社会福祉法人 幡多福祉会 幡多希望の家 (旧重症心身障害児(者)施設) 

高知県宿毛市にある『社会福祉法人 幡多福祉会 幡多希望の家 (旧重症心身障害児(者)施設) 』のブログ

投稿時間 : 17時44分12秒

カテゴリー : 防災

ジャンル : 指定なし

9/26(木) 毎月恒例の勉強会を行いました。
今回は、今年度購入したサスマタの使用方法をALSOKさんが講義してくれました。


 皆さんもサスマタの存在はご存じかと思いますが、その使用方法を知っている方はあまり多くはないのではないでしょうか?

 ALSOKさん曰く、「サスマタは、警備会社や警察が到着するまでに不審者が建物に侵入してしまいそうな、どうしようもない状況の場合に使う最終手段です。」  との事です。


サスマタがあるから大丈夫、と安易な考えで使うものではないようです。


その使用方法も、相手に真横に使用するより袈裟懸けに使用すると効果的なのだそうです。



ALSOKさんの説明を聞きながら、当施設の職員も楽し気にサスマタを使っていました。


 サスマタの説明が終わった後は、夜間の火災を想定した、少人数の夜勤職員のみでの防災訓練を行いました。みなさん慣れた動きで訓練も滞りなく終了しました。


 サスマタは時間がある時には触ってみた方が良いとの話もありましたので、今後もサスマタの練習等、防犯関連を勉強会で行っていければと思っています。

千客万来

2019-09-15

投稿時間 : 10時10分02秒

カテゴリー : 施設長の思うまま記

ジャンル : 医療コラム


施設長 山本洋

 以前5月に妻が四万十市から引っ越してきて同居するようになった時に、猫一匹と犬一匹が一緒に来たと書きましたが、その続きです。大正町に住んでいたころ、自宅とは別に家を一軒借りていました。四万十川と梼原川が合流するところの、川縁にある家は眺めがよくて最高のロケーションでした。しかし次第に猫が増えてきました。

 当時我が家では猫を数匹飼っていて、去勢手術もしていました。地元の人がどうかわかりませんが、川縁の家のところに誰かが猫を捨てていくようになりました。その猫を飼いながら慣れてきたら手術に連れていくことが重なりました。そうするとますます猫が増えてきて、とうとう私が好きで寝ていた部屋にも猫が進出してきて、主の私が追い出される羽目になってなってしまいました。増えてくると猫同士もけんかが始まり、何時の間にか一階の駐車場には猫用の部屋ができてそれぞれを分けて飼うようになっていきました。妻とは何度も言い合いになりましたが、多勢に無勢です。主はそこに近寄るのも嫌になっていきました。多い時には数十匹が生活したり、餌だけを食べに来たりしていました。近所の方には迷惑をかけていたと思います。申し訳ありませんでした。大正を離れてから7年になりますがようやく、その家も掃除をしてきれいにして大家さんに返還しました。元野良猫たちはやはり集団で飼っていると伝染病などでで亡くなっていき、数が減っていきました。妻と一緒に世話をしてくれていたメンバーが残った猫を飼ってくれてようやく、家を返却できてほっとした所でした。

 動物好きでたくさんの犬猫の世話をしている方は、動物好きでない人から見れば常軌を逸しているのではないかと思うように見えることがあります。我が家の妻も同じようなところがあります。犬や猫に限らずあらゆる生き物に愛情を注ぎます。いつも食事の残り物や、食パン等を庭の隅に置いています。それを鳶やカラスが食べに来ます。それだけならいいのですが、最近我が家の周りに見慣れない猫が数匹出没するようになりました。そのうちの一匹が子供を産んでいるようで、子猫が三匹目撃されています。親猫が我が家に餌を食べに来ているようです。またあろうことか、4日ほど前から見知らぬこげ茶色虎毛の猫が現れました。その猫はなぜか初対面の私ににゃーにゃーと鳴きながらすり寄ってきます。野良猫はそんなことはありませんからどこかで飼われていた猫が捨てられて、なぜか我が家にたどり着いたのだろうと推測しています。玄関まで入ってきて、そこにある犬用のフードを食べていきます。我が家の犬は老体で、耳が聞こえません。猫が入ってきても知らん顔して寝ています。他の猫は野良猫の行動をします。餌を食べにはきますが、私が帰るとすぐに逃げていきます。妻には少しずつ警戒心を解いてきているようです。妻は捕まえられるようになったら、捕まえて手術をして、飼ってくれる人たちにお願いするといっていますがどうなりますやら。

 また今朝は明け方目が覚めると廊下に耳慣れぬ足音がすると思ってトイレに起きたところ、我が家の犬とは別に柴犬がいるではありませんか。その犬は2か月ほど前に突然我が家に現れたことがあります。我が家の犬と遊びに来たようですが、飼い主がわかりません。首輪はありましたが名前がわかりません。慣れてきたので、しばらく飼うしかないなと妻と話していました。お風呂で洗ってきれいになって、餌をよく食べていましたが、3日ほど後に、飼い主の知人の方が探しに来て犬の姿を見て、我が家に来られました。名前はぼんちゃん、近所といっても直線で1Km弱、道をたどれば2Kmほど離れた家の飼い犬でした、時々脱走していなくなるようですが、しばらくすると帰ってくるか、遊びに行く家が決まっているようでその家の人から連絡を受けて迎えに行っていたようです。そこでは鳴いて近所からクレームが来るので離すわけにはいかず、会社の敷地で飼っているので土日は人がいなくなるので寂しいのでしょうと、後で飼い主の方が我が家に来られて話していかれました。しっかりとつないで逃げないようにしますと話していましたが、今回も長い紐をぶら下げたまま脱走してきました。今日は日曜日、月曜日も休みですから飼い主は不在、火曜日に連絡して迎えに来てもらうしかありません。これからどんなお客さんが現れるやら?私は戦々恐々としながら日々送っています。

写真は白い犬が我が家の「はな」、茶色いのがお客さんのぼんちゃん、猫の写真は撮れずです昼間は暑いので日陰で寝ているのでしょう。また写真を撮れたら紹介します。

投稿時間 : 16時27分00秒

カテゴリー : 指定なし(ブログ)

ジャンル : 日記


はい! ということで本日は見頃を迎えております、

酔芙蓉のご報告です

けっして昼からお酒をあおってヘベレケになっている職員のことではございません!(;・∀・)


改めまして、みなさまこんにちは!(*^-^*)


酔芙蓉は晩夏から秋にかけて咲く花です

早朝に白い花が開いた後、

時間をかけて色が変わってゆき、


夕方には・・・


見事にピンク色に!

びっくりですよね!同じ花とは思えません



1枚目が11時時点

2枚目は15時時点

4時間でこの変わりようです!



花が咲き始めて二週間

こんな感じになりました↑


その名のとおり、

色づいた花が、ほろ酔い加減の楊貴妃に例えられる酔芙蓉

暑さも少し落ち着いてきたこの頃、

の訪れを報せてくれているようです


それでは、また♪(*^-^)ノ~~