社会福祉法人 幡多福祉会 幡多希望の家 (旧重症心身障害児(者)施設) 

高知県宿毛市にある『社会福祉法人 幡多福祉会 幡多希望の家 (旧重症心身障害児(者)施設) 』のブログ

千客万来②

2019-10-08

投稿時間 : 15時21分23秒

カテゴリー : 施設長の思うまま記

ジャンル : 医療コラム

2019/10/8

施設長 山本洋

 先日は我が家に訪れるお客さんの話を書きました。今日は我が家ではなく、、希望の家に訪れた珍客さんのお話をしましょう。ハンセン病の続きは次回です。

 昨日昼間、病棟と通所サービスの施設とをつなぐ廊下を歩いていると、床をこそこそと動き回る生き物を見つけました。

 全身は黒色で翅はなく上から見るとなかなかかっこいいなと思いました。夜中住宅の中を走り回るゴキブリ君とは明らかに違います。

 大きさは4センチはありそうです。捕まえて袋に入れて観察すると、真っ黒で小判型で鎧を着たようにみえます。足はギザギザで6本あります。形からするとやはりゴキブリ君に近いかなと思えます。

 インターネットで調べてみると、「おおごきぶり」の幼虫のようでした。森の中で生活して主に朽ち木の中で集団生活をすると書いてありました。なんでそんなゴキブリ君の幼虫が施設の廊下でうろうろしていたのかは、わかりませんが、写真を撮って早々に山に帰ってもらいました。

 家の中、暗いところでごそごそと動き回って目に付くのは、チャバネゴキブリクロゴキブリワモンゴキブリですがこれらは元々外来種です。つまり昔々といってもいつごろかわかりませんが外国からのお客さんです。出身はアフリカと推測されています。今は世界中の温かいところに広がっています。日本固有のはヤマトゴキブリなどがいます。現在日本には50種類ほどが生息しているそうですが、そのほとんどは森林生活者です。ゴキブリの歴史は長く3億年前から生息していたと推測されています。生きている化石といわれる由縁です。

 日本では嫌われ者の代表選手のような存在ですが外国ではそうでもなくてペットとして飼っている人も多いと聞きます、結構人気があるようです。その姿を見ると結構きれいな姿をしているものが多く、これならペットでもおかしくないかと感じた次第です。今回見つけたオオゴキブリ君はネットで調べると50匹で一万円近い値段でオークションに出ていました。どうするんだろうと想像しますがあまりかかわり合いたくないですのでそれ以上の追及はやめました。