医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

東京都板橋区にある『医療法人財団 健康文化会 小豆沢(あずさわ)病院』のブログ

14
2017-02

口から食べる事にこだわる

投稿時間 : 12時31分49秒

カテゴリー : 学習会関連

ジャンル : 医療コラム

こんにちは!看護部です。

久しぶりのブログになります。

今回は24日(土)に行われた法人の看護管理者研修の報告をします。

看護管理者というのは病院の師長・主任。訪問看護ステーションの所長・主任。診療所の師長です。

2016年度の看護部の研修テーマは「口から食べる事にこだわる」です。そのテーマに沿って2016年度はベテラン、パート看護職員、中堅後期看護師の研修では歯科医、歯科衛生士さんに依頼をして口腔ケアに関わる研修をしてきました。

今回、2016年度の最後の研修として長野県にある健和会病院の福村直毅先生に講師をお願いし、「経口栄養とリスク管理 ~肺炎、窒息、低栄養と戦うために~」という内容で講義をお願いしました。福村先生は毎月2日間東京のほうに出向いていただき、病院、診療所、老人保健施設でVE(嚥下内視鏡)を行い患者さん、利用者さんの嚥下の評価をしていただいている先生です。



今回は看護管理者として基本的には看護師として知らなければいけない知識、問題を中心に講演をしていただきました。公開講座にしたので、1年目の看護師も参加。総勢44名の参加でした。

患者さん栄養管理を支えていく観点での栄養必要量、ポジショニング、映像を交えての講義は参加者からは「まさに目からうろこ」「嚥下、栄養理の問題はここまで進んでいたのか」と声が続々出されました。



また、窒息の定義のお話では日本の窒息による死亡の数は世界の1/3を占めるというとんでもないデーター。餅文化があるとはいえ、安易に窒息という言葉を使っている事がわかりました。

看護師はいつの時も常に新しい事を勉強していかなくてはならないという事を強く思った研修でした。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

口から食べる事にこだわる

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

522()に、高島平診療所内外の施設を利用して「第9回健康まつり」を行いました。

診療所内では、健康チェック(身長、体重、体脂肪、握力、血圧、健康相談、血管年齢)、美容講座、絵手紙教室、福祉用具の展示・販売などが行われました。

今年から、高島平通り薬局の「薬のクイズ」が加わり、より健康まつりらしくなりました。

デイケア室での交流の広場では、大正琴、日舞、マジック、ハーモニーカ、南京玉すだれ、うたごえなどで、大いに盛り上がりました。

外では、カレー、焼きそば、トン汁、コーヒー、たこ焼き、お赤飯などおいしい模擬店と、豆腐や野菜等の直販、包丁研ぎに長い列ができて大賑わい。

 通りがかりの家族連れが多く立ち寄っていました。年々参加者が増えてきており、今年も250人以上でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

大賑わいの、高島平診療所「第9回健康まつり」 地域の人達250人!

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

09
2016-08

小豆沢病院では主に夏休み、冬休み、春休みなど医学生さんの長期休みに合わせて実習の受け入れを行なっています。

 ⇒ 医学生 実習のご案内 ~プログラムはオーダーメイド!!~

 

近年、日本の医学部教育においてグローバルスタンダードに合わせるため、臨床実習を増やす流れがあります。

 そんな中、小豆沢病院でもいくつかの医学部から医学生さんの『地域医療実習』の受け入れを2013年から行なっています。

 

毎年、都内のある医学部より5年生の『地域医療実習』を受け入れていました。

今年度から5年生のみならず、3年生の受け入れも始まりました。

 《3年生の地域医療実習では主に、コメディカルの役割や診療所での実習・見学を重視してほしい 》

という大学からの獲得目標もあり、健康文化会(小豆沢病院の医療法人)内の高島平診療所にて、主に訪問診療やデイケア、看護師同行、高島平地域の説明を友の会の方からしてもらいました。

 

今回の実習で初めて地域の病院や診療所実習に参加した医学部3年生のYさんは

 

『以前デイケアの実習をした事がありますが、ご利用者さんと話をする機会は無かったため、高島平診療所のデイケアでご利用者さんとお話しができてとても良い実習になりました。またバイタルもご利用者さんに教えてもらいながら測らせてもらいとても嬉しかったです。』


 と感想を話してくれました。

 

最後に

『訪問診療に同行した際に、先生と患者さんがとても仲が良さそうな友達のような関係でした。将来、患者さんと信頼関係を築いていく地域の医師も良いなと思いました。』

 と患者さん、ご利用者さんに触れあえる、地域医療の魅力を感じてもらえた実習となりました。


トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

患者さんと触れ合える~地域医療実習~

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

01
2016-08

元気な歯のまつり

投稿時間 : 14時15分00秒

カテゴリー : 指定なし(ブログ)

ジャンル : 日記

今年も611()に「元気な歯のまつり」を開催しました。0歳児から小学6年生までの58名と保護者の方々に参加して頂きました。毎年参加しているお子さんもいて、新しい企画を考えようと4月に実行委員会を立ち上げ、検討を重ねてきました。

 

ゆび石膏模型と色塗りでは、肩を取り、できた自分の指の石膏模型に色を塗り、独創的な指がいっぱいできていました。

 

吹き矢体験では、「ポケット吹き矢」に挑戦してもらいました。強く息を吐くことにより、腹筋や口の周りの筋肉を意識することができたのではないかと思います。上手に鋭く飛ばす子、届かない子もいましたが、的に当てようと楽しそうに吹いていました。

 

白衣体験は人気で、お友達同士一緒に写って記念になったようです。インスタントカメラで撮影したのですが、携帯カメラ時代の子供にとっては「初めてのモノ」、保護者の方には「懐かしいモノ」のようです。時代の流れを感じました。

 

技工士体験では、模型の義歯を削ってもらいました。これぞ「歯科」という企画で準備に多くの時間を使いました。安全に配慮し、4年生以上としたことで、参加者が少なく残念でした。参加できたお子さんは本物をつかえて楽しめたようなので、来年の課題としたいと思います。

 

今年は過去最高の昨年を超える参加者で、嬉しい悲鳴を上げていました。健康友の会の協力や、ボランティアの協力があって何とか乗り切ることができました。「元気な歯のまつり」を通じて医療や科学、そして自身の健康へ、興味を持ってもらう一つの契機になればと思い、来年もまた開催したいと思っています。

実行委員長 小豆沢歯科 歯科医師 依田 和久

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

元気な歯のまつり

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

06
2016-07

5月9日小雨、熊本空港からバスで熊本民医連の『くわみず病院』へ。市内に近づくと、瓦礫屋根にビニールシートの青が目に入ってきます。所々に瓦礫や石垣の積み上げが見えますが、平常の街並みも広がります。

同時期に40数人が名簿に連なり、前泊者は18時からオリエンテーションでした。医師・看護師・介護士・事務・リハビリ・調理師等、様々な職種の面々です。

被災状況の説明によると、くわみず病院・菊陽病院、平和クリニック、くすのきクリニック、水俣協立病院、八王子の杜、たくまの里で一部損壊・損傷の被害を受けたが主要構造の被害はなく、気になる損傷は今後専門家に相談するということでした。

病棟は、定数を超えて入院を受け入れており、外来診療はもちろん、救急診療も継続しています。市電乗り場から市民病院が見えますが、いまだ診療機能が回復していないようですから(5/9当時)、民医連の活動が、地域にとってなくてはならないものになっているのだなあと実感しました。

2日間、救急受入の病棟に入りました。食事介助・排泄介助・清潔ケアを中心に行いました。

避難所から、車中からの患者さんも生活不安のまま退院先を考えなければならない状況です。認知症が進行したり、鬱傾向になる患者さんの援助にも心砕き、日々の仕事に向き合う職員の皆さんがいます。ほとんどの職員が被災し、3分の1の職員が避難所や車中泊から出勤しています。自宅の片づけをしながら日夜奮闘し、肉体的にも精神的にも大きな負担を抱えています。

病棟の日常業務を継続することが、どれだけの苦労で行われているのか想像するのも難しいです。

医療も看護も介護も滞りなく進むために全国的支援が続いています。

 

東京民医連常駐・看護師 日向寺美恵子

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

熊本地震 ~被災地2泊3日の医療支援(2016/5/9)~

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

カレンダー

2017年6月

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

プロフィール

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院
私たちの病院は戦後間もない頃、医療を受けたくても受けられない人たちがお金を出し合い、自分たちの病院をつくろうとできた病院です。
「いつでもどこでも誰もが安心してかかれる医療」
「お金のあるなしにかかわらず命は平等」が信念です。
差額ベッド代は一切いただいていません。
〒174-8502
東京都 板橋区 小豆沢1丁目6番8号
TEL:03-3966-8411
FAX:03-3966-0151


携帯版

最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

リンク

ブログパーツ