医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

東京都板橋区にある『医療法人財団 健康文化会 小豆沢(あずさわ)病院』のブログ

14
2017-02

口から食べる事にこだわる

投稿時間 : 12時31分49秒

カテゴリー : 学習会関連

ジャンル : 医療コラム

こんにちは!看護部です。

久しぶりのブログになります。

今回は24日(土)に行われた法人の看護管理者研修の報告をします。

看護管理者というのは病院の師長・主任。訪問看護ステーションの所長・主任。診療所の師長です。

2016年度の看護部の研修テーマは「口から食べる事にこだわる」です。そのテーマに沿って2016年度はベテラン、パート看護職員、中堅後期看護師の研修では歯科医、歯科衛生士さんに依頼をして口腔ケアに関わる研修をしてきました。

今回、2016年度の最後の研修として長野県にある健和会病院の福村直毅先生に講師をお願いし、「経口栄養とリスク管理 ~肺炎、窒息、低栄養と戦うために~」という内容で講義をお願いしました。福村先生は毎月2日間東京のほうに出向いていただき、病院、診療所、老人保健施設でVE(嚥下内視鏡)を行い患者さん、利用者さんの嚥下の評価をしていただいている先生です。



今回は看護管理者として基本的には看護師として知らなければいけない知識、問題を中心に講演をしていただきました。公開講座にしたので、1年目の看護師も参加。総勢44名の参加でした。

患者さん栄養管理を支えていく観点での栄養必要量、ポジショニング、映像を交えての講義は参加者からは「まさに目からうろこ」「嚥下、栄養理の問題はここまで進んでいたのか」と声が続々出されました。



また、窒息の定義のお話では日本の窒息による死亡の数は世界の1/3を占めるというとんでもないデーター。餅文化があるとはいえ、安易に窒息という言葉を使っている事がわかりました。

看護師はいつの時も常に新しい事を勉強していかなくてはならないという事を強く思った研修でした。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

口から食べる事にこだわる

病院名:

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院

カレンダー

2017年2月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    

プロフィール

医療法人財団 健康文化会 小豆沢病院
私たちの病院は戦後間もない頃、医療を受けたくても受けられない人たちがお金を出し合い、自分たちの病院をつくろうとできた病院です。
「いつでもどこでも誰もが安心してかかれる医療」
「お金のあるなしにかかわらず命は平等」が信念です。
差額ベッド代は一切いただいていません。
〒174-8502
東京都 板橋区 小豆沢1丁目6番8号
TEL:03-3966-8411
FAX:03-3966-0151


携帯版

最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

リンク

ブログパーツ