特定医療法人 長生会 大井田病院

高知県宿毛市にある『特定医療法人 長生会 大井田病院』のブログ

17
2019-03

3月16日の糖尿病教室で…(医局)

投稿時間 : 08時00分00秒

カテゴリー : その他

ジャンル : 日記

3月16日の糖尿病教室で自分にやさしいセルフケアについてお話をさせて頂きました。

タイトルは「へこたれても続けられる、3つのコツ」です。


ここでそのうちの1つをご紹介したいと思います。
「へこたれても続けられる」ために私が思う1つ目のコツは、食事療法にしろ、運動療法にしろ、生活習慣を変えるために新しいことを始めようとしても「いつも必ずできるとは限らないことを知っておく」です。

私などは、学生の時に「今度こそは試験前に慌てないよう、普段からきちんと勉強しておこう」と思っても続けられるのはそれこそ2日、3日くらい。試験のときにはあんなに「今度こそ!」と思って決めたはずなのに、それが続きません。そんなことが何度もあって、そのたびに自分をがっかりさせてしまったのをよく覚えています
夏休みの宿題もそうでした。今回は早めに宿題を終えて、後はゆっくり過ごそうなんてはじめの頃は思うのですが、そのうちにあっという間に日々が過ぎ、気がついたら夏休みも終わり。結局は、慌てて頑張らないといけない。そんな自分を感じてがっかりしたことがよくありました。

けれど、最近になって思うのです。それが自分じゃないかと。だんだんわかってきた事は、そんなふうに100%きちんとできない自分をそのまま認めてしまえば、いちいち凹まなくてすむということです。また、そんなにがっかりしさえしなければ、また新たに気持ちを切り替えて始められます。
そこで最近はこう考えるようになりました。「どうせ毎日きちんと続けられないのはわかっている。うまくいかなくても、そこからまたやっていこう」。そんな考え方に慣れてくると、あまり力まなくても再スタートできるようになってきたように思います

考えてみれば、好きなことだったら、毎日できなくても、また自然に続けてやってたりするのではないでしょうか。私はあまりゲームをする方ではありませんが、それでもゲームを楽しむことだってあります。やるならサッカーゲームが好きです。
それで休日の時など、15分、20分ぐらい時間があればちょっとやりたいなと思うこともありますが、結局はバタバタしてそんなこともなかなかできません。でもそうだからといって、それで凹むわけではありません。また思い立った時、時間があるときにちょっとやって楽しんでいる、そんな感じです。これは当たり前かもしれませんが、自分にとってもっと大切なことでも、そんなふうに気軽に、そして柔らかく取り組んでも良いのではないかと思うのです。

ちゃんとできる方にはあまり必要ないことかもしれませんが、私のようになかなか決めたことを毎日続けられないときには「続けられなくても、また始められる」ことを知っておくことが、生活習慣を少しずつ変えていく上で役に立つように感じます。

あくまでも私自身の考えですし、そうやってまた新たに始めるための、他の2つのヒントも当日ご紹介させて頂きました。そうしたヒントが少しでもお役に立てばいいなと思っています。ご興味がありましたら来年度も糖尿病教室開催予定です。ご参加をお待ちしております。



トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

3月16日の糖尿病教室で…(医局)

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

特定医療法人 長生会 大井田病院

カレンダー

2019年7月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

プロフィール

特定医療法人 長生会 大井田病院
〒788-0001
高知県宿毛市中央8-3-6
TEL:0880-63-2101
FAX:0880-63-4792


最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

携帯版

リンク