特定医療法人 長生会 大井田病院

高知県宿毛市にある『特定医療法人 長生会 大井田病院』のブログ

13
2019-06

よい睡眠とは?・・・のんびりさくら日記

投稿時間 : 23時29分29秒

カテゴリー : 研修会

ジャンル : 施設関連



  

 6月に入り、中旬に差しかかるところですが、

 四国地方をはじめとする西日本の一部は

 まだ梅雨入りの知らせが届きません。

 この季節、雨に濡れる紫陽花を見ると季節を感じるのですが、

 まとまった雨が降らないので、花も少し元気がない感じがします。


 

 さて、先日睡眠に関する勉強会に医師と共に参加してきました。

 内容は、上級睡眠健康指導士の方による

 不眠症に対する指導について、また医師による薬の使い方です。

 

 ベンゾジアゼピン系睡眠薬の漫然とした投与に対しては、

 診療報酬上でも減算の対象となっています。

 

 睡眠について患者さんと話しをする時、

 若いころのようにぐっすり眠れなくなってきた、

 昔のような睡眠を取り戻したいという声も聞かれます。

 年を重ねるごとに睡眠の質、時間は変わってきます。

 眠れない原因を分析して、早めに対処する事が大切です。

 

 寝る前にはコーヒーを飲まない、

 眠くなってから床につくなど

 

 患者さんに応じた支援が必要だと感じた1日でした。

 

 当院では睡眠時無呼吸症候群の検査も実施しています。

 

 ご興味のある方は、スタッフまでお声がけください。

 (実際に体験してみたい気もします・・・)

 



トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

よい睡眠とは?・・・のんびりさくら日記

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

11
2019-06

チャレンジ発表会・・・・院長のつぶやき

投稿時間 : 17時50分05秒

カテゴリー : 研修会

ジャンル : 施設関連



 令和元年
 チャレンジ発表会を開催しました。

 


 見事、訪問看護ステーションすくもが栄冠を獲得されました!


 高齢社会を乗り切るためには

 地域包括ケアシステム(自助 互助 共助 公助)

 構築が必要不可欠で宿毛ならではの街づくり、

 幡多ならではのシステム作りを

 


 主人公は住民


 ・“なんとかなる”を支えよう~

   安心した在宅生活を支える土台強化の取り組み(訪問看護)

 ・『続・おいしい治療食を目指して』(栄養課)

 ・DPCデータの管理と活用

  ~データ志向が求められる時代に向けて(診療情報IT管理室)

 ・「大井田病院通所リハってどんなとこ?」

  ~中央デイとの違いと大井田病院通所リハの役割~(通所リハビリ)

 ・~外国人技能実習制度に関して~(管理部総務)

 



トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

チャレンジ発表会・・・・院長のつぶやき

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

23
2019-05



 

 新緑の眩しい季節、京都に行ってきました。

 


 所属するプライマリ・ケア連合学会の学術大会参加の目的です。

 

 

 年に1回開催される学会は、

 職種の垣根を越えて、プライマリ・ケアについて

 学ぶことができます。

 演題も多職種ごちゃまぜです。

 また、全国の仲間との情報共有の場でもあり

 いつも刺激を受けています。

 

 自分はまだまだだと気付きも多いですが

 これからも、地域に貢献できるように

 頑張っていきたいと思います。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

プライマリ・ケア学会@京都・・・のんびりさくら日記

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

21
2019-05

クリニカルビジット・・・院長のつぶやき

投稿時間 : 12時56分41秒

カテゴリー : 地域医療

ジャンル : 施設関連



 2日間、オーストラリアからロナルド先生、ニックさん、

 ジェラルド教授夫妻、アメリカのミシガンから津崎さん、

 そしてゲネプロの齋藤学先生が当院に来られました。

 

 
 皆さん素敵な方ばかり


 まず、幡多地域と宿毛市、当院について、

 ゲネプロプログラムについて大野先生から

 流暢な英語でプレゼンテーション

 

  

 皆で地域の中核病院である幡多けんみん病院を訪問

 そして、今回は2つの機関から

 当院におけるプログラムの評価を受けました。

 ゲネプロ研修生をお預かりして、地域全体で教育!



 徐々に連携もパワーアップ

  


  

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

クリニカルビジット・・・院長のつぶやき

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

09
2019-04

新しい仲間と共に・・・・院長のつぶやき

投稿時間 : 18時30分17秒

カテゴリー : その他

ジャンル : 施設関連



 先日の入職式で個々の目標発表があった。


 『 万里一空(ばんりいっくう) 』 

 意味は、目標を見失わずに、たゆまず努力を続ける心! だそうだ。

  ある有名な力士も 

 万里一空の境地を求めて、日々努力精進致します! と口上で述べたようだ。


 『 不易流行 』 

 奥の細道で有名な松尾芭蕉が旅で残した言葉。

  ずっと変わらないことと、時代とともに変わることは

 同じくらい大切という意味です。

 100年の歴史がある大井田病院も

 不易流行により発展してきたと思います。

  組織も個人も、変わらない本質の中にも

 お互いの分野を尊重し合いながら

 「チャレンジ アンド チェンジ」の精神で

 新しい変化を取り入れて頂ければと思います。


  一日でも早く、それぞれの部署で活躍されるくれることを期待しています!

     


 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

新しい仲間と共に・・・・院長のつぶやき

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

01
2019-04

高知家の薬剤師(薬剤課)

投稿時間 : 14時18分50秒

カテゴリー : 部署紹介

ジャンル : 施設関連


 今日から4月。お昼には新しい元号が発表されますね。

 週末は平成の時代を振り返る番組が放送されていました。

 時が移ろいで行くのが早く感じる今日この頃。

 桜も見頃を迎えました。花見を計画しないと!!

 

 さて、昨日新聞を読んでいるとかかりつけ薬剤師・薬局の特集が

 掲載されていました。

 

 

 高知県では、国が推し進めている「健康サポート薬局」とは別に

 「高知家健康づくり支援薬局」という制度があります。

 

 県内にある薬局の約75%にあたる300弱の薬局が認定されています。

 

 病院を受診するまではいかないけれど

 健康の事を気軽に相談できる「街の薬局」。

 住民一人一人が自分の「かかりつけ薬剤師・薬局」を決める事は

 ポリファーマシーの問題、残薬の問題などからもとても大切です。

 

 私たちも、保険薬局との「薬薬連携」を強化して

 地域のためにがんばっていかなければと感じつつ

 読ませていただきました。

 

 でも、毎回思うのですが

 「高知家の薬剤師」て、病院薬剤師も該当するのに

 なんだか保険薬局だけという感じが寂しく思います。

 まだまだ連携ができていない証拠なのか・・・

 認知されていないのか・・・・

 

 がんばろう!


トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

高知家の薬剤師(薬剤課)

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

特定医療法人 長生会 大井田病院

カレンダー

2019年6月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

プロフィール

特定医療法人 長生会 大井田病院
〒788-0001
高知県宿毛市中央8-3-6
TEL:0880-63-2101
FAX:0880-63-4792


最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

携帯版

リンク