特定医療法人 長生会 大井田病院

高知県宿毛市にある『特定医療法人 長生会 大井田病院』のブログ

19
2019-08

復活!血圧脈波検査(臨床検査課)

投稿時間 : 08時46分14秒

カテゴリー : その他

ジャンル : 医療コラム



 半年ほど前、十数年間使っていた血圧脈波検査装置が壊れ、血圧脈波検査が出来なくなっていました。
 年間20前後の件数しかなく、このまま廃止の流れで行くかと思いきや、

縁!?あってか、新機種導入!!  復活しました。
  ちなみに何の検査かと言うと「血管の固さや弾力性・しなやかさ、血管の詰まりの有無や度合などを測定する検査」です。
 健康診断のオプションにも加えられるようなので、検査希望の方は是非どうぞ!


トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

復活!血圧脈波検査(臨床検査課)

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

17
2019-08

ふれあい看護体験 みっちゃんブログ

投稿時間 : 08時00分00秒

カテゴリー : 部署紹介

ジャンル : 医療コラム

今年も例年同様、ふれあい看護体験に8名の高校生を受け入れました。この催しは、高知県看護協会が主催で、看護師になりたいという希望を持った地元の高校生を受け入れています。

 今年は、高校3年生4名と1年生4名の体験者でした。体験内容は、検温の見学、清潔ケアの見学(一部実施)、シーツ交換、車いす、ストレッチャーでの移動介助、手洗いの実際、リハビリテーション見学等です。

 高校3年生に関しては、進学先も決め、看護職に進むことが確定していましたが、1年生は何らかの医療職を希望ということで、体験では看護業務だけに限定せず、介護職やセラピストと触れ合える体験を計画しました。

 体験終了後の1年生の感想分には、理学療法士に興味がわいた、看護師になりたい、さらには助産師になって命に関わる仕事がしたいなど、体験を通して医療職に対する関心が高まっていました。うれしいことです。

 3年生は、看護業務や患者とのやり取り等を直に体験したことで、看護師という職業の大変さ実感すると共に、やりがいを感じ、ますます看護師になるという思いを強くしていることが感じ取れました。

 

 体験終了後、3年生2名の方から個人的なお礼の文書が届きました。一部紹介させていただきます。(通常は個人的な文書は、必要ないとされているのですが・・・嬉しいですね。)

寝たままの状態でのシーツ交換や車いす、ストレッチャーでの患者体験場面で、

「患者さんの立場になってみると自分が思っていた以上に怖かったり、不安な気持ちになることがありました。その時看護師さんは、患者さんの不安を減らし、快適な状態になってもらえるように考えながら行動し、接しているとのことを知りました。どんなに忙しくても患者さんのことを一番に考えて仕事をしている姿を見ることができ、私も皆さんのような素敵な看護師になりたいと思いました。」

 

今回の体験もまた、看護の魅力を伝えることができたと思いますね。






トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

ふれあい看護体験 みっちゃんブログ

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。



 以前、医療の3要素について:お話ししました。

 知識と技術と真心 

 岡田先生の中でも 知識と技術と意欲 という話がありました。

 では チームの能力を支える3要素とは? 

 知識・行動・態度があげられます。

 その中のスキルの一つとしてコミュニケーション力があります。

 今日はチームにおけるコミュニケーションについて

 3つお伝えします。

 自分たち、また部署にあてはめてみてください。

 一つ目は ・SBAR 状況、背景、評価、提案 

      ・closed loop  communication 

           ・2challenge rule

 急変対応コースやICLSを受講の方はご存知と思います。

 二つ目は 権威勾配の適正化

 うるさい!あとで! これではチームワークは崩壊します。

 そして、三つ目 集団思考について

 個々は優秀な人が集まっていて、

 まとまりも強いと思われる集団が

 結果としてとんでもない判断をしてしまうことがあります。

 自由な意見が言えない圧力

 閉鎖的な心理状態

 あまりにも方針がまとまりすぎているなどないでしょうか。

 偏らない様々な意見があったほうがいいのかもしれません。

 今回は、明確で効果的な

 コミュニケーションの重要性についてお話しました。


 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

チームとコミュニケーションスキルについて・・・院長のつぶやき

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

コミュニュティーナース?? はじめて耳にする方も多いのでは!?

 

病気になったら入院して療養をするのは当たり前。

でも、、、療養のたびに、加齢の影響もあり、少しずつ今までの暮らしが難しくなる。

そんな地域の住民さんとともに、

ひとりひとりにとっての健康な生活はなにか考え、

今までと同じでなくてもどんな生活ができそうか、一緒に考えて見守っていく、そんな関わりがしたい!

地域には、そんなお手伝いをする専門職がいろいろいます。地域・病院そんな枠を超えて、看護師としてなにかできることがあるかもしれないと、「コミュニティーナースプロジェクト 第9期」の研修に参加しました!! 


そこであらためての気付きを紹介します ↓↓

 

・地域の住民は、健康というものが最優先ではない。楽しさやその人の関心ごと、すでに優先度の高いものに乗っかって関わっていくと、すんなり馴染める

 

・住民の声に積極的に耳を傾ける、不安そうな表情、しぐさなど「(心の)つぶやきを拾う」、出会っていなかった人たちを結ぶ「つなぎ役になる」

 

・「その人がどうしたらいい自分を発揮できるか」関係性をコーディネートする。直接かかわるというより、相手の強みに合わせて別の人のお節介の力を引きだしていく

 

コミュニュテーナースは、看護師の専門性を活かした「相手がどんな力を持っているのか、どうやったらその力が引き出せるか」という視点での「かかわり」を通し、地域の人々の健康→地域の健康に寄与することを目的としています。そして、大事なのは、そのかかわりを看護師自身が楽しい!!と思えること。楽しい!!を伝播して行くそんな活動、だそうです。

ちなみに、役所のような公的なところに在籍している保健師と違い、近所の店、サロンの受付、ガソリンスタンドのような生活の身近なところに存在します。また、訪問看護師のように医療処置は行いません。

 

研修は9月まで続きます。 新しい学び、またお伝えします。

 

コミュニュティーナースについて詳しく知りたい方は ↓↓

https://community-nurse.jp

コミュニュティーナースの書籍もあります。コミュニュティーナースがどうやって誕生したのか、や、実際の活動がわかります。関心のある方はぜひ♡♡

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

コミュニュティーナース!?  ~研修に行ってきました~(地域連携相談室)

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

21
2019-07

看護職員研修開催   みっちゃんぶろぐ

投稿時間 : 08時00分00秒

カテゴリー : 部署紹介

ジャンル : 医療コラム


629日(土)と30日(日)の両日、外部講師を招いての研修を開催しました。

 

この研修は、ここ数年間毎年継続して行っています。

今回の研修は、中堅看護師と新人看護職員対象。大井田病院の新人3名も参加しました。

 

新人看護師が4月に入職し、早くも(まだ?)3ヶ月が過ぎました。職場の雰囲気に馴染んできたころでしょうか。

今回の研修会には、地元の看護学校を卒業し、地元で働いている新人看護師にも参加を呼びかけました。入職3ヶ月目のこのころは「リアリティー・ショックを強く感じて落ち込む時期」と言われています。この日のグループワークやシミュレーション等以外でも和やかに談笑している場面が見られました。リフレッシュできたのではないでしょうか?

 

 

 研修内容を少し紹介

≪両日とも講師は、高知医療センター救急看護認定看護師≫

 

一日目は急変時対応について「ABCDの観察のポイント」と題して、観察の基本を、そして2日目は、「敗血症に強くなる」と題して、臨床場面でよくみられる発熱に焦点を当て両日とも座学と演習が行われた。グループワークでは、学習した内容を振り返りグループ内で共有する時間が取られており、受講生は、学びをより深めることができていた。

モデル(人形)を使っての演習では観察のポイントを声に出して確認し、モニターに表示された心電図波形(基礎から異常波形)の説明を受け、苦手な心電図が少し身近なものとなったようである。

医師への報告の仕方については、院長を相手に実践し、相当苦慮していたが、最後には要領よく報告するポイントを学び、臨床に活かしたいという意気込みが感じられた。

 

研修に参加された皆さん、お疲れ様でした。




トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

看護職員研修開催   みっちゃんぶろぐ

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

07
2019-07

禁煙の日(診療情報IT管理室)

投稿時間 : 08時00分00秒

カテゴリー : その他

ジャンル : 医療コラム



毎月22日は、スワンスワンで「禁煙の日」だそうです。 

皆さんご存知でしたか?

煙推進学術ネットワーク」は、現在30学会が加盟しており、個別に禁煙推進の活動を行いながら、学会間で喫煙・禁煙に関する情報交換・情報共有を行い、喫煙によって生じる疾患と禁煙方法や禁煙治療薬などに関する研究や、一般の方へ喫煙の害・禁煙に関する知識の普及啓発、受動喫煙防止のための社会的な禁煙推進活動などを共同して行っています。同ネットワークの活動の一環として毎月22日を「禁煙の日」と制定したそうです。シンボルマークとして、白鳥(スワン)が2羽寄り添う姿と22日を重ね合わせ“毎月22日は「禁煙の日」。スワンスワン(吸わん吸わん)で禁煙を!”スローガンに掲げています。2羽の白鳥が寄り添うように、一人で我慢するのではなく、専門の医師、家族、友人などの サポートを得て禁煙に取り組んで頂きたいという願いが込められているようです。

悩まされてせんか?受動喫煙に・・・。

日本では、3割以上の方が職場、飲食サービス施設などでタバコの煙にさらされてます。受動喫煙は、目・鼻・のど・気管支への刺激による不快な症状や、体調不良をもたらすだけでなく、

ぜんそく、心臓病、脳梗塞、肺がん、喉頭がん、心筋梗塞など命を脅かすさまざまな病気の原因になるそうです。


                                                                                                                                 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

禁煙の日(診療情報IT管理室)

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

特定医療法人 長生会 大井田病院

カレンダー

2019年8月

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

プロフィール

特定医療法人 長生会 大井田病院
〒788-0001
高知県宿毛市中央8-3-6
TEL:0880-63-2101
FAX:0880-63-4792


最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

携帯版

リンク