特定医療法人 長生会 大井田病院

高知県宿毛市にある『特定医療法人 長生会 大井田病院』のブログ

30
2019-10

まだまだワクワクは続く・・・院長のつぶやき

投稿時間 : 13時32分55秒

カテゴリー : 地域医療

ジャンル : 施設関連



 2004年から開始した情報連携システムの発展版

 「高知ケ@ライン はたまるねっと」のシステムを

 有効活用し効率で切れ目のない体制を目指していきたい。


  医療との接点が医療機関以外へも広がる多角化

 個人個人にオーダーメード化が進む個別化 

 医療の主体が患者さん自身に変わっていく主体化が特徴


 テクノロジーはあくまでも適切に活用すればとても有用な手段です。 

 この度、 

   ・宿毛市と 

   ・地域次世代医療基盤研究協議会 

   ・東京大学大学院医学系研究科 公衆衛生学 

   ・慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 

   ・一般社団法人Cip協議会 と調印式が執り行なわれました。 

  


 テーマは かかりつけ医を拠点としたEHR PHR 活用による

 予防医療の推進を効果的に実施! 

 健診、無作為、血糖値の変動や毎食の食事内容、

 栄養指導などなど ワクワクのキーワードが盛り沢山です。


  


 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

まだまだワクワクは続く・・・院長のつぶやき

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。


皆さん、ご協力ありがとうございました。

今年度予定の職場体験の受け入れを無事終了することができました。

簡単にご報告を。

受入れ総数  25名 内訳は下記

片島中学校 2年生  2

小筑紫中学校3年生  3名 

大月中学校 3年生  3

宿毛中学校 3年生  5

宿毛高校  2年生  4

ふれあい看護体験   8名(宿毛高校4名・中村高校4名)

 

毎回、医療職に関心がある中高生が参加しています。

れあい看護体験8名は看護師として進路を決めている生徒さん。

中にはなんとなく参加している生徒さんもいますが、まだ中学生ですから無理もないことだと思います。だから、できる限り刺激を与えたいという思いがありますね。

結果、「病院にはたくさんの職業があることを知った。」「医療職に関心がわいた」「体験を通して放射線技師になりたいと思った」等の声が聞かれます。

以前までの、看護師に限定した体験から、多くの職種を知ってもらう体験に変更したことで、生徒さんが楽しく体験できている印象を受けるのは、私だけでしょうか。

体験終了後のアンケートや感想文、反省会では、「職員が協力して働いている」「職員が患者さんを大切にしている」という印象を持ってくれていることが実感できます。

職員が患者さんに接している場面や職員間の声掛けの場面等を、生徒さんはしっかり見ているのだと思います。(ちょっとしたサーベイヤーですかね。)

 

最後になりますが、この職場体験は、病院職員の協力なしではできないことです。

お忙しい中、医師はじめ多職種の皆さんには、積極的に関わっていただき本当にありがとうございます。

引き続きご協力をお願いします。ワクワク・ドキドキ職場体験です。




トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

今年の職場体験すべて終了          みっちゃんぶろぐ

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

28
2019-10

国際緊急援助隊研修(医局)

投稿時間 : 12時27分16秒

カテゴリー : 地域医療

ジャンル : 医療コラム

先日、国際緊急援助隊(JDR)の医療チームの研修に参加しました。JDRというのは、その名の通り海外で災害など、その当事国だけでは対応できない大規模な医療ニーズが発生した際に派遣要請が出され、緊急に組織、派遣されるチームです。直近では、2019年のモザンビークのサイクロン被害に対して派遣されました。DMATの海外版、というイメージでしょうか。

数年振りの研修参加でしたが、その内容は大きく様変わりしていました。以前は、「野外診療所」のような一時救護と後方搬送をメインとしていましたが(タイプ1)、今回はより「病院医療」にシフトしていました(タイプ2)。非常時だからといって医療の質を下げて良い訳ではない、平時と同じ医療を提供できるように準備すべき、という理念が強くなっていました。諸外国は、病院機能をまるごと輸送できる体制を整えつつあり、病棟・手術室はもちろん、ICU機能をもつテントも備えていました。設備の変化に伴い、現場で求められる能力も変わっており、なかなか大変な研修でした。

きちんと学び続けないと世の流れに取り残されてしまうという焦りと同時に、場所に関わらず最善の医療を提供する、という理念の広がりに意を強くした研修でした。

 

*写真は、以前医療支援で訪れたパプア。・ニューギニアの海です。JDRは関係ありません。悪しからず*



トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

国際緊急援助隊研修(医局)

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

22
2019-10

糖尿病教室【10月】 (薬剤課)

投稿時間 : 22時09分18秒

カテゴリー : 地域医療

ジャンル : 施設関連



  今日は秋らしいいいお天気でした。


  ちょっとお山にお出かけをしていましたが

  朝はきれいな雲海と彩雲を見る事もでき

  色づく木々を見る事もできました。

  この週末、天気がよければおでかけしたいと思います。


  さて、先週の土曜日、糖尿病教室が開催されました。

  

  今回の講師は臨床検査技師さんと管理栄養士さん。
 
  


   

  わかりやすく、丁寧に説明してくださいました。

  お昼ごはんも秋らしいメニュー。

  


   

  

  きのこごはん、食べたくなりました。

  レシピをもらって自宅でも作ってみようと思います。



 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

糖尿病教室【10月】 (薬剤課)

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

09
2019-10

看護フェアin HATA  せきちゃんブログ

投稿時間 : 10時50分46秒

カテゴリー : 地域医療

ジャンル : 医療コラム

看護フェアin  HATAに参加してきました。


高知県看護協会幡多支部主催により令和元年105日(土)幡多看護専門学校で開催されました。今年で3回目となります。


幡多地域の病院を知ってもらい看護職に興味をもってもらうのがねらいです。

たくさんの看護学生、中・高校生、保護者、医師?が集まりました。



先輩看護職(保健師・助産師・看護師)からのメッセージに始まり、急性期看護・慢性期看護・在宅看護・精神科看護・看護学校など8つのブースで先輩看護職がいろいろなプレゼンを行いました。


私たちは在宅看護ブースの担当でした。

訪問看護ステーションすくもの職員と外来の訪問診療担当看護師、訪問看護ステーションあったか渭南の方たちと協力し、看護の実践ややりがいを熱く語り大盛況でした。



参加者の看護学生から笑顔で来てよかったです!の言葉にほっこりし、ひとりでも同じ仲間が増えることを願いつつ閉会しました。訪問看護ステーション所長始め訪問・外来看護師さんご苦労様でした。





トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

看護フェアin HATA  せきちゃんブログ

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

25
2019-09

夜勤』と『看護体制』   みっちゃんブログ

投稿時間 : 08時00分00秒

カテゴリー : 地域医療

ジャンル : 医療コラム


24時間365日、患者に必要な医療・看護を安全に提供する事が私たち医療従事者の責務です。

昨今、厚生労働省の『働き方改革』が打ち出され、長時間労働是正に関連して「働きやすさ」が問われています。病院内でも時間外勤務の軽減や有休取得率アップの取り組みが行われていることは周知のところです。今回看護部門では、「夜勤・交代制勤務」の見直しに向けて取り組み、10月から数ヶ月の試行期間を経たうえで、変則2交代制勤務の本稼働の予定となりました。

現状の3交代制勤務では、超過勤務や勤務間インターバル、夜勤前後の休息時間の確保等に関する課題がありました。

変則2交代制では、看護の質を落とさないことはもちろんですが、職員の業務負担が軽減も大きなポイントになります。業務量が多いところへ手厚く人員を配置することで、時間外業務となっている指示受けや、看護記録等の時間外部分の削減も期待されます。

24時間直接患者にかかわる看護師の場合、生涯にわたり、安全に、健康に、それぞれの生活も豊かにしながら仕事を継続していくことが重要になります。看護者自身が夜勤の負担について認識しておく必要があるのではないでしょうか。

「夜勤…看護師なら当たり前」というのが、通常の認識かもしれませんが、それは健康だから言えること?私自身若いころは、夜勤負担の認識は低かったように思いますが、結婚、出産、育児というライフイベントの中での大変さは実感できるものがありました。そして年齢を重ね、夜、起きて働くということの心身両面の負担・・・・増大。

夜勤に慣れはないといわれています。夜間継続して働くことは、人間が生来持っている生活のリズムに相反することであり、慢性的な疲労が蓄積されるといわれています。突然死の報告も耳にします。また夜間の医療事故のリスクの高さも報告されています。

日本看護協会の倫理綱領の条文(第12条)で、「質の高い看護を行うために、看護者自身の心身の健康の保持増進に努める」ことがうたわれています。職業生活と私生活のバランス、活動と休息のバランスを保つように努めることが求められています。若い人材が増え、長く働き続けられる職場であること(離職防止)が望まれます。夜勤・交代制勤務の負担を最小にして勤務を継続しやすいように、今後も取り組む必要があります。

子育て世代の「短時間勤務」や「夜勤専従」「日勤専従」「高齢者の勤務形態」他、多様な働き方のアイデアが、勤務をつなぐ手段として生まれてきそうですね。

必要な人員が適材適所で働けること、そして「働きやすさ」が求められます。いずれにせよ、新たな体制づくりでは業務整理は必須ということですね。

勤務体制変更に伴う部門・職種間連携に関しては不明瞭な部分です。試行期間で評価、確認をする必要があります。ご意見ご協力をお願いいたします。



トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

夜勤』と『看護体制』   みっちゃんブログ

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

特定医療法人 長生会 大井田病院

カレンダー

2020年2月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

プロフィール

特定医療法人 長生会 大井田病院
〒788-0001
高知県宿毛市中央8-3-6
TEL:0880-63-2101
FAX:0880-63-4792


最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

携帯版

リンク