社会福祉法人 幡多福祉会 幡多希望の家 (旧重症心身障害児(者)施設) 

高知県宿毛市にある『社会福祉法人 幡多福祉会 幡多希望の家 (旧重症心身障害児(者)施設) 』のブログ

投稿時間 : 13時00分00秒

カテゴリー : 指定なし(ブログ)

ジャンル : 施設関連

ご報告が遅れ、申し訳ありません


先月行われました、令和元年度スカッシュバレー大会の様子をお届けいたします!!


↑全員で準備体操の図。ケガだけはダメですからね~


11月9日㈯、四万十市にて令和初となる、施設間交流スカッシュバレー大会が開催されました。ちなみに今年度は幡多希望の家が主催です


全7施設、総勢約40名の参加となり、会場の体育館は大変な熱気に包まれました!!

↑大ジャンプからの・・・

  一撃!!

  カッコイイ!!


参加者が40名ともなれば、腕前はそれぞれな訳でして・・・


上手な人同士は熱く( ゚∀゚)=◯

それなりな人は笑いも交えつつ(´ー`)


試合は進んで行き・・・

↑4時間ほどの長丁場でしたが、けが人も出ず終わることが出来ました


そして迎えた決勝戦、

優勝を勝ち取ったのは、

なんと今回初参加、幡多郡内の施設でした!

本当におめでとうございます!!



優勝時の様子をアップしたかったのですが、

段取りに戸惑い、進行にばかり気を取られておりました

写真撮影ができておらず、申し訳ございません


この後、ささやかですが四万十市で交流会を催させていただきました

いろいろとご不便をお掛けしたかとは思いますが、一日を通してみなさまに楽しかった、と言ってもらえるような大会ができていたなら幸いです


試合のみならず、主審・線審・準備等で皆様から多大なご協力をいただきました

参加してくださった皆様、本当にありがとうございました


またのご参加、楽しみにしております!

またみんなで楽しく汗を流しましょうね!!( ´ ▽ ` )ノ


投稿時間 : 11時39分19秒

カテゴリー : 指定なし(ブログ)

ジャンル : 施設関連



先日、第4回目となる『幡多地区チャレンジ陸上記録会』に参加してきました




当施設からは入所利用者の方2名、在宅の方1名が

エントリーしました。

こちらはソフトボール投げの様子です



こちらはチャレンジスラロームで、

今年は参加者が増え、緊張感が増したように感じました


今回は実際にパラリンピックに出場し、メダリストになった視覚障害者の

外国人選手もエントリーしていて、生でその走りを観ることができました


当日は風もなく、天候にも恵まれ温かい1日となりました。

今回参加された3名の方も、昨年より記録更新する事ができ、

充実した記録会となりました


投稿時間 : 14時24分44秒

カテゴリー : 施設長の思うまま記

ジャンル : 医療コラム

施設長 山本洋

11月21日、3回目の化学療法(抗がん剤治療)を受けるべく高知医療センターを受診した。治療の前の血液検査で残念ながら白血球、好中球、血小板が基準よりかなり低下しているため、3回目の治療はスキップすることになった。白血球(1540)好中球(422)血小板(9.9万)である。18日に検査した時点では14日の値より改善していたので、何とかなるかと出向いたがそうはやはり問屋が許さないと言う所かなと納得して引き帰さざるを得ない。骨髄機能(血液の細胞を作る働き)抑制が回復するまでは隔離の状態にならざるを得ない。抗がん剤による骨髄抑制のため、最も白血球が減少する時期は抗がん剤投与後10日から14日にピークを迎えその後回復するパターンであるはず(最も少なくなる時をナディアと呼ぶ)。それまでは息をひそめて、副作用の嵐が頭上を過ぎ去るまでは頭を低くしてやり過ごすしかない。

今日は25日(月曜日)希望の家で血液検査をした。残念ながらまだ白血球は1700 好中球は480でまだまだ低い。しかし血小板が27.4万に回復している。これなら時間が薬で回復してくるかなと思う。しかし高知から来てくださっている医師に報告すると、病棟で発熱者が複数出ているから、病棟への立ち入りはやめた方がいいと言われて、施設長室に引きこもっている。

27日の検査では白血球1300 好中球190、幸い熱は出ていないので経過を診る。14日に抗がん剤を投与して12日目である。そろそろナディアか?

ここ4日程で、予測されていた副作用の一つである脱毛が激しくなってきた。人から見るとさぞおかしかろうと思い、本気で昨日はバリカンや髭剃りで頭をそってしまおうかと考えたが、血小板が少なくなっているのに頭皮を傷つけてもよくないと断念していた。今朝職員から先生頭がすっきりしましたねと言われた。抗がん剤の影響で抜けてきたからねと話すが、その職員曰く先生髪が短い方がいいですよ、その方が似合ってますと言われた。自分は薬の影響でさぞみっともない状態になっていると思い、外では寒さもあって帽子をかぶるようにしていたが、院内ではそうもいかずどうしたもんかと考えていたが、やはり自意識過剰かなと考えしまう。成り行きに任せるかとも思うようになっている。それでも、風が吹くと頭の皮膚に寒気を感じるのはやはり今までではないと感じる。

病棟詰め所で電子カルテの前に座っていて、その後ろを人が歩くと空気が動く、風とも呼べない空気の流れである。それでも頭が寒い、頭の皮膚の神経が寒さを感じるのである。

他人は人の髪の毛が多いとか少なくなったとかいちいち見てはいない、多分に自意識過剰とは思うが、それでもこれだけの速度で髪の毛が抜けてくると、人の目が気になる。そして抜けていく髪の毛を毎日眺めている我が身にはやはりまた違う感慨がある。それはびっくりする、風呂に入って体を洗う、頭髪を引くと、10本ぐらいはすっと抜けてしまう。それが何回も繰り返される。お風呂上りに見てみると、湯の表面が髪の毛で黒く覆われている。これでどのくらいの髪の毛の数かなと考え込んでしまう。人の頭髪がどのくらいあるだろう?ネットで調べてみると。以前は10万本と言われていたようだが、最近の日本人は少し少なくなって7万本と言われているらしい。抜けてもまた必ず生えてくると言う神話を信じざるを得ない。


社会福祉法人 幡多福祉会 幡多希望の家 (旧重症心身障害児(者)施設) 

カレンダー

2020年1月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

最近の記事5件

最近のコメント

現在、コメントはありません。

プロフィール

社会福祉法人 幡多福祉会 幡多希望の家 (旧重症心身障害児(者)施設) 
医療型障害児入所施設・療養介護事業

〒788-0782
高知県宿毛市平田町中山867
TEL:0880-66-2212
FAX:0880-66-2215


カテゴリー

最近のトラックバック

現在、トラックバックはありません。

携帯版

リンク