京都板橋区にある『医療法人財団 健康文化会 小豆沢(あずさわ)病院』のブログ

こんにちは!今日は法人内の老健の話題です

 20163月に 老人保健施設 志村さつき苑を取材し、介護現場の状況を記事にした共同通信社から先日、法人本部あてに次のようなお知らせが届きました。

  

「昨春、志村さつき苑のUさんに取材をさせていただき、ありがとうございました。

実はあのとき執筆したルポ記事が沖縄タイムズという沖縄の地元紙に掲載され、それを読んだ沖縄の姉妹が寄せた感想が、日本新聞協会の「ハッピーニュース家族賞」に選ばれました。

ハッピーニュースとは、日本新聞協会のキャンペーンで、新聞を読んでハッピーな気持ちや、新たな気付きを与えてくれた記事とコメントを募集しているものです。(Uさんご自身が受賞の対象となるわけではなく、あくまで読者が選ばれる、ということでややこしくて申し訳ございません。)

Uさんの介護士としてのお仕事ぶりについて、高校生と中学生の姉妹が寄せた感想を読んでいただければと思います。

本当にありがとうございました。」


志村さつき苑の夜勤に密着し、介護現場の厳しい状況と、同時に働く職員の誇りややりがいについて書かれた記事です。 


    


 感想文を一部抜粋させていただきます。

 

 介護職 過酷16時間夜勤 

 

17歳 姉

『「もし、これ読んでたらひいばあちゃんもっと楽に生きていたかなぁ」と、妹から新聞記事を渡された。

(中略) 最後の「呼出音の数だけ『ありがとう』」には、目からうろこが落ちた。過酷な勤務をそう変換したことへの驚きと尊敬、そして感謝の念が押し寄せてきた。同時に体の痛みと介護福祉士への罪悪感に苦しみながら逝った曽祖母の死をどこか受け入れられずにいた私の心を溶かしていくような、温かいHAPPYが私を包んだ。介護現場の実務的な厳しい業務だけでなく、目には見えない心のやりとりにスポットを当てて伝えてくれた。・・・』

  

13歳 妹

『・・・(中略)「呼び出し音70回超」の文字で、介護施設で亡くなった曽祖母が浮かんで目と手が止まってしまいました。

体中の痛みが苦しくて、自力では身動きがほとんど取れなくなった曽祖母は、呼び出しコールのひもを「命綱」だと言っていつも手に巻きつけていました。

他の人よりも意識がはっきりしている分、介護スタッフの方を呼んでしまう回数が多いことに本人も罪悪感を感じていたし、母や祖母も見舞いのたびに謝っていたのを見ていたので、私はきっとスタッフにとって呼び出しの音の回数は、ため息の回数だろうと思っていました。でもこの記事には「呼び出し回数=ありがとうの回数」だと書いてありました。「介護現場の大変さの回数=届いた感謝の数」に変換してくれて、職員のやりがいとして伝えてくれました。とてもうれしかった。曽祖母にも届くなら、読んで聞かせたくなりました。・・・(中略)出合ってしまったと思ったはずの苦しい記事は、出合えてよかったと心からの温かいHAPPYな気持ちにさせてくれた記事でした。』


取材を受けたさつき苑のUさんが受賞したわけではありませんが、Uさんの働く現場の記事を読んだことでこの姉妹がハッピーな気持ちになれたというのはとてもうれしいことですね


新聞記事の全文・感想文の全文は以下の日本新聞協会のホームページに掲載されています。

 → ハッピーニュース2016 受賞作品

どうぞご覧になってください


トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

志村さつき苑のルポ記事の感想が「ハッピーニュース家族賞」に選ばれました!

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

522()に、高島平診療所内外の施設を利用して「第9回健康まつり」を行いました。

診療所内では、健康チェック(身長、体重、体脂肪、握力、血圧、健康相談、血管年齢)、美容講座、絵手紙教室、福祉用具の展示・販売などが行われました。

今年から、高島平通り薬局の「薬のクイズ」が加わり、より健康まつりらしくなりました。

デイケア室での交流の広場では、大正琴、日舞、マジック、ハーモニーカ、南京玉すだれ、うたごえなどで、大いに盛り上がりました。

外では、カレー、焼きそば、トン汁、コーヒー、たこ焼き、お赤飯などおいしい模擬店と、豆腐や野菜等の直販、包丁研ぎに長い列ができて大賑わい。

 通りがかりの家族連れが多く立ち寄っていました。年々参加者が増えてきており、今年も250人以上でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

大賑わいの、高島平診療所「第9回健康まつり」 地域の人達250人!

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

24
2014-12

11月23日(日)、介護老人保険施設 志村さつき苑で創立10周年の記念式典とお祭りを行ないました


介護老人保健施設 志村さつき苑


入所している方、そのご家族、デイケアご利用者様、ボランティアの方、職員と総勢約300名はいらしていたでしょうか。多くの方に参加していただき、盛大に式典とお祭りを行なうことができました。

看護職員は、健康チェックを担当、血圧、体温、脈拍、酸素飽和度を測定し、骨密度測定、足指力の測定を行ないました。

健康チェックは、25名行い、普段介護しているご家族の健康面での相談もし、安心して頂くことができました。


志村さつき苑 スタッフのみなさん


骨密度測定はパソコンに測定値を入力すると、年齢に比べて骨密度の状態がどうかがわかります。

ちなみにこの記事を書いている私(46歳)は、普段の食生活の影響(乳製品の摂取ほとんどしない、カルシウムは不足している)が響きやはり、年齢平均より下の値でした。。。今後意識してカルシウムを取らないと・・・と改めて自覚した次第です。

記念式典・お祭りの様々な企画(ドッグセラピー、太鼓、バンド演奏、野菜販売、バザー、職員出し物)で盛りだくさん、みなさんに楽しんでいただき、何より笑顔のご利用者様、涙を流し感動していただいたご利用者様にこちらも励まされました。

さつき苑は、10年の節目をこえて、新しい11年目として、これからも頑張っていきます。これからもご支援、ご協力をよろしくお願いいたします

                      ( 介護老人保健施設 志村さつき苑 N療養長 )


トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

老健「志村さつき苑」創立10周年を迎えました!

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

21
2012-12

『青空血圧測定』 by 下赤塚診療所

投稿時間 : 14時05分39秒

カテゴリー : 法人内診療所・老健

ジャンル : 指定なし



こんにちは板橋区

 

小豆沢病院ですo(^^)o

今回は法人内の診療所、『下赤塚診療所』で取り組まれております

『青空血圧測定』

の模様をご報告いたします。

 

 

下赤塚診療所では、毎月第3水曜日の午後に友の会の方や赤塚訪問看

護ステーシンのスタッフと一緒に青空血圧測定を行っています。

    今回は、いつも診療所正面玄関前で行っていたのですが裏の駐車場側で行って

    みました。

    診療所は正面も裏口側も商店街通りに面しているという好条件もあり、午後の昼

    下がりは買い物がてらに寄ってくださる方が多いです。

    

血圧測定のついでに、介護の相談や病気の事など健康相談も行っています。

なかには、今通院している病院は遠いしだんだん歳をとって通えなくなったから、

ちらへ通いたいと思っていたんです、

『相談できて良かったわ~・・・・』

など職員に相談でき安心した様子で帰 られる方もいます。

 

     

 地域に密着した、だれでも安心して相談できる!

 そんな診療所をめざして友の会の方、訪問看護のスタッフと協力して頑張っています。

 

 

   

 

ミ★(*^▽゚)v Special Thanks! by BB!★彡 

 


トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

『青空血圧測定』 by 下赤塚診療所

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

28
2011-11

ドッグセラピー☆志村さつき苑

投稿時間 : 15時56分38秒

カテゴリー : 法人内診療所・老健

ジャンル : 日記

こんにちは!板橋区 小豆沢病院です

だんだん寒さが厳しくなってきましたね。

皆さん、風邪などひかないようお気をつけください。

 

今日は法人内の老健での「ドッグセラピー」の話題です。

老人保健施設『志村さつき苑』は同じ板橋区内にあり、開設して7年目の施設です。

 

ドッグセラピーというのはその名の通り、犬たちとのふれあいによるセラピーです

さつき苑では、先月に続き2回目の試みでした。

 

                      

東京コミュニケーションアート専門学校の学生の皆さんと先生が、大型犬から小型犬まで全部で8頭(匹?)の元気なワンちゃんたちを連れて来てくれました。

 

 

犬を見ただけで「かわいいなあ」と言って涙を流す方。

                        

 

 

背中をなでながら「あなた、しっかり生きるのよ!」と犬を激励する方

                         

 

 

中でも印象的だったのは・・・

普段は寝たきり状態で言葉をまったく発しない方が、犬をなでながら急にしゃべり出したため、スタッフは大騒ぎ。

最後には「ありがとうございました。」とはっきりお話しされていました。

                    

 

 

初めてドッグセラピーに参加しましたが、動物にここまでの癒しのパワーがあったとは、正直驚きました。

会場中に笑顔があふれ、にぎやかでなごやか~な空間となりました。

  

        

       

 

                     

 

ワンちゃんたちはみんなしっかりしつけられているため、ないたりほえたりすることもなくおとなしく、愛想もよく本当にかわいかったです。

利用者さんたちはもちろん、もしかしたら一番癒されていたのはスタッフだったかも・・・

                     

 

ワンちゃんたち、学生さんたち、どうもありがとうございました




トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

ドッグセラピー☆志村さつき苑

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

カレンダー

2017年7月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

プロフィール

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院
私たちの病院は戦後間もない頃、医療を受けたくても受けられない人たちがお金を出し合い、自分たちの病院をつくろうとできた病院です。
「いつでもどこでも誰もが安心してかかれる医療」
「お金のあるなしにかかわらず命は平等」が信念です。
差額ベッド代は一切いただいていません。
〒174-8502
東京都 板橋区 小豆沢1丁目6番8号
TEL:03-3966-8411
FAX:03-3966-0151


携帯版

最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

リンク

ブログパーツ