特定医療法人 長生会 大井田病院

高知県宿毛市にある『特定医療法人 長生会 大井田病院』のブログ

16
2019-08

休暇をいただき島根県隠岐郡海士町へ行って来ました。海士町は、「最強の離島」と呼ばれ地域おこしで有名なところ。地域医療コーディネーターとして目下模索中の地域の「拠点づくり」に活かしたい

 

船を降りると、大きなログハウスのような吹き抜けの2階建ての建物の中へつながっており、『ないものはない』いきなり目に飛び込んでくるポスター。思わずスマホでパシャリとしたら、後ろから「こんにちは」の声が。海士町社会福祉協議会事務局長の片桐さん。そのまま建物内のレストランで、キラキラ光る海を眺めながらお話を伺い、島の中を案内して頂きました。 




意外若者が多い出会う人は若者だらけ。島外に出た大学生も夏休み帰省して働いているとのこと。学力担保の秘策として公設の学習塾があるらしく、ここの先生達も日本全国から来ているとのこと。

イキイキしている海士町のみなさんから、チャレンジを楽しむ気運を感じました。

 

海士町は、『なにをしているのか』?

海士町は、いろんな拠点に、様々な人が集まり、交流の場となる工夫をしているようにみえました。

例えば…Iターンがひとり町営住宅に住んだところで、住民との関わりは生まれない。そこで、古民家を改造した『ちぇだって』という福祉拠点をつくり、その一室に間借りをすることにする。そこは、住民が立ち寄る場であり、島外からの学生やゲストが集い、宿泊する場となり、島内外の様々な人の交流が生まれる。




そんな海士町が大切にしていること

・地域活性化の源は「交流」

・「若者」・「馬鹿者」・「よそ者」が島おこしの原動力に。異質なものを取り入れ、多様性をもつことで変化し成長する。

・地域づくり・まちづくりの原点は究極「人づくり」

 

やっぱり、地域に「あったらいい場所」がある、

誰でも来たいときに集える場所

今まで出会わなかった人達が出会う場所

目的がなくていい、自然に何か生まれる

 

地域の「こうだったらいいな」の声を拾い、実現に一歩一歩。

宿毛バージョンに取り掛かります。

 

お忙しい中ご案内いただいた片桐さん、海士町で出逢った皆様、本当にありがとうございました‼‼




トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(0)

この記事にコメントする

名前:
メール:
URL:
コメント:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

不正なコメントを管理者へ通報します

タイトル:

「ないものはない」海士町が大事にしてること(地域連携相談室)

病院名:

特定医療法人 長生会 大井田病院

名前:
メール:
通報内容:
画像認証:

上記の画像を表示されている英数字を入力してください。

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。

特定医療法人 長生会 大井田病院

カレンダー

プロフィール

特定医療法人 長生会 大井田病院
〒788-0001
高知県宿毛市中央8-3-6
TEL:0880-63-2101
FAX:0880-63-4792


最近の記事5件

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

携帯版

リンク