特定医療法人 長生会 大井田病院

高知県宿毛市にある『特定医療法人 長生会 大井田病院』のブログ

20
2017-03

訪問看護ステーション研修 (訪問看護)

投稿時間 : 21時02分24秒

カテゴリー : 部署紹介

ジャンル : 指定なし

訪問看護ステーションすくもへ、数年前から
幡多けんみん病院、入退院支援センターの看護師さんや病棟で、
退院支援に関わっている看護師さんが、研修に来ています。




病院での看護は、患者さんの治療が最優先されますが、
在宅では療養者さんの生活を優先し
病状が安定し、QOLが 維持できるよう支援しています。病院と在宅での看護の違いや、
地域を知るこで、退院指導などに生かせてもらえると嬉しいです。
医療と在宅との連携を深め、
より良い看護の提供に努めたいと思います。

  

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

訪問看護ステーション研修 (訪問看護)

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

19
2017-03

医療・介護とシンギュラリティ(通所リハ)

投稿時間 : 14時56分33秒

カテゴリー : その他

ジャンル : 指定なし



ミレニアム問題を抱えて幕開けした21世紀も早いもので17年経ちます。

 

皆さん、シンギュラリティ(技術的特異点)という言葉をご存知ですか?

 

簡単に説明するとAI(人工知能)AIを開発する時が来るということです。

 

もっと言いますとAIに人類が支配されるということ、それが2045年です。

 

いわゆる「2045年問題」です。

 

3,700,000,000年前に地球上に生命が誕生しました。

 

パソコンが普及し始めたのが約30年前と言われています。

 

進歩していく技術は人類に何を残すのでしょうか?私たちの居場所はどこに・・・・・

私たちが行っている医療・介護の分野にも影響があるのでしょうか。


 (2045AIが人間の知能を越える…より)


トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

医療・介護とシンギュラリティ(通所リハ)

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

18
2017-03

ファシリテーション研修 (4F)

投稿時間 : 20時03分58秒

カテゴリー : 指定なし(ブログ)

ジャンル : 指定なし

先月の22・23日に高知大学朝倉キャンパスで行われた『看護職のためのファシリテーション力養成道場』という研修に参加してきました( ・∇・)
上手くいかない話し合いの場ってよくありますよね、一部の人しか意見を言わなかったり、そもそもなんのために話し合ってるのかわからなくなってたり、意見がまとまらずに結局曖昧なまま終わってしまったり(´д`|||)
そのような話し合いなどがスムーズに進むように最大の成果が出るようにしていく能力が『ファシリテーション』で、その進行役を担うのが『ファシリテーター』なのです( ・∇・)
技術を習得するため2日間色々なテーマに沿って議論をして、ファシリテーター役もやってみましたが…難しいですね(T△T)




メンバーが納得感の得られる結果となる話し合いにするためにはファシリテーターの力量にかかっているんだなぁと思いました(*´∀`)
それに、納得のいく話し合いが出来たことでメンバー間で信頼感や一体感も得られるんだそうですヽ( ̄▽ ̄)ノ
病棟でもカンファレンスなど話し合いの場は沢山あります。病棟スタッフみんなでこれからも患者さんたちのために有意義な話し合いがしていけるようファシリテーション力を磨いて行きたいと思います(*´∀`)



トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

ファシリテーション研修 (4F)

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

17
2017-03

看取りについての研修 (3F)

投稿時間 : 16時59分14秒

カテゴリー : 研修会

ジャンル : 指定なし

卒業・入学の季節となり、桜の開花も待ち遠しくなりましたね。病棟ロビーの職員紹介表も桜の飾りになりました。   




 先日、看取りについての研修に参加してきました。
1つは特別養護老人ホームで看護長をしている方で、もう1つは僻地診療所で勤務していて「やぶ医者大賞(名医の郷である兵庫県養父市が地域医療に頑張っている医師を顕彰するために創設した賞)」第1回受賞者である方でした。

    改めて学び、印象に残った言葉は、「
看取りケアとは特別なものではなく日常生活の延長線上に看取り(死)がある。なので、日々のケアが大切という事」や「老衰の終末期となった時、生活の質を改善する為の医療行為は積極的に行うべきだが、本人の生活の質や生活活動度を低下させる可能性がある医療行為については吟味を重ねる必要がある。できることをあえてしない慎みを持つことで尊厳ある最期を老衰として迎えるという発想の転換も必要。」という言葉でした。

    『笑顔になってほしい。楽しんでほしい。安心してほしい。
そして人生の最期をここで過ごすことができて良かったと、本人・家族に思ってほしい。』それが、ケアにあたる時の私達の思いです。
     最期までその人らしく穏やかな生活を過ごせるよう、
個々に合ったケアにあたれるように、日々努力していきたいと思います。

  


トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

看取りについての研修 (3F)

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

16
2017-03

4月から共に働く仲間と♪(外来)

投稿時間 : 12時41分23秒

カテゴリー : 部署紹介

ジャンル : 指定なし



 33日、高知中央高校専攻科の修了式に参加してきました。

  

 4月から新人看護師として、当院で一緒に働く予定の修了生がいるので、

 参加させてもらいました


 私たちの時は、こんなに涙、涙の感動の修了式だったかな?

 と思うくらいとても感動的で、生徒だけでなく、

 先生方も最後には感極まって涙している姿にもあり、

 私まで泣きそうになったくらいでした。

 校長先生の挨拶で

5年間、我が子のように育ててきた子達なので、厳しくも暖かく見守ってもらいたい」

 と病院関係者へのお願いが語られました。

 私達も、新人看護師からの新鮮なパワーをもらいながら、

 一緒に頑張っていきたいと思っています。

 本人に、きちんとブログの事を伝え、「載せていい」と快く承諾してくれたので、

 一緒に記念撮影もさせてもらいました。

 

 一緒に働ける4月を楽しみにしています~(*^_^*)


トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

4月から共に働く仲間と♪(外来)

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

年に3回行われる県立療育福祉センターの幡多地区での巡回相談に合わせて、小児医療にかかわる人達が集まり交流会を行っています。

 

 

今回も新たに4名の方が参加してくださり、さらに横のつながりを広げることができました!





普段は書類や手紙、電話でしかかかわりがなかった人とも、この会に来て初めて顔をみてお話をする事ができたと喜びの声をよくいただきます♪

 

 

 

今回は、幡多地区の小児医療の先駆者!澤田敬先生にも参加していただき、記念すべき会となりました!




超低出生体重児をとりあげ、ベンチレーター(人工呼吸器)が無い時代に医療と看護ケアにより治療した時の話を聞かせてくださいました。看護師の方がベッドの横に椅子を置いて、不眠不休で毎日ケアにあたっていた時の話は強い感銘を受けました!

 

 

レジェンドの貴重なお話もたくさん聞かせていただきつつ・・・

 

 

 

最後はみんなで、ハイ チーズ \(^^)/ ♪


毎回それぞれに得るものがあり、今回も矢野先生はほっこり笑顔で帰っていかれました♪

 

 

 

次回集まるのは新年度。

新たな出会いに期待して・・・、また明日からの小児医療を頑張って支えていきましょうー!


トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

はるこの会 ~幡多小児医療交流会~(第11回) (機能訓練室)

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

求人情報はこちら

カレンダー

プロフィール

特定医療法人 長生会 大井田病院
〒788-0001
高知県宿毛市中央8-3-6
TEL:0880-63-2101
FAX:0880-63-4792
求人情報はこちら


最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

携帯版

リンク