特定医療法人 長生会 大井田病院

高知県宿毛市にある『特定医療法人 長生会 大井田病院』のブログ

02
2019-07

連携の強化を目指して・・・院長のつぶやき

投稿時間 : 08時35分14秒

カテゴリー : 地域医療

ジャンル : 施設関連



 先日 土佐清水市の在宅医療、介護連携推進事業

 令和元年第1回会議へ当院地域包括ケア病棟の看護師が

 講師として参加してきました。

 

 幡多の現状と未来
 退院支援事業への参画
 高知家@ラインはたまるねっとの取り組み

 について報告
 

 


 土佐清水市は連携含め県内では

 随分先の取り組みをされている地域です

 住民も参加されていてパワーを頂きました!

 7
月は訪問看護ステーションすくものスタッフと参加してきます。

 キーワードは連携

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

連携の強化を目指して・・・院長のつぶやき

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

01
2019-07

チームHATA  せきちゃんブログ

投稿時間 : 08時00分00秒

カテゴリー : 地域医療

ジャンル : 医療コラム

ケースプレゼンテーションin幡多が令和元年6月21日当院で開催されました。

 これは、高知県が平成27年度から取り組んでいる「高知県中山間地域等 訪問看護師育成講座」 を修了した幡多の訪問看護師さんたちが卒後に集まり、近況報告や日々の悩みの共有・解決を目指す幡多バージョンの勉強会です。

メンバーは、訪問看護ステーションあったか渭南(2名)、竹本病院訪問看護ステーション(2名)、訪問看護ステーションのぞみ(2名)、当院の訪問看護師、地域医療CD(2名)、高知県立大学(健康長寿センター)講座担当の2名の先生方を交えての10名で、和気あいあいとした雰囲気での開催となりました。当院での開催ということで2名のギャラリー?付き添い?(ステーション所長・副看護部長)も冒頭参加させていただきました。 会に先立ち先生方にごあいさつをさせていただいた際、この育成講座の修了生がもうすぐ100名にとどきそうということをお聞きしました。「無理と言われていた新卒の訪問看護師の育成や訪問看護に興味がある人・すでに訪問看護に携わっている人 の自信と力量アップを図り高知県全域の訪問看護の場に活躍できる人を送り出していることはすごいことですね。

何もしなかったら(ゼロ)100名近くになって、新しいことに挑戦、行動をおこす事って大事ですね」とお伝えしたことでした。

そして修了者のみなさんの近況報告を聞かせてもらい、学んだことは多々ある中、一番の成果物は、講座に参加したことで一人ひとりが訪問看護師としての自信を持てたことだと感じました。

訪問看護師は、療養者や家族に安心を与えにいく”といわれていますが、安心を与えるためには高い専門性が必要です。

このことを目指していきいきと在宅での看護にあたっているみなさんは輝いてみえました。また、訪問件数が数段アップし、看取り件数も増えているというステーションの報告もあり研修での学びや自信がこういった ことにも繋がってるのではと思いました。

後半は、当院の訪問看護師からの事例提供をもとに悩みの共有や解決への話し合いができたようです。

当院の修了者2名には、在宅での看護のみならず院内連携において訪問看護師しての力をますます発揮し、また、地域医療CD新たなケアシステムの構築や既存のケアサービスの連携促進に地域での活躍を期待しています。

話は変わりますが、講座担当のひとりの先生は、家族支援専門看護師の資格をお持ちでした。

病院職員で家族の方と接することがないという職種は殆どといっていないと思います。この宿毛の地で多様な家族を理解し、家族の力を高めるアプローチにつながるお話(研修等)を聴く機会を設けることができれば …とお願いしました。家族の理解・支援については次回ブログでもう少しつぶやきたいなと思っています。


トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

チームHATA  せきちゃんブログ

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

21
2019-05

クリニカルビジット・・・院長のつぶやき

投稿時間 : 12時56分41秒

カテゴリー : 地域医療

ジャンル : 施設関連



 2日間、オーストラリアからロナルド先生、ニックさん、

 ジェラルド教授夫妻、アメリカのミシガンから津崎さん、

 そしてゲネプロの齋藤学先生が当院に来られました。

 

 
 皆さん素敵な方ばかり


 まず、幡多地域と宿毛市、当院について、

 ゲネプロプログラムについて大野先生から

 流暢な英語でプレゼンテーション

 

  

 皆で地域の中核病院である幡多けんみん病院を訪問

 そして、今回は2つの機関から

 当院におけるプログラムの評価を受けました。

 ゲネプロ研修生をお預かりして、地域全体で教育!



 徐々に連携もパワーアップ

  


  

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

クリニカルビジット・・・院長のつぶやき

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

2018年に高知県が始めた介護人材確保のためのこの制度。

人材育成、働きやすい職場環境の整備、介護サービスの質などを基準に評価。

平成31329日(金)認証授与式。病院代表で尾𥔎知事より賞状を頂きました。

 

この制度が始まって間もなくして当法人も参加の意向を表明。

 

教育や研修参加、委員会活動、介護職の処遇等を整理すれば認証も夢ではないという思いで取り組みました。

セルフチェックシートと現状を照らし合わせながら取り組む中で、介護職員のキャリアパスは課題でした。

認証の前段階として「支援セミナー」や「個別指導」の機会を設けていただき、アドバイ

スを通して、より課題が明確になったのも、今回の取り組みから得られ、大きな成果と言えるのではないでしょうか。

 

 今回2回目の授与式。当法人を含む6法人が参加。

1回目では、既に8法人が認証を受けています。

 

貴重な認証です。今回の認証を機に、継続して取り組むことが課題だと思っています。

職員が長く働き続けられる職場づくりに向かって、取り組みたいと思います。

 

3年間が認証の期限です。介護職員(もちろん法人全職員です)一人一人がやる気とプライドをもち「ここで働いてよかった」と思えるような職場環境づくりを目指したいですね。

 

認証評価を受けるために取り組んだ、関係者の皆さんお疲れ様でした。

 



 




トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

高知県介護事業所認証評価制度「認証」されました。   みっちゃんブログ

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

19
2019-03



  

 地域医療の醍醐味は人生の最期に寄り添えること!

 地域の医療環境にカスタマイズした

 ホスピタリストの育成が急務であり必要である!

  


 ・臓器診療科別の縦割りでなく、横断的に診る医師であり、

  患者さんに最も近く、病院を知り尽くして病院をよくしていく医師


 ・患者さんから見れば病院の医療サービスをそれぞれ最適化する医師

 


 かかりつけ医はなんでも診れるようになる必要はなく、

 なんでも相談にのって問題解決への道筋をつけることはできなければならない。


 長生会は現在まで順調に成長を続けてきました。

 それは、これまで社会や地域のニーズに

 柔軟に対応してきたからだと思いますし、

 だからこそ多くの方々が支えて下さったのだと思います。

 変化する地域のニーズをしっかりとキャッチし

 変化に対し柔軟に対応できること。

 これからも続けていかなければと思っています。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

送別会シーズン真っ只中思うこと・・・院長のつぶやき

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。


今年度は、3つの保健所管内(中央・須崎・幡多の病院と保健所)から、地域連携、入退院時の多職種連携、地域包括支援センターの立場から等、報告がありました。

 

今回はトークセッションが行われ、事業報告では伝わらない生の声を聞くことができました。(良かったです)

 

高知県の委託事業として、平成28年高知大学が策定した「地域・多職種協働型の退院支援の仕組みづくりガイドライン」

当院が、このガイドラインを活用した取り組みに参加したのは一昨年度。

 

地域の病院として、住み慣れた地域で生活するために入院時から退院後の地域生活を見据えた支援を展開する上で、地域と医療機関との連携、外来、デイケア、訪問看護ステーション等、在宅部門と病棟との連携の重要性について学ぶ中で、さまざまな課題、捉え方のずれが見えてきたのも事実。本音で向き合うことの大変さを実感したのも正直なところでした。

 

事業の中で、重要な役割を担うコーディネーター。今現在この人材と地域連携相談室のメンバーが中心になり、当院の退院支援事業が継続されています。

事業参加年に作成した「退院支援プロセスシート」も刷新中。

院内多職種間の連携強化のためには各部門のマンパワーも必要だと考えます。

地域に根差した「入院時からの退院支援」病院全体で頑張りたいですね。

 

森下教授から「コーディネーター」のフォローアップについてのお話あり。


継続的な退院支援の取り組みはもとより、事業に関わるコーディネーターのスキル、モチベーションアップ、そしてメンバーのリフレッシュのためにも是非参加させていただきたいと思います。



トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

平成30年度 退院支援事業 報告会に参加しました。   みっちゃんブログ

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

特定医療法人 長生会 大井田病院

カレンダー

2019年8月

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

プロフィール

特定医療法人 長生会 大井田病院
〒788-0001
高知県宿毛市中央8-3-6
TEL:0880-63-2101
FAX:0880-63-4792


最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

携帯版

リンク