社会福祉法人 幡多福祉会 幡多希望の家 (旧重症心身障害児(者)施設) 

高知県宿毛市にある『社会福祉法人 幡多福祉会 幡多希望の家 (旧重症心身障害児(者)施設) 』のブログ

投稿時間 : 06時33分10秒

カテゴリー : 施設長の思うまま記

ジャンル : 医療コラム


施設長 山本洋

昨日夜、夕食後に疲れからかラグビーの決勝も見ずに寝てしまい、夜中に目が覚めてお茶を飲んだ。女房がまだ起きていて、私の退院後の行動に関していろいろ抗議をしてきた。それを聞いていると何か変?。今回手術の前に一緒に主治医から聞いた話が全く違う。何だこれは?嫁さんは何故か胃癌の再発?と聞いたようで話が違う。主治医は腫瘍マーカーから考えると、今回の画像検査での腫瘍の指摘は膵臓癌の再発と考えられる。抗がん剤治療を進めていくが、2年は難しいと説明があったが、女房は聞いていないと言う。そんなはずはない。主治医の前に一緒に座って説明を聞いたはず。私は愕然とした。聞いていないのではなくて、耳からの情報が理解できていない,理解出来ていないのではなくて、理解しようにも大脳がおそらく拒否してしまうのかと思う。相手は膵臓癌だ、抗がん剤がそれほど効果が期待できるわけではないというが、女房殿には理解が難しいようだ。仮にも県立中央病院で看護師をしていた専門職である。その人がこの体たらくである。いかに病気につての病状説明が難しいかと実感する。主治医は同じ医療者である私に対等の立場で説明をしたのであるが女房にはそれが理解できなかったのかとも思う。それにしてもである、おそらく私に残された時間は普通に考えれば一年、抗がん剤の効果が無ければ、その時間はもっと短くなるだろうと思う。それをはっきりと自覚しなければいけない、そのつもりでこれからの生活を考えていかなければいけないと話す。

岡山に80台後半になる母親が一人でいる。母親に現在の病状の説明をしておかないといけないと思う。来週に岡山に帰って話そうかと思っていたが、女房は強くダメ出しをする。確かに今私の病状を聞くと母親はがっくり来てしまう可能性が高い。止めるかと思うが、月に一度ぐらいは顔を見に帰るつもりでいたのでそれをどうするか。田舎の家をどうたたむかは大きな問題である。難しい問題ではあるが対処していくしかない。

自分の仕事に関してではあるが、医学に関して素人の患者さん家族に説明をすることがいかに難しいかを痛感している。今年の7月筒井病院で診療していると91歳の高齢者が、私の外来に現れた。その人は5月に貧血を指摘されて筒井病院の他の医師からけんみん病院を紹介された。そこで胃内視鏡検査を受けて、胃がんが見つかった。けんみん病院の医師は、手術を勧めたが患者は高齢であることを理由に手術をしないと決めた。主治医はCT検査の結果から予想したのか?、手術をしないと予後は2か月と説明した。うっそでしょう!。患者家族はその説明を受けて筒井病院に紹介状の返事を持って帰ってきた。その後何度か通院しているときに、たまたま私の外来に受診したのである。それまでも筒井病院に受診していたが、その時の医師は、がん患者の終末期を診た経験があまりなく、予後は2か月と紹介状の返事にあって、不安で仕方がなかったようである。すぐにけんみん病院への入院予約を取るように指示したようである。私はすぐに腹部CT検査をしてみた。腹水等はなく、特に癌性腹膜炎を疑う所見はないと判断した。患者さんと奥さんにけんみん病院の先生の話は勇み足と思うと、私は即座に否定した。

「そんな馬鹿な話は無い」と、まだまだ時間はあります。手術はしなくてもまだできることはたくさんあります。来年の正月は自宅で迎えることはできますよと説明した。患者家族は手術をしないと決めたら、医療側から見捨てられたと感じていたようだ。何と情けない話だろうと思う。癌と診断されてからすぐに緩和医療が始まると言うのは、常識になっていると思っていたが、残念ながらそうではないようだ。痛みをとることだけが緩和医療ではない。診断を受けた患者、家族に対してしっかりと向き合って、手術をしないならば、今後どのような治療方法を考えていくかを話し合って決めていかなければいけない。手術をしなければけんみん病院では今後の診療はない、紹介先の病院へ紹介状の返事1枚で突っ返してしまう。全く考えられない所業だと思う。

その患者は10月に一度輸血を受けたが、今のところは比較的元気で、一昨日希望の家で診察をした。輸血と少量のステロイドが効果があったようだ。前日カラオケに行って3曲歌ってきましたと報告があった。これからはどちらが長生きができるか競争ですねと笑って別れたところである。今後も私が診させてもらえるわけではないから、後方病院を確保してできるだけ自宅で生活できるように支援をしていきたいと思っている。いったいどうなっているんだろうと思う。こんな中で自分の最期を何にもわかっていない医師にゆだねる気持ちにはなれない。情けない話である。

投稿時間 : 11時43分47秒

カテゴリー : 施設長の思うまま記

ジャンル : 医療コラム

施設長 山本洋

やっと昨日宿毛市の大井田病院を退院した。本日から勤務にでる。初日から結構タイトなスケジュール。病棟、外来、理事会。問題山積。その中でもやはり自分自身の今後の仕事の継続が難しくなったことに関してのこと。以前からのことではあるが、高知県の周辺部の医師不足の問題が根深い。

先月バイパス手術の前に主治医からの病状説明によれば、「今回入院時の造影CT検査では肝門部に腫瘤を認める。臨床的には膵癌の腫瘍マーカーの増加と併せて考えれば膵臓癌の再発と考えられる。術後体力が回復した段階で抗がん剤治療をしましょう、2年は難しいと考えます」とのこと。「開腹して、生検が出来ればしますが、難しければ止めます」との説明。同意する以外には選択肢はない。14日バイパス手術を受けて、25日に宿毛市の大井田病院へ転院したが、やはりまだ食事をするとすぐに詰まって嘔吐することを繰り返していた。30日水曜日の朝造影剤を使用して胃透視の検査を受けたが、残念ながら今回手術した新しい吻合部への流れは認められなかった。「まだ手術の影響で腫れがあるのでしょう、しかし必ず通るようになりますから」と、田中院長が説明してくれた。事実その日の夕方、今までにない心窩部の左側でグニュグニュとする感じが出現した。胃の中から内容物が動いて行っているような感じである。その日から嘔吐が少なくなった。どうやら新しい吻合部から胃内容物が吻合した十二指腸へ流れて行きはじめたようだ。それから嘔吐することを覚悟で色々食べてみたが幸い嘔吐は少なくなって、やっと退院する気になった。脱水にならないようにと二日点滴を受けて31日に退院した。少しでも食事をして7日からの抗がん剤治療に備えることにした。

しかし今後予期せぬ出来事がいつ起きるとも限らない。理事会で次の施設長を早急に確保していただくようにお願いする。現在多職種で働き方改革が進められている。医師の働き方改革は、多職種に比べればもう少し先の話になるであろうが、現在の当院での医師の勤務はまず一番に問題視されると考えられる。できるだけ地域で夜間の当直を手伝っていただける医師の確保が喫緊の課題である。多方面にお願いしていく必要がある。

さあ、11月7日から膵癌に対する化学療法が始まる。週に1回高知まで通院する。3週継続して1週休み。大きな問題がなければ幡多でお願いすることになるが、どちらにしても初めての体験である。気後れする気持ちがあるが、避けては通れない。今回の手術では生検はできていないようである。腫瘍マーカーを見ながらの治療となる。頑張るしかない。残念ながら、当院の現役職員で抗がん剤治療をしているものが2人いる。今回11月7日から私が始めるが、なんと今まで緩解していた職員が再発が認められ同じ日から化学療法を再開することのこと。同病相哀れむではないが、手を携えて頑張っていくしかない。最近退職した元職員も現在化学療法を受けていると聞いた。明日は我が身と考えて職員の皆には少しでも異常があれば早めの受診をすること。定期的に検診をしっかり受けることをお願いしたい。

投稿時間 : 13時00分00秒

カテゴリー : 指定なし(ブログ)

ジャンル : 施設関連



以前、こちらで紹介させていただきました、

ボランティアサークル『まるちゃん』の活動の様子です。


先日、オファーがあり、地域のお祭りに出店させてもらいました。

なかなか賑やかなお祭りで、たくさんの方が来られていました




おかげ様で予定枚数完売する事が出来ました

今年度はまだ数回出店予定がありますので、

美味しいぺら焼きを皆様にお届け出来ればと思います。


社会福祉法人 幡多福祉会 幡多希望の家 (旧重症心身障害児(者)施設) 

カレンダー

2019年11月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事5件

最近のコメント

現在、コメントはありません。

プロフィール

社会福祉法人 幡多福祉会 幡多希望の家 (旧重症心身障害児(者)施設) 
医療型障害児入所施設・療養介護事業

〒788-0782
高知県宿毛市平田町中山867
TEL:0880-66-2212
FAX:0880-66-2215


カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

携帯版

リンク