医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

東京都板橋区にある『医療法人財団 健康文化会 小豆沢(あずさわ)病院』のブログ

 

 こんにちは、板橋区 小豆沢病院です。

 

先日の緩和ケアの学習会のとき、病棟の壁に貼ってあるのを発見した「おはぎちゃん通信Vol.6

おはぎちゃん通信が貼られているだけで病棟の壁が輝いて見えますね

 

 

これが、看護師Sさんが予告していた「職場の先生自慢」編か~

その後のフィッシュ!⑥ 『おはぎちゃん通信 存続決定!!』

 

先生方一人ひとりの似顔絵まで描かれていて、先生方の存在がすごく身近に感じられますね

※クリックすると、PDF版が表示されます※

 

 

おはぎちゃん通信の中に

「ドクターとナースとのコミュニケーションが取れると、信頼関係が築ける。そして患者さんによりよい医療が提供できる」

「医師と看護師のコミュニケーションは不可欠です」

とあり、コミュニケーションをとても大切にしている職場であることが、見えてきました

 

多くの投書の中にも

「いつも看護師の気持ちに共感し、優しい声かけをしてくれる」

「ターミナルケアの相談にのってくれる」

「相談しやすい」

とありました。

 

この通信を見た先生方の反応はどうでしょうか?

 

医局にいらっしゃった先生方に、感想を聞いてみました

 

 

 

篠田副院長に聞いてみました

「職場の意見を集めてくれること自体がすばらしいね

 

 

一瀬副院長と大久保先生のお二人にも聞いてみました

「これからも積極的に交流してコミュニケーションを深めたいね

「似顔絵がいいね

と、とても好評な様子でした。

 

 

 砂田先生は

「うーん、照れるな

とすこし顔を赤らめておられました。

 

次号のおはぎちゃん通信は、「得意な看護技術・苦手な看護技術」だそうです。

次号も楽しみですね

 

 

おまけ

救急外来のボードも、夏模様全開です

 

 

今までの名作も、ご覧下さい

その後のフィッシュ!!②  ~看護部の取り組み~

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

フィッシュその後⑦ おはぎちゃん通信Vol.6 『職場の先生自慢』編

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。


 

こんにちは、板橋区 小豆沢病院です。

 

ある日、病院の廊下を歩いていたら、Sナースに声をかけられました

S さん 「そうそう、『おはぎちゃん通信』の存続が決まったよ」

T 氏   「やったね!次号のVol.5ができたらソッコウ見せてネ

S さん 「Vol.5はとっくに配られてるし、もうすぐVol.6ができるよ

T 氏   「そっ、そうなの~

 

 

「おはぎちゃん通信って何?」という方もいらっしゃると思います。

そんな方は、ぜひぜひ以下のブログ記事をご覧ください。

その後のフィッシュ!⑤ 『おはぎちゃん通信』で看護師の心を豊かにしよう!

 

ということで、さっそく『おはぎちゃん通信Vol.5の紹介をさせていただきます。

 

ドドン

クリックすると、PDF版が見られます

 

今回の通信には、以下の4つの質問項目のアンケート結果がまとめられています。

おはぎちゃん通信を読みましたか?

おはぎちゃん通信を見て、職場のスタッフと話すきっかけになりましたか?

おはぎちゃん通信は楽しかったですか?

おはぎちゃん通信の次号を読みたいと思いましたか?

 

『おはぎちゃん通信』は、中堅看護師の研修のなかでの取り組みなので、いつまで継続するかが検討されていたのです。

そこはそれ、職場の仲間の声を集めて作ることをモットーにした通信

「まずは皆の意見を聞こう」ということでアンケートが集められ

「続けて!」という多数の声が寄せられて、「もう少し続けよう」となったのです

 

そして「もうすぐできる」という次号では、「職場の先生自慢」がお題になるとのこと

ますます『おはぎちゃん通信』から目が離せないのでした

 

 

おまけ その1

T 氏   「それはそうと、 外来ナース Sさんが、何で 病棟 にいるの?」

S さん 「え~、知らなかったんですか?7月に異動になったんですよ」

T 氏   「そっ、そうなの~」

 

ということで、おはぎちゃん通信の原稿に加えて、異動の際にSさんが 外来スタッフ に贈ったイラストまでもらっちゃいました

 

 

おまけ その2

Sさん、それもちょうだい!!」と、おねだりして、これももらっちゃいました...

小児科ホームページを更新する際の「担当看護師紹介」の似顔絵

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

その後のフィッシュ!⑥ 『おはぎちゃん通信 存続決定!!』

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

 

こんにちは、板橋区 小豆沢病院です。

 

ある日、ブログのネタを探して病院のなかをウロウロしていると

外来ナースのSさんが、なにやらポスターのようなものを作っているではありませんか

 

 

Sさんといえば、このブログでもフィッシュの話題などで何度か登場しています。

確か先々月なんかは「フィッシュのブログ記事を読んだんですが~」という、とある医療の全国雑誌の記者さんがやってきて、取材まで受けてしまった小豆沢病院が誇るブログクイーンの1人なのです

 

ということで、早速ですが取材を開始

Sさん、今日は何を作ってるの?」

“おはぎちゃん通信”ですよ。中堅Cグループで取り組んでいるんです

“おはぎちゃん通信”

 

 

 

 

“おはぎちゃん通信”とは

 

当院の中堅看護師の研修グループのCチームが発行している通信で

患者さんによい医療や看護を提供するために何が必要かを話し合うなかで

Cチームが着目したのが「コミュニケーション」

 

「よい看護をするためにも、私たち看護師の 心が豊か であることが大切だよね」

「私たちは医師や 他職種も含めたチーム で力を合わせて仕事をしているよね」

「チームの中で大きな存在である看護師が、忙しいなかでも 笑顔 いたいよね」

 

などなどの想いがあり、そのためにも

 

「みんなのコミュニケーションの輪をもっと広げてもらいたい」

「まずはスタッフ間のコミュニケーションがとれている事が大切だよね」

「時には患者さんとの会話のネタにして笑ってもらいたい

「看護とは離れ、全く違うことで笑えたり会話ができたらいいよね

 

そこからお互いの信頼関係が生まれていく…

 

そんな奥深い「コミュニケーション」というテーマと、Cチームのメンバーの多くの思いで

“おはぎちゃん通信”が生まれたのだそうです。

 

今年の2月に第1号が発行され、今回の第4号は 「看護師をしていて嬉しかった一言」 がテーマ

これまでも仲間の声を集めて「職場自慢」「マイブーム」などをテーマに取り上げています。

 

   

 

 

 

※画像をクリックすると、PDFおはぎちゃん通信が読めます

 

 

ちなみに仲間の声は、各職場の休憩室におかれた「おはぎちゃんカード」「おはぎちゃんBOXで集められます。

 

   

 

 

Sさんのお話では、研修グループCチームの取り組みとしての“おはぎちゃん通信”は、近々終了する予定とのこと

でも「えっ もったいない」という声もあることから、アンケート調査を行なって 仲間の声を集め 、今後の方針を決めるのだそうです

 

ということで、私も“おはぎちゃん通信”の存続のために 『 一票  』 を投じることにしたのです

 

 

 

 

ちなみに“おはぎちゃん通信”は、中堅看護師の研修グループのCチームの取り組みですが、実は A、B、Cの3チームがあるのです。他のチームもそれぞれにテーマをもって取り組みを進めていますので、ちょっと紹介

 

Aチーム   このブログでも以前紹介した「誤嚥性肺炎を減らす口腔ケア」

     → “誤嚥性肺炎を減らそう!”今月の医局学習会は「口腔ケアについて」!!

 

Bチーム   「入院問診票の新バージョン」を考案中

 

 

 

 おまけ その1

 

せっかくなので、この日に出勤していた中堅看護師の研修グループCチームの皆さまを呼んできました

 

ついでに、たまたま休憩室にいた、Sさんと同じ職場の外来ナースのお仲間も撮っちゃいました

 

 

 おまけ その2

 

「その後のフィッシュ!」①~④も、ぜひご覧になってください

             ←  その後のフィッシュ!!①  →  

            ← その後のフィッシュ!!②  → 

             ←  その後のフィッシュ!!③  →  

            ← その後のフィッシュ!!④  →  

 

         ※マークをクリックすると「その後のフィッシュ」①~④にとべます※

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

その後のフィッシュ!⑤ 『おはぎちゃん通信』で看護師の心を豊かにしよう!

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

22
2011-12

その後のフィッシュ!④ ~看護部の取り組み~

投稿時間 : 17時16分43秒

カテゴリー : フィッシュ!

ジャンル : 日記

またまた、外来看護師 Sさんより報告が届きました

いつもいつも情報ありがとうございます

 

『 外来の看護師は今、エプロンや白衣の胸にクリスマスのモチーフを

  ほぼ全員つけています。

 これは私が頑張ってるみんなに手作りでプレゼントしたものです。
 毎日忙しくみんなも疲れているので、少しでもかわいい物を身につけ

 癒されれば気分だけでも違うのではないかなぁと思って作りました。
 モチーフだけ集めた写真も送ります。 』

            

 

かわいい 手作りですよ~

 

早速、モチーフを付けている皆さんの様子を取材に行ってきました

 

          

 

          

 

小さくて、ちょっと写真ではわかりづらいかもしれません。

外来の皆さん、撮影協力ありがとうございました。

 

自分たちの職場を自分たちの手で少しでも良くしていきたい、という思いが伝わる報告ですね

 

 

ついでに、外来スペースのクリスマスの飾りつけも撮影しましたよ

2011.10.31のブログ 「その後のフィッシュ!② ~看護部の取り組み~」では ↓ ↓ ↓

 http://blog.cabrain.net/admin/edit.php?article_id=54896

外来スタッフによる飾りつけ「秋」バージョンをお伝えしましたが、今のテーマは「クリスマス」です。

 

   

 

 

 

 




トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

その後のフィッシュ!④ ~看護部の取り組み~

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

22
2011-11

皆さんこんにちは。板橋区小豆沢病院です。

先月「その後のフィッシュ!①②」をお送りしましたが、またまた外来Nsから「フィッシュ!」の取り組みについて情報が入りました。

今日はその後のフィッシュ!第三弾です。

 

                                         

 

外来では看護師の誕生日にいつもお誕生会をやっています

ケーキを買って皆でお誕生日の歌を歌って

サプライズなので、感動して泣いちゃう人もいます

常勤だけでなくもちろんパートさんにも!
随分前からやってます。

 

  

 お誕生日ケーキ・・・何歳?     異動する仲間へ「ありがとう」

 

  

   
 誕生日の主役!            ビール好きの師長さんへ

 

 

                                        

 

 

楽しい雰囲気が伝わってきますね

スタッフから手書きのバースデーカードをもらえる看護師長って、なかなかいないんじゃないでしょうか。

みなさんの自慢の職場です

雰囲気のよさ、ちょっとは伝わったでしょうか。

 

初めてフィッシュ!を学び、取り入れるようになってから3年がたちました。

今は意識的に皆が取り組んでいるというよりは、気づいたら日常の中にちゃっかりと根づいている。といった感じでしょうか。

今回も話を聞いていく中で「そういえばこれもフィッシュ!だね。」「あれもフィッシュ!だ。」みたいな話がいっぱい出てきて、第三弾まで記事にすることができました

 

フィッシュ!を始めたというだけで職場が劇的に変わったり、問題がすべて解決するわけではありませんが、自分たち自身が変わるきっかけになるのではないでしょうか


 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

その後のフィッシュ!!③ ~看護部の取り組み~

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

求人情報はこちら

カレンダー

2017年3月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

プロフィール

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院
私たちの病院は戦後間もない頃、医療を受けたくても受けられない人たちがお金を出し合い、自分たちの病院をつくろうとできた病院です。
「いつでもどこでも誰もが安心してかかれる医療」
「お金のあるなしにかかわらず命は平等」が信念です。
差額ベッド代は一切いただいていません。
〒174-8502
東京都 板橋区 小豆沢1丁目6番8号
TEL:03-3966-8411
FAX:03-3966-0151
求人情報はこちら


携帯版

最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

リンク

ブログパーツ