社会福祉法人 幡多福祉会 幡多希望の家 (旧重症心身障害児(者)施設) 

高知県宿毛市にある『社会福祉法人 幡多福祉会 幡多希望の家 (旧重症心身障害児(者)施設) 』のブログ

投稿時間 : 12時06分37秒

カテゴリー : 指定なし(ブログ)

ジャンル : 施設関連

まだまだ暑い日が続いております

皆様いかがお過ごしですか

酷暑と言われる今夏。熱中症夏バテと、より一層の注意が必要ですね

酷暑に負けない体づくり、まずは食事からではないでしょうか?


さて、そこで本ブログのタイトルに戻ります。

『カーテンは食えへんやろ・・・

『幡多希のブログ係が暑さでやられとる!

そう思われた方々、


世の中には、食べられるカーテンが存在するのです。


↑収穫風景をパチリ。山の緑と一体化してますが、窓の外に青々と茂っております。


そう、いわゆるグリーンカーテン(ゴーヤ)です

幡多希では10年程前から、夏場窓に掛けるようになりました。


葉から水蒸気が出ることで涼風が吹き、最大3.8℃。

平均しても1.7℃ほど気温を下げてくれるそうです。


特に西日の強いうめ部屋では、木漏れ日のような緑が日差しを優しくしてくれます。

↑さっそく収穫しました。利用者さんがゴーヤを持って売りに来られることもあります。お金は職員に販売して得たものです。来夏の種・苗・肥料代となります。


そして嬉しい副産物、実の方ですが・・・大漁ですね

鮮やかな濃淡の緑にまぶしい白。

黄色いのはかなり熟れてきているとのこと。実にカラフルです。

ここまで立派に育ったのも日頃手をかけてくれている管理職員さんのおかげです。


収穫者によると、サラダ・チャンプルー等に料理するのがオススメとのこと。

みなさんもビタミンCたっぷりのゴーヤで酷暑を乗り切ってみてはいかがですか?

グリーンカーテン、オススメですよ~

投稿時間 : 15時55分16秒

カテゴリー : 指定なし(ブログ)

ジャンル : 施設関連


「職員休憩室のテレビのリモコンの調子が悪い。

電源が入らないので新品のリモコンを購入してほしい!」

先日、現場職員から事務所にこんな訴えがありました。


職員に充実した休憩時間を送ってもらうことに関する努力は怠るべきではないと考えます。


新品汎用リモコンの平均価格は¥1,429ほどです。決して高額というわけではありません。


しかし、安易に物品を購入する習慣がつくと支出が増大し続け、経営に負担を与えかねません。


では、このような『矛盾』をどうするべきでしょう?


実は私(事務員)自身、休憩中に問題のテレビを利用しており、

電源の入りづらさは以前から認識しておりました。


私自身は電源の長押しで問題のテレビには対処(実際3~4秒かかっても電源のON/OFFは可能)しており、特に問題は感じていませんでしたが、


職員によっては強めに電源ボタンを押しこんだりすることもあったようで

(電源の文字が擦り減って消えてます)

長押しが効果的という認識を持った人は少なかったようです。


このことを現場職員に伝え、念のため電池を交換。

現場職員と二人、実際に問題のテレビの操作に向かうことにしました。



さて、

ここからが大変です。

「新品を買わなくたって、私のやり方で電源入りますよ!」

などと、結果的に大見得を切る結果となってしまい、ここで私が電源を入れられなければバツが悪くて仕方がありません。


電源の落ちたテレビの前・・・

人差し指を乗せた電源ボタンに、ゆっくりと力を込めます

長押し状態に移行・・・

1秒に満たない時間が途方もなく長く感じられます


・・・なかなか反応がありません


ここで1秒経過・・・ やはり変化なし

そこからはゼロコンマ数秒ごとに現場職員からの無言の圧が増大していきます。



2秒経過

もはや、六尺五寸四十三貫の大男に見下ろされる心境です。

(※後ろに立たれて観察されるとそんな心境にもなるものです)



3秒経過

「ほら!やっぱりつかないじゃないか!」


・・・そんな一喝を覚悟し、もうダメだとあきらめかけたときです。

(※ノミの心臓っぷりに定評があります)


ぱちん


と小さな音を立てて黒い画面の明度が上がり、ゆっくりとお昼の帯番組が浮かび上がってきました。


どうやら、なんとかなったようです。


電池の電力が少なくなっていたことも不調の原因の一つだったのかもしれません。

心なしか普段より電源の入りが良いようです。



↑首が繋がったリモコン。これには現場職員もにっこり。


同じ要領で電源ボタンを長押しし、ON/OFFを何度か繰り返したところ、部屋の隅からでも操作が可能でした。


熱血指導中!リモコンの調子が良くなったとはいえ、操作には少しコツが要ります。

↑このまま<ひるやすみリモコン検定3級(テレビの部)>を目指しましょう。



・・・と、話は大きく逸れてしまいましたが、

買う・買わないという議論になったとき、少しの工夫をしてみることも大切ではないでしょうか。

たしかに、電池を替えたとはいえ、新品に比べればリモコンは不便なままかもしれません。

ですが、簡単なアドバイスによってリモコンは以前より少しだけ使いやすくなりました。


○少しだけ不便なリモコン

少しだけ職員に求める協力


この二つがあれば、まだまだ昼休みのテレビは快適に楽しめます。

機械や部品はいつか壊れますが、工夫次第で長持ちさせることはできます。

モノを大切にするということは、経営にもプラスに働きますし、丁寧な所作は職場にも良い影響を与えるように思います。


調子の悪いリモコンを通して、こんなことを感じました。

投稿時間 : 16時53分29秒

カテゴリー : 指定なし(ブログ)

ジャンル : 施設関連

先日の昼下がりのこと。

いつものように仕事をしていたところ、

「珍しいものを見つけた」

と、管理職員さんがあるものを持ってきてくれました


これより先、少々閲覧注意です。自己責任でお願いします。

元は、【ルドベキア】という普通の花らしいのですが、

人によっては少々ビックリされるかもしれません。

覚悟はできましたでしょうか・・・?


    


     


   



では、ご覧あれ!

        ギャア~

↑コレです!!

「毛虫みたい」 「キモチワル~イ」

等々、初見の職員からは小さな悲鳴が上がりました


ご覧のとおり、2~3本のルドベキアがくっついたような形をしております。

本来円形であるはずの花の中央部、花序(かじょ)と言うらしいのですが、こんな形に・・・。

確かに、花の中心に大きな毛虫がくっついているように見えますねぇ。



↑横から見たところ。

花と同じく、くっついて茎が板状に。平べったいのです。



↑花瓶に挿してみました。

見様によっては大きな〈への字口〉にも見えます。

もはや、○ーパー○リオの土管から出てくるアレにしか見えません。

(飛び越えようとして何度も接触しました、筆者はスー○ァミ世代です)


肥料が多かったり(職員の愛情はいつも多めです!)

高温が続くと(職員はいつも熱意に燃えております!)

こんな珍しい花が咲くことがあるとのこと。 


話がくどくなって参りました

それでは今日はこの辺で。またお会いしましょう。


社会福祉法人 幡多福祉会 幡多希望の家 (旧重症心身障害児(者)施設) 

カレンダー

2018年10月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

最近の記事5件

最近のコメント

現在、コメントはありません。

プロフィール

社会福祉法人 幡多福祉会 幡多希望の家 (旧重症心身障害児(者)施設) 
医療型障害児入所施設・療養介護事業

〒788-0782
高知県宿毛市平田町中山867
TEL:0880-66-2212
FAX:0880-66-2215


カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

携帯版

リンク