社会福祉法人 幡多福祉会 幡多希望の家 (旧重症心身障害児(者)施設) 

高知県宿毛市にある『社会福祉法人 幡多福祉会 幡多希望の家 (旧重症心身障害児(者)施設) 』のブログ

投稿時間 : 15時26分38秒

カテゴリー : 施設長の思うまま記

ジャンル : 指定なし

あけましておめでとうございます。

令和2年1月12日、幡多希望の家主催の成人式が行われた。平成29年1月以来である。私にとってはこの施設での2回目の成人式である。今回成人式を迎えたのは河野直人さん、吉尾凛さんの二人である。

無事成人を迎えられたお二人のご家族の皆様方に心からお慶び申し上げます。

河野直人さんが平成12313日に誕生されてから、今日までの20年近い年月の間、直人さんはたくさんの病と闘って来られたことは想像に難くありません。その長く厳しい病との闘いの中で直人さんを支え続けてきたご家族には、私には想像も付かないご苦労があったと思います。

今日そのご苦労のほんの一部が報われて、直人さんが成人の日を迎えられました。

直人さんのご家族の方々、これまで直人さん家族の方々を長年支えてこられたすべての関係者の皆様に深い敬意を払うとともに、一緒に喜びを分かち合いたいと思います。

また吉尾凛さん。もうすぐ18歳という青春の一番輝いている時期、この先無限の可能性が広がっていく、希望に満ちた時期に突然見舞われた交通事故による重大な障害。ご家族にとってはなんとも残念な結果であったと思われます。

私は平成28年の5月に希望の家に赴任してまいりました。7月に神奈川県の知的障害者施設で痛ましい事件がありました。そしてその事件の裁判が先日から始まりました。被害者の名前は何故かほとんど匿名です。なぜきちっとした本名が出ないのか?亡くなってからでも彼らには一人の長年生きてきた人としての人権はないのかと思います。事件の加害者の言葉、社会に役に立たない人は生きていく価値がない。なんと切ない言葉なのでしょうか。社会に役に立つとか立たないとかの価値判断はだれがするのか、社会とは何なのか?国家の事?地域の事?家族の事?。

私は高知県の中山間地域で長く住み慣れた地域で完結できるような医療に携わってきました。癌を初め現代の医療では治癒を目指すことが出来ない病者の看取りを在宅医療を含めた地域医療を実践してきました。

その中で学んだ言葉の一つに、not doing but beingがあります。あなたが苦しんでいる病を治す手立てを私は持っていない、あなたの病を治すことはできないけれど、でも私はあなたのそばにいますよ、決してあなた一人にはしませんよ という意味の言葉だと私は理解してきました。

今日はその言葉を逆の立場から考えてみたいと思います。それは、あなた方の子供たちが発するメッセージです。障害のレベルは様々です、全く周囲の状況を理解できない人もいます、しかし他者の言葉等をしっかり理解している人もいます、しかし理解出来ていても、理解していることをしっかり表現することが出来ないだけの人もいます。しかしみんなが、not  doing enough but being のメッセージを発しているのです。健常な子供たちと同じようには充分に表せないけれど、僕たちは精一杯感謝の気持ちをもっているよ。お母さん、僕は頑張って生きていくよ、頑張って生きてお母さんを一人にはしないよ。お母さんのそばにいるよ。そんなメッセージをそれぞれが発しています。我々、受け手側はそれをしっかりと受けることが出来ているか?彼らが発することは具体的な事柄としては小さいことでしかない。でもそれは受け手側の感受性によってはものすごく大きなことになりえる力を備えていると思います。いろいろな意味での弱者から発せられるメッセージをしっかりと受け止められる力を我々は育てていかなければいけないと思っています。

生まれてから後、健常な発達を遂げ、社会の中で自立して生活をして、家族をなし、次の世代を育て、そして老いていく。ゆっくりと老い次第に衰弱していくものあれば、急な病で障害を得て衰弱していく者もある。健常な状態からさまざまな原因で障害を得て自立した生活が出来なくなると、人はともすると、自分は役立たずになってしまったから、もう駄目だと思うようになりがちで、そのような人をたくさん診てきました。

生まれついての病のための障害であれ、生まれてからの病や事故のための障害であれその人たちの生活の中にあるゆっくりとした小さくても確かな変化を、日々の生活を援助する介護者たちがそれに気づき、ともに育てそして喜ぶ。その様な社会が実現できてこそ、高齢者が自力で食事が出来なくなっても、自力で排泄が出来なくなっても、そのことをご本人も社会もそのままで受け入れて、でもその中で日々の変化を前向きに捉え、ともに喜べる社会が実現できるのではないかと考えています。

そのためには、直人さんや凛さんのような重症の障害を持った人たちに輝いてもらわなければなりません。これからのお二人の活躍を祈念して今日の言葉にしたいと思います。



施設長 山本洋

社会福祉法人 幡多福祉会 幡多希望の家 (旧重症心身障害児(者)施設) 

カレンダー

2020年2月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

最近の記事5件

最近のコメント

現在、コメントはありません。

プロフィール

社会福祉法人 幡多福祉会 幡多希望の家 (旧重症心身障害児(者)施設) 
医療型障害児入所施設・療養介護事業

〒788-0782
高知県宿毛市平田町中山867
TEL:0880-66-2212
FAX:0880-66-2215


カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

携帯版

リンク